FC2ブログ

犇く(ひしめく)春

kfc02250-1

kfc02250-2

kfc02250-3

kfc02250-4

kfc02250-5

kfc02250-6

kfc02250-7

kfc02250-8

kfcp02250-1

去年苗を買って育て始めたハッカクレン。
チューブわさびを絞り出すような、摩訶不思議な芽の出方です。

kfcp02250-2

kfcp02250-3

アイリス“レティキュラータペインテッドレディー”
名前が覚えられなくて、飼育記録で確認しました。
草丈12cmほどです。

kfcp02250-4

プリムラ“マラコイデス”

kfcp02250-5

4年前に種をまいて育てた原種シクラメン“コウム”

kfcp02250-6

ネコヤナギがふくらんできました。春らしいですねえ。

kfcp02250-7

キリンの背中の段が春の日差しに輝いています。

kfcp02250-8

じつはエビスも有段者です。

kfcp02250-9

ひしめく机まわり。

土曜午前10時から放送の東京ベランダストーリーを見始めました。
ベランダに特化したガーデニング番組で、なぜか料理のコーナーもあるという...
冴えないサラリーマン小松氏が週末にベランダを探訪するドキュメンタリー(?)。
小松氏の変なテンションが気にならなければ、楽しめると思います。


b_kfd
スポンサーサイト



カンパニュラ

kfc02249-1

kfc02249-2

kfc02249-3

kfc02249-4

kfc02249-5

kfc02249-6

kfc02249-7

kfc02249-8*

kfcp02249-1

カンパニュラ“ダークゲットミー”
花が終わった株を安く売っていることが時々あって、いつの間にか数種類植えています。
カンパニュラの中には背が高く大きくなるのもありますが、こういう小さくてわしゃわしゃしたのが株分けしやすいようです。
多少日当たりが悪くてもよく咲いてくれます。

kfcp02249-2

ストロベリーポットのポケット部分に、株分けした子株を植えました。

kfcp02249-3

チューリップを9月19日に冷蔵庫の野菜室に入れて、11月15日に取り出して植え付けたもの。
蕾が見えてきました。

kfcp02249-4

ダリアは1球入りで250円でした。
前にオークションで800円くらいで買ったのとそっくり。
今年の寒波でやられたかもしれないので、予備で書いました。

kfcp02249-5

ラナンキュラスが満開です。

kfcp02249-6

kfcp02249-7

白いものを撮るとき、背景にされがちなフユ氏。

kfcp02249-8

猫は太ると背中が段になる、という一例です。
キリンのくびれが行方不明です。


b_kfd

サワーポメロをむく日

kfc02248-1

kfc02248-2

kfc02248-3

kfc02248-4

kfc02248-5

kfc02248-6

kfc02248-7

kfc02248-8

kfcp02248-1

みかん狩り園を営む実家のサワーポメロ。

kfcp02248-2

80代の両親が、もうみかんはやめると毎年言っています。

kfcp02248-3

両親ともプチ脳梗塞を経験したし、無理はしないでだんだん仕事を減らしていってくれればと思います。

kfcp02248-4

kfcp02248-5

紫の文旦も一緒に送ってくれました。
果物にはあまり文句を言わないほうですが、これは生で食べるにはおいしくないです(;´д`)
一度冷凍・解凍してかさを減らし、スムージーに混ぜて飲んでいます。

ご近所ののりこさんがくれそうです。
のりこさんって誰だっけ...
田舎にUターンしてくる人もけっこういて、年が離れていると名前を知らなかったりします。

kfcp02248-6

前に帰省したのが2019年の3月ですよ。
コロナ禍でなかなか帰省できないけど、ワクチンで収束して安心して帰省できるようになるといいなあ。

kfcp02248-7


b_kfd

水辺の生き物とバス用品


カエルの画像が出てきます。苦手な方にはごめんなさいね。


kfc02247-1

kfc02247-2

kfc02247-3

kfc02247-4

kfc02247-5

kfc02247-6

kfc02247-7

kfc02247-8

kfcp02247-1

百円均一ダイソーのスポンジホルダーが、あつらえたように鉢にぴったりでした。

kfcp02247-2

金魚のだしがきいた水を飲むフユ氏。

kfcp02247-3

イエアメガエルのテン氏。

kfcp02247-4

カエルの水槽の下には薄いヒーターを入れて暖かくしてあります。

kfcp02247-5

トノサマガエルのさび氏。

kfcp02247-6

トノサマは野生では冬眠するけど、飼育下ではそのままお亡くなりになるケースもあるとか。
半端に寝たり起きたりするのも、食べたものがおなかのなかで腐ったりしてよくないんだそうです。
なので暖かくして冬眠せず起きてもらっています。

kfcp02247-7

今、カエルはテンとさびの2名体制です。
この小さかったイエアメガエルのスイ↓は、成長が思わしくなくて、昨年12月にお星様に・°・(ノД`)・°・

kfcp02164-5

食欲不振でずっと強制給餌していたテンは食欲旺盛です。
さびも順調に食べています。
猫が吐く前にえずくと、テンがつられて鳴き始めて、春が近い気がします。


b_kfd

ナメコを収穫

kfc02246-1

kfc02246-2

kfc02246-3

kfc02246-4

kfc02246-5

kfc02246-6

kfc02246-7

kfc02246-8

kfcp02246-1

ベランダのきのこプランター。

kfcp02246-2

鹿沼土にうもれている奥の方が菌床栽培、手前が原木栽培です。

kfcp02246-3

冬場のきのこは身がぎっしり詰まっています。

kfcp02246-4

17日前にビカクシダの胞子をばらまいたもの。
木屑を加工したラン用の素材を加熱殺菌してからまきました。

kfcp02246-5

水苔のほうは動きなし。
カエルの水槽の苔にばらまいたところにも、もしかしたら何か生えてきたかもしれません。

kfcp02246-6

「ダーウィンが来た!」のきのこ特集を見ながら、ナメコとホウレンソウのソテーを食べました。

kfcp02246-7

白いのはぼたもちですよ(ΦωΦ)


b_kfd

キリンは悪くない

kfc02245-1

kfc02245-2

kfc02245-3

kfc02245-4

kfc02245-5

kfc02245-6

kfc02245-7

kfc02245-8

kfcp02245-1

ハスと金魚の水鉢。まだ寒々しいです。

kfcp02245-2

明日はかなり暖かくなるようです。

kfcp02245-3

kfcp02245-4

kfcp02245-5

フユはビール三姉妹のキリンだけをいじめます。

kfcp02245-6

元野良で経産婦のアサヒとはまあまあ仲良し。

kfcp02245-7

空気を読まないエビスは苦手らしいです。


b_kfd

レンコンの泥沼

kfc02244-1

kfc02244-2

kfc02244-3

kfc02244-4

kfc02244-5

kfc02244-6

kfc02244-7

kfc02244-8

kfcp02244-1

ハスがレンコン状態で出回るのは春先だけです。
もうじき茎が伸びて葉っぱが出始めると、根っこがむきだしでは傷むので鉢植え状態での流通になります。
そちらは箱が大きくなるので送料がはねあがるのですよ...

kfcp02244-2

新しいスイレン鉢は白いものにしました。
黒出目金が心の目でしか見えない問題も解決です。

kfcp02244-3

植え付けたハスの泥が落ち着いたら、金魚と合流します。

kfcp02244-4

kfcp02244-5

kfcp02244-6

ベランダでハスを育てるのは10年ぶりくらいです。
畑で増えたスイレンを植える予定でしたが、引き続きハスにチャレンジすることにしました。
お盆にチーム虹の橋が帰省するころに、ベランダが極楽浄土になるといいなあ。

ヤマサ蒲鉾のハス花苑もまた見に行きたいです。

2010年のベランダのようす→


b_kfd

ランが消えた

kfc02243-1

kfc02243-2

kfc02243-3

kfc02243-4

kfc02243-5

kfc02243-6

kfc02243-7

kfc02243-8

kfcp02243-1

花師匠からお裾分けいただいた透明鉢。
根っこの様子がわかるので、水やりしすぎて枯らしがちな私にも向いている素材な気がします。

kfcp02243-2

↑画像中央がオンシジウム“シャリーベイビー”
チョコのような甘い香りがするそうです。

kfcp02243-3

今年から暖かくなったらランを外で育てる予定です。
置き場所の都合で寄せ植えにしています。

kfcp02243-4

kfcp02243-5

『趣味の園芸』3月号は、ラン特集ですよ。
コチョウランの「ズボラ栽培法」とか、園芸沼の裾野を広げようとする気合を感じました。

kfcp02243-6

ランにはまったのは、キリンがナツアキフユにいじめられる問題からの現実逃避でした。
いまだに原因も解決方法もわかりません。
寝場所争いしないよう、夜も暖房するようになったので、寒さに弱いランを育てやすい環境になったのです。

kfcp02243-7

キリンはストレス太りで6kgの大台に乗りました。
おとぼけで悲壮感がないのが不幸中の幸いです。

kfcp02243-8

やせなくていいから動けるデブになって、華麗に逃げ切ってほしいです。


b_kfd

冷蔵庫の上は猫のみぞ知る

kfc02242-1

kfc02242-2

kfc02242-3

kfc02242-4

kfc02242-5

kfc02242-6

kfc02242-7

kfc02242-8

kfcp02242-1

夜はひとり和室で過ごすフユ氏。
畳にビニールシートを敷いています。(猫ゲロ対策)

kfcp02242-2

雨ざらしでねじがさびていたけど、六角レンチとペンチで分解できました。

kfcp02242-3

今は紙の絵もCGも、このパソコンデスクで描いています。

kfcp02242-4

キッチンも猫仕様。ここは暖房がないので、夏だけの別荘です。

kfcp02242-5

窓の怪しい模様は、吸盤の跡です。
窓ガラスにくっつける猫ベッドをつけたら、重さですぐに落下したという...

kfcp02242-6

誰も怪我しなくてよかったです。

kfcp02242-7

沈丁花が咲き始めました。

kfcp02242-8

指の匂いの方が好きらしいです。
今日は姫路も少し雪が舞いました。
北の方はどうでしょう。皆様風邪などひかれませんように。


b_kfd

春菊と菊菜

kfc02241-1

kfc02241-2

kfc02241-3

kfc02241-4

kfc02241-5

kfc02241-6

kfc02241-7

kfc02241-8

シュンギク → シンギク → シンギッ
という変化でしょうか。
うさぎは「うさっ」、葬式は「そしっ」となります。

kfcp02241-1

水耕栽培のシュンギク。
兵庫県産だけど関東に多い茎の長いタイプのようです。
3こまめの絵の右が関東型、左が関西型ですが、うちの近所ではどちらも見かけます。

kfcp02241-2

ひと月ほど前にも、スーパーでシュンギクを買って根っこを畑に植えたのでした。
数本あったのの半分は枯れて、生きているのも成長はきわめてゆっくりです。
同様に植えたコマツナはもう少し元気です。

kfcp02241-3

今回のシュンギクはベランダで水耕栽培を続けようかな。

kfcp02241-4

水耕栽培のミツバがもりもり育っています。

kfcp02241-5

土に植えたものも葉っぱが増えました。
一年中売っているけど、春の山菜ですよね。

kfcp02241-6

サワーポメロと揚げ餅味噌汁。
餅をレンジで柔らかくしてから、油を薄く引いた小さいフライパンで焦げ目をつけて、味噌汁に投入。
実家からたくさん届いた餅を、来る日も来る日も食べてようやく食べ終わりそうです。
相方トッコは炭水化物を警戒するため、ほぼすべてが私の血となり肉となり脂となりました。
炭水化物で太るのなら本望です。
温かいものが食べられるって幸せ。

kfcp02241-7

認知症一歩手前のフレイルという状態にならないためにも、タンパク質を1日60g、毎食20gずつ食べるのがいいとNHKでやっていました。
まとめて摂取できないので小分けにとる必要があるんだとか。
肉や魚を毎食は無理なので、乳製品か卵かなあ。


b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク