fc2ブログ

斑入りツワブキ

kfc03335-1

kfc03335-2

kfc03335-3

kfc03335-4

kfc03335-5

kfc03335-6

kfc03335-7

kfc03335-8

kfcp03335-1

斑入りのツワブキ「浮雲錦」です。
株分けして3株になりました。

kfcp03335-2

kfcp03335-3

kfcp03335-4

ベランダのへいのスリットから猫が落ちないよう、棒をたててあります。
我が家は3階で、時々地面を歩く人と目が合う気がするので、目隠しに植えておきたいのです。

kfcp03335-5

kfcp03335-6

kfcp03335-7

斑入り、ぶちもようといえばもんじろう。

kfcp03335-8

kfcp03335-9

うさぎが両手で耳を洗うような仕草をするのを、うさぎ飼いは「ティモテ」と呼んでいました。
ティモテというシャンプーリンスのCMで、長髪の女性が髪を洗うようすからつけられたらしいです。
商品名の由来は、含有成分にチモシーが使われていたことだとか。
うさぎと無関係というわけでもなかったようです。

b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

子供の頃、娯楽の少ない富山の田舎で山菜取りは楽しみのひとつでしたが、ツワブキは見たことも聞いたこともありませんでした。収穫した中で一番好きだったのは根曲がり竹です。独特のクセがありますが、実家の竹やぶの真竹のタケノコよりずっと美味しく思えました。

商品名。日本人は聞きなれて育ったものでも、外人にすれば異様に聞こえるものがあって笑えます。「ポカリスエット」は「汗(sweat)」を飲む? 「カルピス」は、「カウ(cow)」の「piss(小便)」を飲むの? などです。

No title

山菜はあく抜きが大変・・
祖母が良く灰であく抜きしていました
ちょっと苦い・ので子供の時は苦手でした・・
今は・・その味がわかるようになってきました。

海月さんへ

山菜取りって、あまり記憶がありません。山菜料理は好きな方でしたが、滅多に食べられるものではありませんでした。つくしなんかは、その辺で採れたりしたのですが。。。😅

株分け。。。
そうだ、今日接ぎ穂の準備しないと。。。😅

No title

山菜は食べるのは好きですが、採るのは苦手というよりやりません。 山歩きが好きな人は山菜やキノコ採りが好きな人も多いですが、私は見分けがつかないので絶対手を出しませんでした。 同じものが店で売っていれば買うのだから矛盾してますね。(苦笑)
時々道の駅なんかで有毒な物と間違って売られてニュースになるし、条件で有毒に変わったりするのもあるそうなので、やっぱり怖いです。
庭にツワブキなのか謎のフキが生えています。植えてないのよねえ。 裏の通路にはフキが生えています。先週見たらまだフキノトウは出ていませんでした。 苦手なので食べないけど。
好みの植物が増えるのは良いですよ、うちの様に謎植物が生えてくるより。

ティモテのCM懐かしい! ありましたねえ。
牧草が入っていたのか・・。 もんちゃんの両手毛づくろいはティモテなのか、これも懐かしい。

★お返事

★Taigamomさん
山菜とりは運動になるし食べられるし、田舎の娯楽よね( ̄∀ ̄)
ツワブキは暖地のものなのかな。
ネマガリタケは食べたことないかも。鹿児島だとコサンダケという細い竹のタケノコがおいしかったです。
和製英語はネイティブの人からみると変なのも多いようですね。「おかか」の音の響きが違う意味に受け取られると知った時は衝撃でした。

★amesyoさん
お子様の舌には苦味やえぐみが毒のように感じるとか。私もあまり好きではありませんでした。
でも大人になるとわかってきますね。季節感もあって好きです。

★korolemonさん
korolemonさんは都会っ子かなあ、山菜をとらなくても豊富に野菜があったとか...
実家でも野菜が売るほどあるので山菜はあまり食べなかったです。下処理が面倒で、多忙な母が調理したがらなかったのもあります^^;
接ぎ穂の準備。いよいよですね。

★REIさん
きのことりはハードルが高いですね。リスクが大きすぎます。
山の中で自給自足の人はよくきのこを育てていてあこがれるけど、自分で植えたものでないと危ないです。
フキやツワブキはたんぽぽみたいに種が飛ぶので、根付いたのかも。フキノトウが庭に生えるのは季節感があっていいなあ。斑入りのフキを畑に植えたけど、乾燥しすぎるのか鳴かず飛ばずです。
ティモテのCMで売り出そうとした女性アイドルの人が、ティモテに国内未承認の成分が含まれて生産中止になってヒットせず、事務所がかわりに売り出したのが松田聖子だったとか。
プロフィール

海月

Author:海月
動植物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク