fc2ブログ

スミレが生えた

kfc03033-1

kfc03033-2

kfc03033-3

kfc03033-4

kfc03033-5

kfc03033-6

kfc03033-7

kfc03033-8

野菜だと春か秋に種をまくことが多いです。
真冬にまいて寒さに合わせるのは山野草や多年草ならではかも。

kfcp03033-1

日本の野生のスミレは種類が多くて、なんとかスミレというのがたくさんあるのですが、ただの「スミレ」という名のスミレがあります。
他と区別するために、マニアの人は学名で「マンジュリカ」と呼ぶこともあるそうな。
これはその斑入りです。

kfcp03033-2

黒猫型の一輪挿し。穴は小さいですが内側がくりぬいてあって、大さじ二杯くらいの土が入ります。

kfcp03033-3

kfcp03033-4

マンションの花壇にこっそり種をまいたスミレも、だんだん増えています。
暑さ寒さに強いけど日陰だとあまり咲かなくて、まわりに競争相手がいない過酷な場所でよく育ちます。

kfcp03033-5

こちらはタチツボスミレの斑入り。
やや日陰を好みます。

kfcp03033-6

↑プラティア&ローレンティア
性質の似た2種類の半耐寒性多年草をミックスで植えてあるらしいです。

kfcp03033-7

↑ゴデチア“ブルーマジック”
こちらは一年草。種をとってまた育ててみたいです。

kfcp03033-8

↑斑入りのオダマキ“レクレチャムゴールド”。
別名“レプラコーンゴールド”
レプラコーンとはアイルランドの伝説の妖精。
この妖精を捕まえると隠された宝物のありかを教えてくれるとか。

kfcp03033-9

宝物でも相方のへそくりでもいいので、みつけてみたいものです。

b_kfd
スポンサーサイト



プロフィール

海月

Author:海月
動植物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク