fc2ブログ

湿地帯ビオトープ

kfc02719-0
カエルの画像が出てきます。苦手な方にはごめんなさいね。

kfc03070-1

kfc03070-2

kfc03070-3

kfc03070-4

kfc03070-5

kfc03070-6

kfc03070-7

kfc03070-8

kfcp03070-1

センシティブ画像なので遠くから撮ってみました。
うちの睡蓮鉢を冷蔵庫にするのはやめていただきたいです。

kfcp03070-2

気を取り直して、新入りのスイレンを植えてきました。
インナーライトという、内側から光が灯るような黄色のスイレンです。

kfcp03070-3

カキツバタを株わけするついでに、成長が遅かった斑入りハナショウブを、サラセニアの脇にねじこみました。
同じくらいの水位が好きそうなので、うまく同居してくれるのではないかと思います。

kfcp03070-4

kfcp03070-5

気温があがるとどこからともなくトノサマガエルがやってきます。
吸盤がないのでメダカのいる背の高い睡蓮鉢には入れないはず。

kfcp03070-6

お気に入りのスイレン「グレッグズオレンジビューティ」も順調に育っています。

kfcp03070-7

『湿地帯ビオトープ!』という本を読んでみました。
インターネットでオイカワ丸という名前で活躍されている中島淳さんの著作。
『映像研には手を出すな!』の作者の人が画を担当されています。
そういえば映像研にも水辺のシーンがたくさん出てきました。

屋外やベランダに池やビオトープを作る方法や、そこにやってくる動植物を紹介しつつ、自然との共存のありかたについて考える一冊になっているようです。
ウシガエルなどの外来生物もとりあげてありました。
ミシシッピアカミミガメは出てこなかった気がします。

kfcp03070-8

我が家の哺乳類ポンポコは雨で眠たいらしく、いつも以上によく寝ていました。
NHKで先日放送していた鳥類特集で、ワカケホンセイインコが猛禽類にどれくらい食べられているか調査の様子を見ました。
日曜昼のお楽しみ、「いきもの自然探訪」の動画にワカケホンセイインコがよく登場するので、楽しく見ていたら捕食シーンに。
固くて食べられないくちばしがそのへんに捨てられていて、それを数えれば何羽食べられたかわかるとのことでした。
猛禽類もカラスもたくましいですね(゚ーÅ)


b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワカケホンセイインコって、結構大きな鳥だから捕食者はハイタカ以上かな?
外来種なので、絶滅させて欲しい~

吸盤持たないカエルがいるんだねぇ~
エゾアカガエルも調べたら吸盤無いって!
トロ箱から吸盤使って、勝手に畑に広がってくれると思ってたけど・・・
なんか作戦考えなきゃ~

海月さんへ

本当にカラス恐るべしです。
しかし人も恐るべしです。
未だ見ていないのですが、自宅近くの池が埋め立てられているのだとか。亀もカエルも鳥達も住んでいました。彼らは何処へ行くのだろう?😅

チェーンリアクションね

放生会をするための魚や鳥を捕まえる商売の人ってどうなのかなぁ
(特に東南アジアで・汗)
カラス君・・・水漬けだとすぐに腐っちゃうよ?(滝汗)
みんなの思惑がなんとなーく繋がっていて面白いです。
昨日、娘とビデオ録画を整理していて
「ダーウィンが来た!」のワカケホンセイインコの会を見たばかりでした。 
なんとタイムリーな!
東京で大繁殖していて生態系が崩れるか注視していかねばという締めでしたが、
捕食者が現れたのね(@へ@) それも自然の摂理だなぁ。
トノサマガエルを久しぶりに見ました!
キョエちゃんに見つからないように祈るわ〜〜

No title

朝のウォ-キング時に蛙の鳴き声が・・ウシガエルの鳴き声が響くようになりました・
夜明けが早くなってきたので・・電線にカラスが数羽止まっているので・・あるものを落とされそうなので・・遠巻きに通過しています。
カラスッて知恵があるので怖いです 侮れないです

No title

イルミネーションスイレンが楽しみです。 透き通る様な黄色なのかなあ。
オイカワ丸ってツイッターで見た事あるかもと確認したらフォローはしていませんでした。フォロークリック。
ただ湿地帯って苦手。 子供の頃に近くに泥田があってあぜ道でも足首まで潜って怖かったです。 今では住宅街。 住んでいる人は知らないのだ、揺るい土地だと。

ミドリガメですよね、公園の池に沢山いて甲羅干ししていたけど、最近見ないなあ。 カラスさんの冷蔵庫認定は勘弁してほしいけど、捕食はむしろ推薦かも。
最近も野良猫がどれだけ野鳥を狩るか(猫は弄びも目的)というのを読んだけど、人間はどうなん?どれだけの生物を絶滅させたん?と思ってしまいます。
我が家の毛皮組もお昼寝シーズンです。

★お返事

★このはさん
関東の都市部でワカケホンセイインコが増えているらしいですね。インコに罪はないのに憎まれてかわいそうです。
吸盤がなくてもジャンプできる足場さえあれば、大丈夫と思いますよ。

★korolemonさん
兵庫県は溜池の数が日本一多いそうですが、稲作をやめる農家が増えて、用済みの溜池をうめる傾向のようです。鳥は飛べるけど魚は厳しいでしょうね。

★gerogeroさん
放生会は以前はコイを放流したりしていましたね。どこかのお寺では園児がピタゴラスイッチみたいな滑り台からカメを池に落としていました(笑)
トノサマは逃げ足が早くて、水中にいたらまず撮影不可能。だけど、この子は水に入る足場を探している感じでした。草が茂ってきたらそこから入りそうよ。

★amesyoさん
ウシガエルの鳴き声で季節を感じるのね^^;
こちらの地元でもお堀のウシガエルを人力で退治する企画が去年あったようです。
カラスは人を識別して記憶するばかりか、その人の車も覚えてフンを落とすらしいですよ。

★REIさん
インナーライトは昔から定評のある品種みたいで、楽しみです、
畦道でも足首までもぐる田んぼってすごいな。稲の手入れも泥との格闘でしょうね。土地の来歴で地名にさんずいや水関連の漢字があると水害がありがちだとか。うちもそうなのよね。
捕食といえば昔から田んぼにいるナマズがアメリカザリガニをそうとう退治するらしいです。あんな固そうなものをねえ。
実家の田んぼにはナマズもカブトエビもホウネンエビもいなかったなあ。メダカやオタマはいました。

No title

カメさん、お気の毒でした。
私も先日は、田んぼでカラスが嘴にカメさんをぶら下げているのを見ましたよ。
カメの種類までは分かりませんでした。
水辺に居るのはアカミミカメばかりです。
怖いほどたくさん居るんです。
道路をエンヤコラと、歩いて渡ってるのはクサガメばかり。
行動が違うのですね~。

★なっつばーさん

カメを見るとなっつばーさんの散歩コースのカメを思い出します(笑)
捕食シーンを見られたとは、貴重な体験でしたね。
アカミミガメは繁殖力も食欲も旺盛で、クサガメやイシガメが追いやられているとか。
劣勢のひとたちを見ると応援したくなります。
とはいえアカミミガメにも罪はなし...悪いのは人間よね。
プロフィール

海月

Author:海月
動植物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク