花泥棒

kfc00930-1

kfc00930-2

kfc00930-3

kfc00930-4

kfc00930-5

kfc00930-6

kfc00930-7

kfc00930-8

アジサイ泥棒は神戸新聞の読者の声欄から。
この欄は「財布を落としたけど誰か親切な人が届けてくれた」
「道端で倒れたら知らない人が助けてくれた」
「丹精した花を盗まれた」
という投稿がかなり多いです。

ユリを6本くれと言った話は、2ちゃんねるのガーデニング板より。

kfcp00930-1

実家のみかん園。右端の斜面に樹齢数十年のつつじが何株かありました。
重機で盗まれたのはもうだいぶ前のことです。
花が咲いた時期に目星をつけていたらしく、花がない株を盗まれたとのこと。

kfcp00930-2

アジサイ“万華鏡”はまだあまり出回っていなくて、苗もお高いのです。

kfcp00930-3

kfcp00930-4

ユリの話題が出たので、猫ユリ中毒のポスターを貼っておきます。
ツイッターで流布していた画像で、元サイトがなくなっていました。
端的に要点をまとめてあるので、たいへんいい画像だと思います。
どこのどなたか知りませんが、猫のためにありがとうございます。

kfcp00930-5

「海月ファームだより(1)」kindle版


発売中



b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つつじは根の張りが浅いから掘るの比較的楽だしね。
あんまりだなあ。

No title

万華鏡なら私もマンションのベランダによじ登って盗むかも。(笑) いや、スパイダーマンに頼むか。 時給いくらだ。
重機つかったり目の前で盗んだり、いったいどういう神経なのか。 凡人には理解しかねますね。

財布は3回落としましたが、3回ともちゃんと戻ってきて、うち一回は近所の人が拾い、中に入っていた子供の頃の写真で持ってきてくれました。
切手がはってない封書を落とした時は、ちゃんと切手が貼られて先方に届きました。
あれ、年中何か落としてる私? どういう神経?(苦笑)

★お返事

★矢羽さん>
根っこが浅いことまで計算してたとしたら、詳しいやつの犯行かもね。
家から50mくらい離れているとはいえ、寝ていて気づかなかった両親もすごいわ。
番犬もうるさい鳥もいるのに、そんな時に限って役に立たないという(笑)

★REIさん>
スパイダーマンにそんな仕事を頼めるのかな(笑)
夜中にこそっとというのはまだ犯罪者らしいけど、白昼堂々と人が見ているところで盗んで、それを飾るというのも解せません。
落とし物を拾ってくれるって話は、世の中捨てたもんじゃない気がして好きです。

花泥棒は

罪にはならない とか何とか耳にしたことがあるけど
人のものを取るのは立派なドロボーやんね!
花って沢山咲くからひとつくらいって思うのかなぁ…
ツツジ…残念でしたね (T . T)

少女がユリの花束抱えて死んでたって推理小説がありました。
それでユリの花が毒だって知ったのですが
いけていた水まで毒とは!
この告知、本当によくできてますね。わかりやすい!

No title

以前、分譲マンションに住んでいた時に、道から見えるところに、きれいなお花が咲いておりました。
しかし、そこは、植え込みの中、当然見るだけのものだったはずなのに、早朝5時、ハサミ持参で、おば様が切って行かれました・・・
なぜわかったというと、防犯カメラに一部始終が映っておりました。
当然、マンションの中の方でなく、外部の方でした。
他にも、道の横にあった小さな紫陽花は、掘り起こされてなくなりました・・

花でも泥棒ですよね・・・

重機…

e-9 重機を使うなんて…盗み方がハデです。
 トラックに乗せた重機を下して、つつじを掘り起し、根巻をしてユニッククレーンでトラックに載せて、最期は重機も乗せて移動…
 絶対1時間はかかると思うんだけど、こういうことが起きるのですね…
 でも、地方で窃盗がばれたら、生きていけないと思うんだけど…大丈夫なのか…な
 e-3
          <ののちゃんより>

No title

@@!重機で!
樹齢数十年のつつじさん、みごとだったんだろうなぁ・・・
あじさい切ってお店に飾るおばさんに!@@!
本数指定するおばさん!@@!
びっくりにゃあ!
そういえばおねえ、きんもくせい見てたら、一枝どうぞってもらったことは2,3回あるよぉ。
そんなに(¬_¬)ジーッ はしてなかったけどねー(* ̄m ̄)ウフッ

★お返事

★木村カエルさん>
花泥棒が罪にならないのは、眺めるたびに自責の念にかられるからでしたっけ。
きょうびそんな殊勝な盗人はいないだろうなあ( ̄∀ ̄;)
死因がユリの推理小説!
あしべゆうほさんの漫画『悪魔の花嫁』でもユリが出てくるのがあったなあ。
どんなだったっけ、時々読み返したくなります(笑)

★ねこぐうさん>
私も分譲マンションの花壇に植えた花を切ったりしてるけど、まあ自分で植えた花だし(笑)
防犯カメラがあると、いろいろわかってしまいますね。
切ってしまうのもだけど、根っこから掘り起こすなんてねえ…(゚ーÅ)

★kitcatさん&ののちゃん>
重機業界にくわしいな(笑)
1時間かかってけっこう音もしたはずなのに、気づかずに寝ていたうちの親、疲れていたのかしら。
番犬も番七面鳥もいたはずなのに^^;
いなかはオレオレ詐欺みたいなのが横行してますよ〜。
顔見知りでぼけぐあいも懐具合もお見通しなんでしょうかね。せちがらいわ…

★Gaviちゃん&TibiTibiはなびちゃん>
つつじはおっきなピンクの花で、株は幅数メートルにわたって枝をひろげていました。
緑一色のみかん園で遠目にも目立っていましたよ。
金木犀をくれた人は、おねえちゃんにほめてもらえてうれしかったんじゃないかな。
それに金木犀って剪定に強くて、ばっさり切ってもすぐ再生するらしいのよ。
うさぎトピアリーにもできるかも(笑)

No title

なんか、1輪盗んでいく...
というのももちろんよくはないんだろうけど、
重機で掘り起こしていくというのはレベルが違う
ような気がします。
「美女と野獣」とかの薔薇を一輪...
っていうのと、中国窃盗団とかが
ハオルチアの温室から軒並み盗む、
くらいの違いというか。
枝だけならまだ次に伸びてくれもするだろうけど、
掘り起こされて苗ごとなかったら、
もう翌年から咲かないですもんね。
近所の、あのあじさいの雰囲気いいなーという
家があるんですが、その家の人が外に出てたら
「1輪ください、素敵だから挿し木してみたいので...」
とお願いしたいと思ってるのに、ぜんぜん
出会わないです。まあ私が頻繁にそこにいかないから
というのもあるでしょうが。
(それに、お願いしてもうさんくさくて断られる可能性も大)
とっていった花を店先に飾る...うーむ。
なんでしょうか、あの、野原で雑草をつんで、
飾るのと同じ感覚のひとなのかもですね。
人の庭は俺の庭。俺の庭は俺の庭。ってことか。

前に、素敵なキイチゴがある家があって、
でもその家ではたぶん邪魔者にされてて、
実がなっててもものすごい切り詰められてて、
あー切った日に通りたいと思いながら果たせない
場所があったんです。

そのうち掘り起こされて苗ごと捨てられていたので、
ああ...もうそんなにいらなかったなら、
掘り起こして盗めばよかったのかと
思いました。(塀のなかに入って、交通量や人通りの
多いその家の庭を掘れるならですけどね、ハハハ)
いらないならいらないと言ってほしいけど、
いる家からは盗まれて、いらない人はただ捨てる。
むずかしいです。(?)

にいちゃんは夜もお風呂入るけど、
朝も入ったりしてるかも。(日に3度位入ってることもしばしば)温度も頭皮にやさしくないのですね。
そういえば、頭皮、頭を守る油膜のようなものが、
洗ってから数時間たたないと復活しないから、
いくら髪の毛などをかわかしてから出かけても、
朝シャンして家を数時間以内に出る場合、
かなり日光などで頭皮、髪の毛にダメージがあるそうです。と、脅かし系の話をかいてみる。

アメちゃん!!こぶって...いままでのイエアメでは
ない話です。なんて個性的(?)なのーーー。
もう大丈夫ですか?よくある話だと、
鼻の頭を、脱走しようとガツガツやって
擦りむくというのはあるんですよね。
たぶんキューも家に来る前にそれをしょっちゅうやってて、だから傷物として売り飛ばされたんではと。
こぶ、新機軸(笑)。でも治ったから笑えるけど、
おだいじにね、アメちゃん。

★めんまねえちゃん>

あじさいのお宅もキイチゴのお宅も、頼めば快く分けてくれそうな気がします。
でも呼び鈴を押してまでお願いするのは気が引けますよね。
なかなかお庭にいるときとかに声をかけるのは、タイミングが難しいかも。
実家にあったあじさいの大株を、郵便配達の女性に少し分けて欲しいと頼まれて、父が抱えきれないくらい切ってあげたらしいです。
引っ越しとかで処分される庭木、多いでしょうね。
移植に適した時期とかもあって、難しい面もあるでしょうけど、うまくひきとるシステムがあるといいのになあ。
古着や古本の需要があるんだから、植物を売り買いする施設があったら私、通いつめてしまいそうです。

トイレの使い方もだけど、めんまにいちゃんは綺麗好きよね。
トッコに爪の垢を煎じて飲ませたい。

アメちゃんのたんこぶ、私もキューちゃんの鼻のことを思い出しました。
血が出たり膿むことなくぽろっととれるというのが、びっくりでした。
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク