FC2ブログ

白スミレはどこから

kfc02298-1

kfc02298-2

kfc02298-3

kfc02298-4

kfc02298-5*

kfc02298-6

kfc02298-7

kfc02298-8

kfcp02298-1

近所の飲食店の駐車場。
こっそりスミレの種をまいて年々花数が増えて喜んでいたのですが、去年お店が閉店して、駐車場も更地になってしまいました。
幼虫がスミレを食草にするツマグロヒョウモン(蝶)が、スミレを探していました。
株数はぐっと減ってしまったけど、ここからまた増えてほしいものです。

kfcp02298-2

先日見かけた白スミレもまばらでしたが、目を引かれました。

kfcp02298-3

ベランダのビオラは去年からずっともりもり咲いています。
これもツマグロヒョウモンの食草になるようです。

kfcp02298-4

畑の公園ゾーンは日本在来種のタンポポが満開でした。

kfcp02298-5

kfcp02298-6

海棠の眠り未だ足らず、といった感じの猫たち。

kfcp02298-7

ねもいのねー。


b_kfd
スポンサーサイト



ギボウシの使い道

kfc02289-1

kfc02289-2

kfc02289-3

kfc02289-4

kfc02289-5

kfc02289-6

kfc02289-7

kfc02289-8

若葉が出そろったところに寝そべると、ひんやりして気持ちがいいみたいです。
田植え前に並べた早苗にもねそべっていましたねえ。

kfcp02289-1

ウルイという呼び名は方言で、植物の名前としてはギボウシ。
以前はユリ科に分類されていたのが、今はキジカクシ科になっているようです。
さっとゆでて汁の実にしました。
アスパラのようにしゃきしゃきして、あっさりしたネギみたいな味でした。

kfcp02289-2

斑入りのツワブキ。
いつか食用に、と思いますがなかなか増えません。

kfcp02289-3

斑入りのヤブカンゾウは株分けで折ってしまった芽を試食しました。
ギボウシと似た味でした。

kfcp02289-4

ナメコが2本だけ生えました。
あとはシーズン終了ということで、ビニールに密封しています。

kfcp02289-5

実家から届いた初物のタケノコ。兄が掘ってくれたのかな。
今年は裏年だそうです。
タケノコを掘るのも好きです。幼少期の家族レジャーでした。

kfcp02289-6

kfcp02289-7

道端で種を集めて花壇や駐車場にまいたスミレが咲きました。
スミレも山菜になっていて、花を砂糖漬けにしたり、葉をさっとゆでておひたしなどにするそうです。
ただし、ニオイスミレやパンジーは有毒という話もあるので、あまり食べない方がいいかもしれません。
おニャンコ様がかじるのも避けたいですねえ。

kfcp02289-8

ルバーブを畑に植えました。
いつかイチゴと一緒にジャムにするのが野望です。


b_kfd

芽ぐむ

kfc02222-1

kfc02222-2

kfc02222-3

kfc02222-4

kfc02222-5

kfc02222-6

kfc02222-7

kfc02222-8

kfcp02020-5

斑入りのヤブカンゾウはこれですよ。
人間にとっては山菜になるけど、猫には毒なので、食べさせないようお願いします。

kfcp02020-6

kfcp02222-1

ショウジョウバカマも斑入りハッカクレンも、少しだけふくらんでいました。

kfcp02222-2

kfcp02222-3

斑入りチューリップ“チャイナタウン”も。
なんだかこの画像だけアマビエちゃんが合成っぽく見えませんか。

kfcp02222-4

カンアオイは地味な花が咲いていました。

kfcp02222-5

斑入りツワブキ“浮雲錦”
佃煮にするどころか1本も収穫はできませんでしたが、去年は花も咲いてくれました。

kfcp02222-6

正月明けに買った根っこ付きミツバは、刈り取ったあとまた茂っています。
寒いけど光の春で成長が早まってきた気がします。

kfcp02222-7

部屋の模様替えでロフトベッドにあがれなかった猫達…
踏み台でキリンもエビスもフユもあがれるようになりました。
あとは用心深いアサヒに、他の子があがりかたを教えてくれるといいなあ。


b_kfd

防草シートの足跡

kfc01968-1

kfc01968-2

kfc01968-3

kfc01968-4

kfc01968-5

kfc01968-6

kfc01968-7

kfc01968-8

kfcp01968-1

モモイロヒルザキツキミソウが満開です。

kfcp01968-2

実家からもらったわずか1鉢が、こんなに増えるとは。

kfcp01968-3

よく似たアカバナユウゲショウと同じく、園芸植物として持ち込まれたのが、逃げ出して野生化したそうです。

kfcp01968-4

ニワゼキショウも帰化植物だそうです。
小さくて邪魔にならないしかわいいので、草取りで残しています。

kfcp01968-5

シロツメクサを摘み取って持ち帰り、花かんむりを作るのが恒例になっています。

kfcp01968-6

シロツメクサはもんじろうがおいしくいただきました。

kfcp01968-7



b_kfd



b_kfd

一粒万倍

kfc01941-1

kfc01941-2

kfc01941-3

kfc01941-4

kfc01941-5

kfc01941-6

kfc01941-7

kfc01941-8

kfcp01941-1

ナガミヒナゲシはヨーロッパ原産の帰化植物で、江戸時代にもたらされたという説もあれば、日本では1961年に発見されたと書かれた本もあります。

kfcp01941-2

kfcp01941-3

我が家の3密。

kfcp01941-4

kfcp01941-5

kfcp01941-6

植物沼漫画展と海月ファームグッズ通販が、おかげさまで原価を回収できました。
収益の一部はWWFジャパンに寄付しました。
野生生物および森林・海洋生態系の保全、地球温暖化防止などのWWFジャパンの活動全般に使われる予定です。

kfcp01941-7


b_kfd



b_kfd

プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク