fc2ブログ

ブロッコリーの一番いいところ

kfc03326-1

kfc03326-2

kfc03326-3

kfc03326-4

kfc03326-5

kfc03326-6

kfc03326-7

kfc03326-8

kfcp03326-1

ブロッコリーの芯は、つぼみの部分より栄養があるそうです。
グルタミン酸も含まれているとか。

kfcp03326-2

kfcp03326-3

非常食用に保存していた梅干粥のレトルトが期限切れだったので、夕食にしました。
ゆでたサツマイモも入れました。

kfcp03326-4

kfcp03326-5

ごじろうの好きなクローバーやカブやダイコンの葉っぱも、もうしばらくしたら収穫できるかも。

kfcp03326-6

kfcp03326-7

大判焼きの生地の分量が難しいです。
またあふれさせてしまいました。

kfcp03326-8

焼きたてにバターを乗せると幸せです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


b_kfd
スポンサーサイト



うさぎエネルギー

kfc03302-1

kfc03302-2

kfc03302-3

kfc03302-4

kfc03302-5

kfc03302-6

kfc03302-7

kfc03302-8

ペットシーツをかじって飲み込むのはNGなので、早めに気づいてよかったです。

kfcp03302-1

由羽さんから種をいただいた「強力大根」が育っています。
二度目の間引きをしました。
葉っぱはごじろうのおやつに。即完食でした。

kfcp03302-2

キャベツが丸まってきました。
開いていた葉っぱが立ち始めたら液肥をあげるといいそうです。
遅くなったけど液肥をあげました。

kfcp03302-3

うさぎは味覚が鋭いそうです。
野菜の鮮度が落ちると食べたがらなかったりします。
見た目が同じようでも、食べるときと食べないときがあります。
微量の薬品の匂いもかぎわけているのかも。

kfcp03302-4

自家栽培のアブラナ科の葉っぱは、すごく辛いのでないかぎりたいてい食べてくれます。
レタスはあまり好きではないようです。
私も自分が育てたレタスをあまり信用していなくて(カタツムリが多いので)、生では食べたくないです( ̄∀ ̄;)

kfcp03302-5

kfcp03302-6

緑内障でだんだん視力が落ちていくらしいアサヒのために、「うさぎナイトライト」を買いました。
夜中に枕元を歩くので、踏み台にしているレターラックなどを踏み外さないための用心です。

kfcp03302-7

文字表示だけの状態が、夜中はちょうどうっすら明るくていいです。

kfcp03302-8

私がタブレットを読んだりするときは点灯。
中のうさぎが発光してかわいいのです。
ただ、テレビのブラウン管のような形だけど、ガラスとかはなくてまるだしで、しかも布張りなので、ほこりと猫毛がたまりそうです^^;

b_kfd

うさぎの盲腸

kfc03276-1

kfc03276-2

kfc03276-3

kfc03276-4

kfc03276-5

kfc03276-6

kfc03276-7

kfc03276-8

kfcp03276-1

うさぎの飼育書、どちらも大野瑞絵さんが手がけておられて、内容が重複している部分もあります。
新刊の『ウサギ完全飼育』はうさぎ飼育者の声がたくさん載せられていて、より具体的で身近な感じかも。

kfcp03276-2

うさぎにも個性があって、食べ物の好みひとつとっても違います。
ごじろうも尻の筋肉がけいれんするほど好きなものがみつかるといいなあ。

kfcp03276-3

珍しくリンゴを食べました。
好物が増えると食欲が落ちたときに食べられる選択肢があるので助かるのです。

kfcp03276-4

亡きもんじろうはリンゴが大好きでした。
あげると全身で躍動していました。

kfcp03276-5

うさぎと犬猫フェレットの同居はあまりおすすめできないそうです。
もんじろうはたまたま猫を気にしないタイプでした。
ごじろうも手を出されなければスルーしています。

kfcp03276-6

エビスはもんじろうのことが大好きでした。

kfcp03276-7

kfcp03276-8

畑に植えた赤クローバーがぼちぼち復活しています。
もんじろうにも食べさせたかったなあ。

b_kfd

煮豆と五徳

kfc03275-1

kfc03275-2

kfc03275-3

kfc03275-4

kfc03275-5

kfc03275-6

kfc03275-7

kfc03275-8

kfcp03275-1

「杯洗」というそうです。
もともとはお酒の席で杯を洗うものだったとか。

kfcp03275-2

猫の食器を載せるのにシンデレラフィット。
シニア猫の誤嚥防止に役立ってくれそうです。

kfcp03275-3

うさぎの五徳(5本足ではなくうさぎ3頭ですが)は、食器を乗せたりパンを冷ます時に使えそうです。

kfcp03275-4

kfcp03275-5

kfcp03275-6

ごじろうの耳が行方不明。

kfcp03275-7

kfcp03275-8

チンチラみたいですねえ。

b_kfd

干し草のベッド

kfc03243-1

kfc03243-2

kfc03243-3

kfc03243-4

kfc03243-5

kfc03243-6

kfc03243-7

kfc03243-8

kfcp03243-1

近くで売られている牧草は、一番長いものでもすのこから落ちてしまいます。
通販で長そうなのを取り寄せました。

kfcp03243-2

kfcp03243-3

ごじろうの反応はいまひとつですが、お通じのためにも慣れていただくしかないですねえ。

kfcp03243-4

kfcp03243-5

イネ科やマメ科の生牧草はとても食いつきがいいです。
季節によってとれたりとれなかったり。
霜が降りたら傷みそうなので、とれるだけとってきました。

kfcp03243-6

ベランダの猫草。
よくあるエン麦は短命なので、カレックスという細長い多年草を植えています。

kfcp03243-7

夜は添い寝してくれるアサヒは、ベランダでは近寄ると逃げてしまいます。
草を食べにきたところを望遠で撮りました。

kfcp03243-8

明日は寒気がやってきて平地でも雪が降るところがあるとか。
みなさま暖かくしてお過ごしください。

b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動植物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク