fc2ブログ

にせの花びら

kfc03072-1

kfc03072-2

kfc03072-3

kfc03072-4

kfc03072-5

kfc03072-6

kfc03072-7

kfc03072-8

ドクダミは薬草で食べることができますが、アジサイは有毒なので食べないでくださいね。
花には毒がなくて天ぷらにする人もおられるようですが、私は遠慮しておきます^^;

kfcp03073-1

畑に植えた斑入りのドクダミです。
斑入りじゃない野生のも畝の端に生えています。
ドクダミ茶にはチャレンジしてみたいです。
黒い小花はこぼれ種で生えたネモフィラの「ペニーブラック」です。
後ろはシャクヤクの「麒麟丸」、その後ろの黒い壁は貞子の井戸(生ゴミコンポスト)です。

kfcp03073-2

山アジサイの「てててまり」。
「ててて」とは埼玉県北部の方言で、驚いたり感動したときの感嘆符だそうです。
以前から育てているアジサイが今年はぜんぜん咲かず、寂しいのでつい開花苗を買ってしまいました。

kfcp03073-3

白と緑の斑入りアジサイ「スパイス」と、魅惑的な青いアジサイ「月虹」も。

kfcp03073-4

「万華鏡」や「空海」は枯らしてしまいました・°・(ノД`)・°・
来年以降もきれいに咲かせられるように精進したいです。

kfcp03073-5

月末恒例、体重測定&爪切り大会をしました。
エビスとキリンは微増傾向。
クリムゾンクローバーがおいしくて増量していたごじろうは、クローバーの収穫が終わって体重が元にもどりつつあります。

kfcp03073-6

kfcp03073-7

kfcp03073-8

kfcp03073-9

飼い主の体重は高止まりしています。
フランスパンは油脂を使わないからヘルシーなはずなんだけどなあ。

kfcp03073-10

今日はもうひとつ記事をアップしております(ΦωΦ)

b_kfd
スポンサーサイト



講座のおしらせ

ハンセン病と『麦ばあの島』についてお話しする場を設けていただきました。
2023年度ひめじ文連5回連続講座
茶座「いま・はりま」第14弾
「あの人に聞きたい(その弐)〜生きる・未来への発信〜」
「ハンセン病人権漫画『麦ばあの島』を描いて」
日時:6月20日(火)午後7時〜9時 
場所:姫路市市民会館5F第1教室
主催:姫路地方文化団体連合協議会(ひめじ文連)電話079-290-5450
参加費500円
ハンセン病患者やその家族の体験を描いた漫画『麦ばあの島』。
姫路生まれの女性・麦が若い頃に発病して療養所に収容され体験したことを軸にした群像劇。取材を重ねるなかで学んだことをお話しします。

kfcp03073*-1

kfcp03073*-2

kfcp03073*-3

kfcp03073*-4

参加ご希望のかたはひめじ文連に電話(079-290-5450)でお申し込みください。
講演は岡山県や兵庫県、愛知県など各地で何度かさせていただいたのですが、地元姫路では初めてです。
誰も来なかったら寂しいなあ^^;
よろしくお願いいたします。
『麦ばあの島』についてはこちらの過去記事に→


b_kfd

探すのをやめるとみつかる

kfc03071-1

kfc03071-2

kfc03071-3

kfc03071-4

kfc03071-5

kfc03071-6

kfc03071-7

kfc03071-8

kfcp03071-1

ブルーベリーの小枝がもげてしまいました。
ひとつはいつの間にか落ちていて、もうひとつは私が通りすがりにぶつかって折れたものです・°・(ノД`)・°・

kfcp03071-2

ネットをかけたので少しは安全になったかも。

kfcp03071-3

しゃがんで作業していたら、ワイルドストロベリーがなっているのをみつけました。
目線を変えてみるのも大事ですねえ。

kfcp03071-4

ミシン部活動しました。
首がきついフード付きワンピースのフードを切り落として、ジャンパースカートにリメイク。
抹茶色のかぶるシャツは、羽織れるように前開きにしました。

kfcp03071-5

kfcp03071-6

福袋に入っていた短かすぎるワンピースの腰回りをカバーするスカートも、はぎれで縫いました。
麒麟児がお手伝い(主に見守り)しています。

kfcp03071-7

kfcp03071-8

kfcp03071-9

ブログを読んでくださっている燕さんから差し入れのチョコをいただきました。
缶の猫がフユに似ています。缶の右下とチョコの表面に引っ掻き傷が。
チョコ自体もとても美味しゅうございました。

kfcp03071-10

かわいい缶にはミシン糸とか小物を入れようかな。

kfcp02978-1

b_kfd

湿地帯ビオトープ

kfc02719-0
カエルの画像が出てきます。苦手な方にはごめんなさいね。

kfc03070-1

kfc03070-2

kfc03070-3

kfc03070-4

kfc03070-5

kfc03070-6

kfc03070-7

kfc03070-8

kfcp03070-1

センシティブ画像なので遠くから撮ってみました。
うちの睡蓮鉢を冷蔵庫にするのはやめていただきたいです。

kfcp03070-2

気を取り直して、新入りのスイレンを植えてきました。
インナーライトという、内側から光が灯るような黄色のスイレンです。

kfcp03070-3

カキツバタを株わけするついでに、成長が遅かった斑入りハナショウブを、サラセニアの脇にねじこみました。
同じくらいの水位が好きそうなので、うまく同居してくれるのではないかと思います。

kfcp03070-4

kfcp03070-5

気温があがるとどこからともなくトノサマガエルがやってきます。
吸盤がないのでメダカのいる背の高い睡蓮鉢には入れないはず。

kfcp03070-6

お気に入りのスイレン「グレッグズオレンジビューティ」も順調に育っています。

kfcp03070-7

『湿地帯ビオトープ!』という本を読んでみました。
インターネットでオイカワ丸という名前で活躍されている中島淳さんの著作。
『映像研には手を出すな!』の作者の人が画を担当されています。
そういえば映像研にも水辺のシーンがたくさん出てきました。

屋外やベランダに池やビオトープを作る方法や、そこにやってくる動植物を紹介しつつ、自然との共存のありかたについて考える一冊になっているようです。
ウシガエルなどの外来生物もとりあげてありました。
ミシシッピアカミミガメは出てこなかった気がします。

kfcp03070-8

我が家の哺乳類ポンポコは雨で眠たいらしく、いつも以上によく寝ていました。
NHKで先日放送していた鳥類特集で、ワカケホンセイインコが猛禽類にどれくらい食べられているか調査の様子を見ました。
日曜昼のお楽しみ、「いきもの自然探訪」の動画にワカケホンセイインコがよく登場するので、楽しく見ていたら捕食シーンに。
固くて食べられないくちばしがそのへんに捨てられていて、それを数えれば何羽食べられたかわかるとのことでした。
猛禽類もカラスもたくましいですね(゚ーÅ)


b_kfd

見切り品ハンター

kfc03069-1

kfc03069-2

kfc03069-3

kfc03069-4

kfc03069-5

kfc03069-6

kfc03069-7

kfc03069-8

kfcp03069-1

ダリアが税込150円くらい、アガパンサスが200円くらいでした。
見切り品の中でも植物は特にテンションがあがります。
花友さんにも見切り品を買って立派に育てるのを楽しんでいる方が複数名おられます( ̄∀ ̄)
今は母の日に売られたちょっと高級な花苗がセールになっていて、目が離せません。

kfcp03069-2

食べ物は安いと助かるなあという程度で、あまり安いと大丈夫か心配になります。
我が家にはばかみたいに肉ばかり食べる生き物がいて、値引きされた安い味付け肉を冷凍庫に常備しています。

kfcp03069-3

小梅は梅酒とカリカリ梅にしました。
カリカリ梅は熟していたのでジュクジュク梅になるかもですが、漬け込んで1週間から食べられるのが便利です。

kfcp03069-4

熟した梅の匂いっていいですねえ。

kfcp03069-5

ジューンベリーは片手のてのひらいっぱいくらいで100円ほどでした。
梅酒に投入しました。

kfcp03069-6

着心地が気に入って色違いで4着も買ったバーゲンのガウチョスカートが、麒麟児のつめとぎでどんどん穴があきそうです。

kfcp03069-7

生まれたときから一張羅のひとたち。

kfcp03069-8

抜け毛がどんどん出てきます。
夏に向けて衣替え中のようです。


b_kfd

ばっさり切る時

kfc03068-1

kfc03068-2

kfc03068-3

kfc03068-4

kfc03068-5

kfc03068-6

kfc03068-7

kfc03068-8

kfcp03068-1

野草のヒメジョオンです。可憐で好きな花ですが、そこらにびっしり生えているものを、花壇で大事に育てていたと思うとがっくりです。
エキナセアはその根元でかろうじて生きていました。
ヒメジョオンを刈り取ったので、これから盛り返してくれるかも。

kfcp03068-2

斑入りのカキツバタは花が終わったのでこのあと株分けしました。

kfcp03068-3

ジャーマンアイリスは家でじっくり眺めたかったので切花にしました。

kfcp03068-4

ピンクのツルコザクラは旧友はまさんが種を送ってくれたものです。
一緒にもらったクリムゾンクローバーは、ごじろうの大好物になりました。

kfcp03068-5

黄金葉の西洋ツユクサ。

kfcp03068-6

↑リネンの原料になるというフラックス。
作り方を紹介したサイトがありました→

kfcp03068-7

↑ポピー「マザーオブパール」

kfcp03068-8

↑シャーレーポピー
色不明の苗を買って植えたら真っ赤でした。ちょっと怖い。

kfcp03068-9

赤いポピーのつぼみは赤い色がにじんでいました。

kfcp03068-10

↑お供え用に植えたスターチス。

kfcp03068-11

マーガレットはいったん花を休んで、秋ぐらいにまた咲くのかも。
夏越しをうまくできるといいのですが。

kfcp03068-12

パンジーゼラニウムも咲いています。

kfcp03068-13

来週から梅雨入りって、なんだか早い気がします。
ほどほどに降ってほしいです。

b_kfd

メダカとサラセニア再び

kfc03067-1

kfc03067-2

kfc03067-3

kfc03067-4

kfc03067-5

kfc03067-6

kfc03067-7

kfc03067-8

kfcp03067-1

水替えしたばかりの睡蓮鉢は気持ちがいいです。
これから暑くなると藻でどろどろになるんですけどね( ̄∀ ̄;)

kfcp03067-2

kfcp03067-3

サラセニアは暑さ寒さに強く、水が凍ってもへっちゃらですが、風で根っこから吹き飛ばされるのは想定外でした。

kfcp03067-4

2品種あるハスは片方しか出てきていません。
そのうち出てくるといいなあ。

kfcp03067-5

ベランダではエアコン室外機の上がメダカコーナーです。

kfcp03067-6

kfcp03067-7

ここだけ和の雰囲気。

kfcp03067-8

段ボール猫ハウスで「家政婦は見た」状態のアサヒ。

kfcp03067-9

地震と台風と物騒な事件が次々に起きて心配です。
みなさまどうかご安全にですよ。

b_kfd

異物混入

kfc03066-1

kfc03066-2

kfc03066-3

kfc03066-4

kfc03066-5

kfc03066-6

kfc03066-7

kfc03066-8

kfcp03066-1

ごじろうの朝夕の生野菜はこんな感じです。
クローバーとイネ科牧草と、季節の菜っぱです。
最近はごじろうのぶんだけは買わなくてもいいくらい畑でとれています。

kfcp03066-2

ケージにさなぎがくっついていることに気づきませんでした。
今朝たまたま羽化したのを目撃。
外にリリースしました。
畑にたくさんいる小さな青虫は容赦無く手袋着用で取り除いていますが、大きな芋虫や成虫を始末するのは苦手です。

kfcp03066-3

ごじろうは気づいていたのかな。

kfcp03066-4

kfcp03066-5

猫が気づいたら仕留めていたことでしょう。

kfcp03066-6

kfcp03066-7

kfcp03066-8

エビスとキリンが机からどいてくれないとき、かぶりものをかぶせると気がそれてどいてくれます。

kfcp03066-9

アサヒやごじろうにかぶりものをかぶせたら絶交されそうなので、思いとどまりました。

b_kfd

ブドウの日よけ

kfc03065-1

kfc03065-2

kfc03065-3

kfc03065-4

kfc03065-5

kfc03065-6

kfc03065-7

kfc03065-8

kfcp03065-1

物干しに金網をくくりつけて、ブドウをからめていたときの様子です。
いい感じに日除けと目隠しになっていましたが、イチジクの鉢とぶつかって手狭になっていました。

kfcp03065-2

ベランダの東端にブドウを移動して、ひとまず落ち着きました。
ここは洗濯物を干す時に朝日が当たるところです。
夏場にいい日陰ができそうです。

kfcp03065-3

じつは斑入りの白ブドウも育てているのです。
成長が遅くて枯れたかと思っていましたが、春にまた芽吹いてくれました。

kfcp03065-4

ありし日のアキ。我が家で唯一の長毛さんでした。

kfcp03065-5

kfcp03065-6

男子の面倒見がいいアサヒと仲良しでした。

kfcp03065-7

長老コマは私にべったり。離れると文句を言われました。

kfcp03065-8

常に私に体のどこかをくっつけて、充電しているようでした。

b_kfd

斑入り沼の女神

kfc03064-1

kfc03064-2

kfc03064-3

kfc03064-4

kfc03064-5

kfc03064-6

kfc03064-7

kfc03064-8

kfcp03064-1

果樹が好き、斑入りだともっと好きです。

kfcp03064-2

kfcp03064-3

kfcp03064-4

斑入りビワに白い若葉が出ました。
果実はしましまです。惜しいけどもう少し間引いた方が大きくなるかも。

kfcp03064-5

kfcp03064-6

ポピーと斑入り富有柿。
大根葉のようにふさふさ繁っていたポピーは、暑さで蒸れて種がとれる前に終了しました。
増えすぎなくてよかったというべきか...

kfcp03064-7

斑入り葉のスモモも地味に成長しています。
実がなるのはだいぶ先になりそうです。

kfcp03064-8

我が家でぶち模様といえば、チーム虹の橋のナツともんじろうです。

kfcp03064-9

かわいいなあもう。

b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動植物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク