fc2ブログ

キュウリグサとワスレナグサ

kfc03345-1

kfc03345-2

kfc03345-3

kfc03345-4

kfc03345-5

kfc03345-6

kfc03345-7

kfc03345-8

kfcp03345-1

畑の野草、キュウリグサです。
種が落ちていたのか群生していました。
真ん中の花の部分が、暖かくなると伸びてきます。

kfcp03345-2

花が大きい多年草のワスレナグサ「ミオマルク」。
暑さに弱くて関西の猛暑を超えられるかは微妙です。
昔からある一年草のワスレナグサは花は小さいものの、種が落ちて毎年生えてくるらしいです。

kfcp03345-3

お得用球根パックからアネモネがたくさん生えました。
青いのが咲くといいなあと思っていたところ、最初の花が青のようで楽しみです。
ほかに赤と白があって、みっつそろって咲くとトリコロールです。

kfcp03345-4

3月になったら室内で青紫の花の種をまく予定です。
アスターもセンニチコウも花壇や切花にいいそうです。

kfcp03345-5

せっかくまくなら縁起を担いで、一粒万倍日にまいて豊作を狙います。
今年の三月だと2日、10日、15日、22日、27日らしいです。

kfcp03345-6

kfcp03345-7

kfcp03345-8

今年のイースターは3月31日ですって。

kfcp03345-9

もうすぐ3月。暦の上ではスプリングです。

b_kfd
スポンサーサイト



まかぬ種も生える

kfc03316-1

kfc03316-2

kfc03316-3

kfc03316-4

kfc03316-5

kfc03316-6

kfc03316-7

kfc03316-8

kfcp03316-1

農園の水道カバー(樹脂製)にひびが入り、オランダミミナグサが生えていました。
ハコベに毛が生えたような小さな草ですが、たくましいです。

kfcp03316-2

kfcp03316-3

ナガミヒナゲシも姿を見せ始めています。
オレンジ色の花がきれいだけど、爆発的に増えるため、種をつける前に抜かないと大変です。

kfcp03316-4

ホウレンソウとネギ、最後の1本の赤ダイコンを収穫。
猫の草も忘れずに刈り取りました。

kfcp03316-5

家で育てている猫の草は、寒くて成長が止まっています。

kfcp03316-6

kfcp03316-7

寒くてもベランダで日光浴を楽しむ麒麟児。
室内に入ってすぐ草を1本もらうのが習慣になっています。
そんな約束をしたわけではないのに、待ち受けているのであげないわけにいかなくなりました。

kfcp03316-8

月曜日は畑と買い出しデイ。
100円均一のセリアは猫グッズが充実していて、手ぶらでは帰れません。

先週今週と珍しく仕事の話が立て続けに入りました。
ありがたいことです( ̄∀ ̄)

b_kfd

カッコウとナガミヒナゲシ

kfc03043-1

kfc03043-2

kfc03043-3

kfc03043-4

kfc03043-5

kfc03043-6

kfc03043-7

kfc03043-8

kfcp03043-1

野草のナガミヒナゲシです。
どこから種が飛んできたのやら。

kfcp03043-2

kfcp03043-3

園芸種のポピー(ヒナゲシ、パパバーとも呼ばれます)、アメイジング・グレイです。

kfcp03043-4

kfcp03043-5

ありし日のハル母さんと息子のナツ。
ハルは乳腺炎になって息子たちを乳離れさせ、先住猫のコマに子守りを押し付けました。

kfcp03043-6

kfcp03043-7

あとからあとから新入り猫がやってきて、コマには苦労かけました。

kfcp03043-8

b_kfd

草マルチ

kfc02707-1

kfc02707-2

kfc02707-3

kfc02707-4

kfc02707-5

kfc02707-6

kfc02707-7

kfc02707-8

kfcp02707-1

草マルチのことはこの本で興味を持ちました。
草がはびこりすぎて手に負えなくなる例も見聞きしているので、少しずつ試してみたいです。

kfcp02707-2

通路3列に種をまいた「おたすけ麦」がかなりふさふさしてきました。
防草シートを敷いていた時は、シートの下の地面がかっちかちで鍬の歯がたたなかったのですが、麦の効果で柔らかくなるといいなあ。

kfcp02707-3

観賞用に植えていたスイートピーも、マメ科なので根っこの根粒菌で緑肥効果がありそうです。
花が終わったら地上部は刈り取って草マルチに使う予定です。

kfcp02707-4

21日に種をまいた枝豆が発芽しました。

kfcp02707-5

高校時代からの友人、はまさんから種や苗をいただきました。
斑入りのトラデスカンチア「アルビフローラ」の挿し穂、グロキシニアの苗。
そして種の小袋はストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)、ツルコザクラ、ハツユキソウ。
クリムゾンクローバーは花がきれいな上にマメ科で緑肥にもなるので、まきどき(9〜10月)になったら種をまきたいです。

kfcp02707-6

トラデスカンチアはジャボチカバの根元に植えました。
耐寒性があまりない同士で仲良くしてくれると思います。

kfcp02707-7

おたすけ麦は猫がかじったあと、ごじろうに食べてもらっています。
防草シートより見た目がきれいだし、植えてよかったです。
踏んづけないように歩くのがちょっと難しいですが^^;

kfcp02707-8

b_kfd

野生の花畑

kfc02701-1

kfc02701-2

kfc02701-3

kfc02701-4

kfc02701-5

kfc02701-6

kfc02701-7

kfc02701-8

kfcp02701-1

車で通ったら見過ごしていたかもしれないお花畑。
花の直径2cmほどのテイカカズラです。

kfcp02701-2

高速ののり面のノイバラとオオキンケイギクは、草刈りで刈られずに残っていました。

kfcp02701-3

kfcp02701-4

水辺の黄色いキショウブも、水辺や休耕田などにぽつぽつ咲いています。

kfcp02701-5

海月ファームのモモイロヒルザキツキミソウも、きれいだけど繁殖力がすさまじいので、そのうち何かに指定されてしまうかも。

kfcp02701-6

小判がぶら下がるような姿のコバンソウが珍しくて、自転車を止めて撮影していたら、自転車の女子高生がすごい速度で追い越してみるみる小さくなっていきました。
私は電動アシスト自転車でさえへろへろなのに...

kfcp02701-7

留守番のひとたちはいいこで寝ていたようです。

kfcp02701-8

ごじろうにはむしってきたクズの葉をお土産に渡しました。
クズも花がきれいなので観賞用にアメリカに持ち込まれて、今では大迷惑になっているようです。


b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動植物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク