ヤマカガシ

kfc00957-1

kfc00957-2

kfc00957-3

kfc00957-4

kfc00957-5

kfc00957-6

kfc00957-7

kfc00957-8

kfcp00957-1

ヤマカガシにかまれた男の子は、つかまえてかばんにいれたらしいですね。
そりゃかまれても仕方ないわ(゚ーÅ)
血清を作った日本蛇族学研究所は、経営や今後の人材育成が危ぶまれているそうな。
今後血清が作れなくなったら、死者が出ることになるかも。公費で対応できないんでしょうかね。

kfcp00957-2

長くて巻きつくものつながりで。
朝顔“マジック・オーシャン”が次々に咲いています。

kfcp00957-3

つる植物は右巻きと左巻きがあって、描くときに「どっちだっけー」と画像を検索して確認することがあります。

kfcp00957-4

kfcp00957-5

「海月ファームだより(1)」kindle版


発売中



b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本は基礎研究全体が崩壊してると言われてるようなんすよ
いまノーベル賞だなんちゃら細胞だともてはやされてる研究は30~40年前からの基礎研究がいま花開いてる結果であって、その頃が資金がいちばん潤沢だったようです
いまは義務教育の段階から理系の授業がないがしろにされていて、授業時間削られた上に実験で使う器具も先生の自前なことも珍しくないとか
かつては技術の高さ(と労働力の安さ)で世界と勝負してたこの国も、自ら武器を滅する真似しかしてないんですからお先真っ暗ですぞー(- -;)

No title

ひえっ~!! キッチンにヘビが出たら腰抜かしそう!
男の子はヘビを捕まえて飼おうとしていたようだが、
ヘビの怖さを聞かされないまま育ったのかな~
と思ったりしていますが・・

>つる植物は右巻きと左巻きがあって、
そうそう、朝顔のつるは左巻きと教わった記憶があるが、
最近は朝顔の巻き方を右巻きと呼ぶ説が出てきて
左巻き説と右巻き説に分かれて、
ややこしくなってきましたね~(笑)
(徐々に右巻き説で統一されそうな感じになってきたましたが)
自分は右巻き説に賛同しています。
海月さんはどちらでしょうか?

★お返事

★慎さん>
基礎研究より、すぐに結果に結びついて見える臨床とかのほうが補助金の候補に採用されやすいという話は聞いたことがあります。
実験ってお金がかかりそうだから、資金のあるなしは大きいでしょうね。
以前の勤務先で科研費申請手続き事務もちょこっとやりました。1円単位で使いきらないといけなくて、輪ゴムだのクリップだの買うんですよね(笑)

★チョコミントさん>
実家の建物は隙間だらけだったので、床下からは野良猫やねずみ、いたちが入り、それより小さい生き物も推して知るべし( ̄∀ ̄;)
つるの巻き方は、先端から見てどっちに回るかでとらえています。
朝顔は左巻きかな。
描くときは巻き付いたつるが/(スラッシュ)かその逆かで覚えています。

No title

そうなのにゃあ!
アタシたちもヤマカガシ捕まえてかばんに入れてた・・・ってTibiTibiみたいな子にゃあ・・・って。
朝顔のつる・・・北半球と南半球とは逆向きって教えてもらってたけど・・・
今は違うって考えもあるみたいだよねー・・・
ホントはどっちなんだろ・・・

No title

うっひゃ~。
なんということを(-∀-;)
ハブの島で育ったので、小学生の頃から学校でも恐ろしさを植え付けられました。
無毒の蛇もいたのでしょうが、遭遇した場合高確率でハブです。
昔の作りの開放的な家の場合、勝手に入り込んで赤ん坊を噛んだとかもありましたね。
お母さま、さぞやビックリだったと思います(^^;)
ヤマカガシも毒が強いですよね。
ちゃんと病院で治療できたのでしょうが、学校でも注意を呼び掛けてほしいものです。

朝顔のつる

私もチョコミントさんと同じく、朝顔は右巻きと呼ぶ説に賛成です。

もともと工学系の人間なので、ネジの右ネジ・左ネジの考え方が基本にあるため、どうしても「右巻き」と考えてしまいます。
そのため、昔の園芸書に朝顔は「左巻き」と書かれていて非常に違和感がありました。

> 朝顔のつる・・・北半球と南半球とは逆向きって教えてもらってたけど・・・

それはデマです。北半球であろうが南半球だろうが、どこで育てても、同じ巻き方しかしません。
ただ、ふろの水を流した時に排水孔に流れ込む渦巻きの方向は、地球の自転の関係で北半球と南半球では逆向きという話があるため、そちらと混同されたのかもしれません。

No title

私も朝顔は左巻きだとなんとなく思ってひて、親近感が・・、あれ、なんか変か・・。(笑)
うちの野生化した朝顔もあちこち勝手に伸びてきて、巻き付くところが無いのは地面に伸びて蛇みたいになってます。

ところで黒いのって青大将ではなく?
うちの方ではヤマカガシは見た事がないので、山で蛇を見ても何だかわかりません。
青大将は普通にドブとかにいたけど。
コンロの上を横切るとは大胆な。
火つけて丸焼きにしちゃえばよかったのに。
って、実際は怖くて逃げます、私なら。

大学も産学一体とか、金になる研究ばかりになるそうで。 お役所関係だと来年の予算をとるために、すべて使い切らなくてはいけないと、公務員の友人や知人が3月になるとやたら出張していました。
私もちょっとだけお役所(今話題の防衛庁だすな)納入する仕事をしていたので、春は注文のラッシュでした。 2月かな、一番多かったのは。 要らんものは買うな!なのにねえ。
使う所が違っている様な・・。

No title

うちの甥っ子、小学生のときにへびをひろって(彼の言い分)、たたんだ傘の中に入れて持ち帰ってきてたよ。
カメだのワンコだのいろいろ拾ってました。←現在獣医の勉強中。家畜の獣医と魚の獣医。獣医の勉強中2人いるのよー。

青大将やヤマカガシ黒は昔はふつーにいたなあ。

朝顔の巻き方や水洗トイレの流れ方
北や南半球で違わないよ。

★お返事

★Gaviちゃん&TibiTibiはなびちゃん>
定吉さんや矢羽さんがコメントに書いてくれてて、つるは南北で違いはないみたいよ。
TibiTibiはなびちゃん、へびもつかまえちゃうの( ̄□ ̄;)!!

★ゆめたさん>
ハブがいるかいないかで心構えが違ってくるのね。
家のなかに入ってきて噛むなんて、怖すぎる…
虫をつかまえて飼う子は多いけど、蛇かあ、とちょっとびっくりしました。
進路を間違えなければ将来、蛇の研究者になったりしないかな。

★定吉さん>
風呂の排水のうずまきといえば、推理小説で読んだことがあります。
右巻き左巻きがねじと一致していたらわかりやすいですね。
理数系の成績が壊滅的だったので、筋道だてて考えられる人がうらやましいです。

★REIさん>
朝顔って地植えになると猛威をふるいますね。市民農園でも野生化したのがあります。花が小さいのは先祖返りしているのかな。
アオダイショウも黒いのがいるんですね。どっちだろう。
野生の母はムカデなら火箸で焼いていたけど、さすがに蛇は…
2月に注文ラッシュは、身に覚えが^^;

★矢羽さん>
ヘビを拾うって、つかまえたってことよね?
身内に獣医がいるって頼もしいなあ。←『動物のお医者さん』的な発想
カエルが減ったのと連動して、ヘビも減ったのかも。
つるも排水の渦も、北と南で違うという発想自体新鮮でした。
ぼんやり生きてたらあかんね(笑)

No title

私も!ヤマカガシって赤いまだらだと思っていました!鹿児島もそうなんだ〜!
新聞で見た関西のヤマカガシは黒っぽい緑でしたね。違うよこれ、って最初思いましたよ〜〜。
未だに「分類が面倒でまとめてるだけなのでは」と疑っています・・

確かヤマカガシは奥の方に毒牙があるので、よっぽどでないと毒が回らない、と、犬が噛まれてきた時に調べました。そもそも放っておけば攻撃して来ないでしょうしね。

No title

ん?同じなんだよー!?

★お返事

★きぃたさん>
ヤマカガシは地域や個体差でいろんなバリエーションがあるみたいですね。
分類が面倒説、あるのかも(笑)
犬がヘビに噛まれたりするのね。
マダニやアリ、温暖化を思うと、将来は散歩もおちおちできない感じです(゚ーÅ)

★矢羽さん>
あー書き方が悪かった、ごめんね^^;
つるもトイレの排水の渦も南北で変わらないこと、了解です。
私は南北で変わるとは想像もしなかったので、もしかして逆なんじゃないかと疑問をもつ人の探究心が驚きだったのでした。

No title

変わらないみたいだねー・・・
おねえ小学校のとき、そんな風に教わっって・・・(先生の雑談的な感じだったと思う)
たぶんこれ?↓
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=2740
台風の渦と混同してるのかなぁ?

TibiTibiとかげとか蛇とか爬虫類が好きみたい。
マンソンくん飼ってたし・・・
ねずみのおもちゃには反応しないけどお散歩してて、蛇やトカゲみつけるの天才だよぉ!

★Gaviちゃん&TibiTibiはなびちゃん>

つるの巻き方についてそんな経緯があったのね。
小学校で教わったことをちゃんと覚えているなんて、おねえすごい。
TibiTibiはなびちゃん、爬虫類をみつける天才なのか(笑)
私も畑でカナヘビをよく見かけるんだけど、すばやくてつかまえるどころか写真も撮れないという…^^;
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク