fc2ブログ

耳かゆい

kfc03174-1

kfc03174-2

kfc03174-3

kfc03174-4

kfc03174-5

kfc03174-6

kfc03174-7

kfc03174-8

kfcp03174-1

ごじろうの右後ろ脚は、伸びたまま固まっています。
警察に保護された時、一緒にいたきょうだいも脚が悪かったそうです。
迷子の小動物の預かりボランティアをしていた実家にきて、きょうだいは早くに亡くなりました。

kfcp03174-2

連れてきた当初はぜんぜんなつかなくて、近寄るだけでびくびくしていました。
最近はとつぜんだーんと横倒しになって寝るなど、油断した姿も見られます。

kfcp03174-3

ごじろうとアサヒは野良時代に苦労したせいか、なかなか心を許してくれません。
アサヒは目薬、ごじろうは点耳薬で毎日スキンシップがとれています。
がんばったごほうびになでなでやブラッシングしています。

kfcp03174-4

kfcp03174-5

点耳薬をさされるごじろうを、エビスが応援しています。

kfcp03174-6

kfcp03174-7

ちょっとありがた迷惑そうです。

kfcp03174-8

ごじろうの好きなアルファルファやクローバーがひでりで伸びませんでした。
このところの雨でようやく元気になり、再び収穫できました。
もう少し涼しくなったら追加の種をまく予定です。

kfcp03174-9

スイカとメロンとカボチャもとれました。
カボチャといえば、百円均一では8月からハロウィングッズのコーナーができていました。
イベントに何かするわけではないですが、黒猫関連商品が出回るのでチェックしたいです(ΦωΦ)

b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ホントに、命をなんだとおもっているのかしらね。
おっと怒りは体に悪いわ。

こじろうちゃん、幸せになってよかったねえ涙。(話しかけ)
たくさん海月さんに甘えるんだよ。
たくさん好き嫌いして、足、ダンダンやるんだよー

いいこいいこ。よしよし💛

(足、だんだん"怒u(-""-)"u。。。触ったらお怒りかしらw)

No title

やっぱり垂れ耳さんは風通しが悪いので、耳のトラブルが起きやすいのでしょうね。
ラブも垂れ耳なので、クルミも耳のケアは必要でした。
点耳薬見ると、さらに耳が垂れてました。(笑)
家族としてお迎えした仔を、見放すという行為がなぜできるのか。
まったく理解に苦しみます。
そんな人の手元に居るのも不幸ですけどね。
こじろうさんは幸せで良かったね~。

そうねぇ・・・カユカユでも、足でかくことが出来ないんですもんね。
柱に頭スリスリしたいだろうねぇ💦

ゴジちゃんが、しゃべれたら🐰
う~むむ 愚痴りそうやね

海月さんへ

野良時代に苦労。。。
きっと完全には忘れられないのかもしれません。当家のミルクもそういう所があります。我が物顔でいる様になりましたが、時折違う顔を見せます。😅

トラウマ

今年20歳で星になったうちの猫も、お肉屋さんに保護されていた子でした。男の人を怖がり、お客様を怖がり、すぐに隠れるので、子どものころいじめられたのだと思いました。家族にはなつくようになりましたが、警戒心は強く、プライドの高い猫でした。やはり子ども時代のトラウマは残るのですね…
幸せな子ども時代は人も動物も大切だと強く思います❤️

No title

兎さん・・昔子供がどうしても飼いたいと言うので・・
うさたろうと命名・・白い兎さんをゲージで
息子は交代で面倒を見ていたけど‥最後は・・私が助けるはめに・・結構草やご飯に猫さん同様気を使う・・簡単に飼えないです。干支のノリで・・で放棄も・・猫さんも犬さんも簡単に飼えると思い・放棄する方が・・猫さんもそんなに手がかからない?と・思っていた方から。。子猫さんって」結構うざい・・なんて言われました
仔猫さんって・一番遊ぶ時期だから「構って~」攻撃が・・猫さんって年齢と共に落ち着くんだから今の間遊んであげて・・って言ったら・・実家に連れて行きます。母にあげるのって・・・呆然として・・わかれました。

No title

えーと、ご実家地方には野良ウサギがいるんですか?
野良猫みたいに捨てられたのが自然繁殖している?
ごじちゃんは捨てられた元ペット?
家の前でハムスターを拾った頃に、近くの空き地にウサギも捨てられたらしいのがいましたけど直に見なくなりました。 60万都市の駅から徒歩約10分の住宅街でも捨てる奴はいたのでしょう。
ケージごと捨てるというのは少しは親切のつもりなんだか、邪魔だからケージごと捨てたのか、そいつ(人間)を熊檻にいれて道路わきに捨てたいです。

野良生活が長かった仔は警戒心が取れないのがいますね。 ヒメも家から見える人は大丈夫だけど、ピンポンダッシュで消えるので、私以外の人は家の中でヒメを見る事はできません。

けっこうまだ夏野菜の収穫がありますね。
来年は小さいスイカをプランターで育てるぞ!
(と書いておけばやるかなあ・・・・)

ごじろうくん

e-9 ごじろうくん、野良の時は本当に怖くて警戒していたと思います。いろんな敵がいっぱいですから。
おうちうさぎになっても、なかなか警戒心が取れないのは、きっと怖い目に遭ったのでしょう。
耳垢メンテが必要なのですね…

e-10 ビャー太くん時代、可愛さ爆発でしたねー
スクスク成長したこたつ君、なかなかのイケメンです。

     <ののちゃんより>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★お返事

★にゃつおさん
ごじろうはクールですがなでなでは好きみたいです。
耳のお手入れ後は、なでなでで信頼回復と好感度アップを狙っています(笑)

★なっつばーさん
ごじろうが足をだんだんすると、舌打ちされているようでへこみます。
わんこも垂れ耳問題がありますね。点耳薬、やっぱり嫌なのね^^;
生き物を捨てるのは絶対ダメだけど、これもひとつのご縁かも。

★裕さん
かゆいのって痛いのよりストレスになることもあるんですってね。
薬が効いたみたいでかいかい行動がめっきり減りました。
機嫌もよくなってきたみたい。
しゃべったらばりばりの鹿児島弁で、字幕がいりそうよ(笑)

★korolemonさん
ミルクちゃんも苦労したのでしょうね。
信頼してた人に裏切られるのは、最初から野良だったのより心の傷になりそう。
わんこはふっと野生の顔になることもありますね。
私も飼い犬に手をかまれて怪我したことがあります^^;

★ちゃむさん
猫の20歳はとってもご長寿で、あやかりたいです。
びびりの子はお客が多いとストレスでしょうね。
後半生が幸せなものでよかったです。

★お返事

★amesyoさん
うさたろうさん、ご家族みんなでお世話してたのね。たしかに猫同様に手がかかり気も使います。
ペットショップで売られているのは子犬や子猫がほとんどだけど、やんちゃで手を焼いて嫌になる人がいそうです。飼育は免許制度にすべきなのかも。

★REIさん
ごじろうが警察に保護された経緯は不明です。きょうだいセットで捨てられて屋外でしばらく過ごしていたんでしょうね。鹿児島は野生動物も多いし、大久野島みたいに自然繁殖まではいかないかも。
ピンポンダッシュといえば、我が家で生まれたナツアキもお客が怖かったです(笑)
プランター用のスイカが売られているので、チャレンジする価値があると思います。水を控えめにすると甘くなるし意外と水切れに強いです。

★kitcatさん&ののちゃん
うさぎの敵は多いので、よくぞ生き延びていたものです。警戒心が強くないと生き延びられなかったのでしょう・°・(ノД`)・°・
ぴゃーたの名前を覚えててくださったのね。出世魚方式で今は「こたつプレミアム」くらいに立派におなりです(笑)

★鍵コメントKさん
まあ、本をわざわざ送ってくださったのでしたか。付箋や書き込み、勉強されたのですね。
うさぎ助けに力を注いでくださってありがとうございます。
がんばりすぎて倒れないでくださいね。

★鍵コメントSさん
到着のおしらせありがとうございます^^
フユのブロマイドが喜んでいただけてよかった。
お代はちゃんといただいておりますよ。トッコには内緒です(笑)

かゆいのはイライラするよね

耳かきしてもらったらウサギも気持ちがいいのかな。
足ダンでも、ただ震えているより
自分が出せるのは良いことですよー
エビちゃん・・・(´∀`*)ウフフ
仲間の気持ちがわかるようなそうでないような(笑)
ごじちゃん、愛されてるやん〜

スイカとメロンとカボチャの収穫おめでとう(^^)
うちは・・・サッパリよ(笑)
まぁ、草刈りしたら何か出てくるかも(おいおい)

No title

ごじちゃんも耳で苦労してるんやねぇ~
チャミも引き取った時から外耳炎がいまだに完治しない~
(T_T)

耳に薬入れられるの嫌だよねぇ~
おいらだったら、気が狂いそうな治療受けてて可哀想だった。

★お返事

★gerogeroさん
綿棒に消毒薬をつけて耳かきすると、猛烈にかきかきしたがるのよ。刺激されてかゆさが爆発するんでしょうね。
たしかに表情に出さないより表にだすほうが精神衛生上よさそうです。
瓜類が隠れるほどの草丈...うちも何かが隠れていそうです(笑)

★このはさん
チャミちゃんも外耳炎でしたか。
外で暮らすといろいろつくのでしょうね。
ハル母さんも保護してだいぶたってから外耳炎が出ました。体が弱ると再発することがあるのかも。

捨てるぐらいなら飼わなきゃいいのにね。ぬいぐるみは、良いよ。お世話いらんし、多頭飼でも大丈夫。お世話が大変な子でもお部屋で飼えます。うさぎちゃんは、まだこの子!って思える子には、逢えてないです😿。 
うさぎ飼ってた事あったけど、知らない事ばかりで、ここで勉強させてもらってます。
ごじちゃんも苦労した分、海月さんの愛情を信じて、穏やかに過ごして欲しいです。

★すずらんさん

うさぎは自分で選んだのはばんじろうだけです。出会いの運よね。
すずらんさんにもいつか運命の出会いが...
ごじろうの性格がきついのは個性だと思って、接し方を模索中です^^;
プロフィール

海月

Author:海月
動植物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク