コーヒーぜんざい

kfc00926-1

kfc00926-2

kfc00926-3

kfc00926-4

kfc00926-5

kfc00926-6

kfc00926-7

kfc00926-8

kfcp00926-1

かき氷やコーヒーぜんざいであんこをよく使うので、お徳用のピローサイズを買いました。
キリンが文字通り枕にしています。

kfcp00926-2

あんこは先に入れても後のせでもいいです。

kfcp00926-3

ぐちゃぐちゃに混ぜていただきます。

kfcp00926-4

コマ姉さんの小豆肉球。

kfcp00926-5

白玉もどうぞ。

「海月ファームだより(1)」kindle版


発売中



b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはよー。
あさひちゃん、うちのこ記念おめでとう!↓

あんこね、うちで煮たほうが断然美味しいと思う!
(というか祖母と母のあんこしか食べたことないので比較対象がないんだけど…)
小豆もお砂糖も選べるから。冷凍保存もできるし。

妹の嫁ぎ先は名古屋なので結婚した時の砂糖の鯛がすごかった。
あれは砕いて煮物にするしかないんだよねー。
ある意味文化?だと思うからありがたいけど、使うのが大変。。。

★矢羽さん>

アサヒにお祝いコメントありがとう:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
自家製あんこ、おいしいでしょうね。
ぜんざいまではなんとかなるんだけど、そのあと煮詰めるのが暑くてなかなかできず^^;
寒い季節にまとめて作ってみようかな。
名古屋の結婚式って派手らしいね。砂糖の鯛まで出るのか(笑)

No title

確か台湾のしょう油も、そうだったような。
台湾でお寿司を買いホテルで食べた時、付いていたしょう油が甘かった記憶がありんす。

昔は砂糖が貴重品だったんので、お客様をもてなす時に甘いものをお出しするのが礼儀だったと聞いたことがあります。
沖縄も甘いものが多いです。そして味付けも濃い。
そんな島育ちなのに、現在は小豆煮る時味付け無しっす。
母が来た時に、甘くしないことにビックリされました。
海月さんのマンガを見てて、ゼリーが作りたくなりました。
やってみます(* ̄▽ ̄*)
アイスクリームを乗っけてみよう♪(しっかり糖分は取っている(笑))

↓ビール3姉妹は元々は4姉妹だったのですね。
残りの子は、お母さんと一緒にいるのかしら。
アサヒちゃん、ウチの子記念日おめでとう。
推定誕生日、6月1日了解です~☆”

シュガーロードだから!

コマ姐さんの肉球は小豆なのか~
でも、その白玉はちょっと遠慮しときます(爆)

九州は鎖国中でも海外から甘いものが入って来たり、琉球貿易で砂糖の流通の要だったから砂糖をふんだんに使うことができた歴史があるからでしょう。
お菓子屋さんがハンパない数あると聞きましたよ♪
手作りだと甘さも盛り放題!!
あ、控えめにできるってお話でしたね…(^m^;)アハハ~

No title

北海道の人間は甘じょっぱい味が大好き
納豆に砂糖を入れしょう油をドバドバ
定番おやつのいももちにはみたらし餡
アメリカンドックにすら砂糖やきなこをまぶし
赤飯には甘納豆を山盛り入れごま塩を掴むようにかける

だが甘いしょう油はどこ売ってない
いつもそれが解せぬのです(- -;)

No title

名古屋に旅行に行った時、カツ丼が甘くてびっくり!
こちらだともっと醤油っぽいです。
すき焼きは好きだけど、牛どんは甘いからあまり好きではないなぁ、そうか、ご飯に乗っける時は甘いとダメなのか、とか考えてしまいました。

一方みたらしは甘いのが好き。レシピを見ると砂糖と醤油が1:1だったりして、辛いなぁと思います。自分で作ると砂糖3:醤油1くらいかな?

あんこって山ほど砂糖を入れますよね。一時砂糖ではなくデーツを入れる方法で作っていましたが、ベターっとした食感がクセモノです。

No title

鹿児島天国! 九州天国! (水害に合われた方には申し訳ない書き方ですが、お許し下さい)

大の甘党の私なら、きっとご実家のお惣菜も大丈夫です!
千葉の田舎もかなり甘いですよ。 子供の頃、親戚の家の赤飯に砂糖がかかっていて、旨い!と思いました。 太巻きの祭り寿司が有名ですが、ご飯なんか和菓子みたいに甘い中に甘いピンクのでんぶ。 今のは洗練されてますけど、昔のは虫歯になりそうに甘かった。

コーヒーゼリーにアンコ!は新鮮な驚きです。
買ってやってみます。(作る気はさらさらない、苦笑)

↓ 3姉妹のお母さんともう1匹も元気でいますように。
それにしても捨てられていた! 呪われろ!

No title

アーニャ、おめでとうーーー!
あと1匹も幸せでいますように。おっかさんもね!

鹿児島の話だったか、四国のどこかの話だったか
わすれたんですが、お砂糖をたっぷりいれた
料理というのは、贅沢品であったお砂糖を
ふんだんにつかう=非常なおもてなし、という
のを読んだことがあります。まあ、
全国的なものなのかもしれませんが。
あと保存がききやすいから、暑いところだと
理にかなっているのかも。味が濃くて甘いって。
鹿児島のお醤油、私好きなんですよ。
こちらで購入すると高いから、みりんとかはちみつで
いろいろ工夫して鹿児島風醤油のびんも用意してます。(笑)

しろたまおかりしまーす。
と忘れぬうちにかいておく。
あと斑入りのネギ...自宅でできたのなら
根っこがしっかり残っているけど、
結構八百屋などで購入すると
ほとんど再生不可能なほどカットされてることも
多いから、よそのは難しいです。
また斑入り(根っこ付き)と出会いますように。

No title

あとねー、関係ないかもしれないんだけど…
漢方的には
砂糖って水分をため込むので、結果的に身体を冷やすのよ。
(だから冷え性な人、アレルギーな人←水滞とか水毒の人、は砂糖というか糖分を制限される)
逆に塩は身体を温める食材なので北の方の料理がしっぱいのは身体を温めるという。

おもしろいよねー

秋にあんこ送る!待ってて!

★お返事

★ゆめたさん>
砂糖が貴重品→甘くするのがおもてなしという図式、わかる気がします。
あずきをかぼちゃと醤油味でいとこ煮にするの、初めて見た時は衝撃でした。
ゼリーは食欲がない時にもいいですよ。私は食欲がない時があまりないけど(笑)
アサヒにもお祝いコメントありがとう( ̄∀ ̄)

★木村カエルさん>
猫のωって犬と違ってかわいいんですよ。ついはじきたくなります(笑)
砂糖作りで鹿児島が奄美の人から搾取していたのを思うと複雑ですが、いろんな和菓子があっておいしいのも多いです^^;
甘さ盛り放題…そう、自家製だと薄味にできるのはいいけれど、つい大量に作ってしまうんです。ダイエットの敵( ̄∀ ̄;)

★慎さん>
納豆に砂糖、アメリカンドックに砂糖、赤飯に甘納豆…慣れるとそれがなければ物足りないかも。
砂糖大根がとれたからというのもあるかしら。
肉体労働と寒さへの備えで、どんだけ砂糖をとっても太らなかったのかもなあ。
醤油が甘いのは南国仕様なんでしょうかね。

★きぃたさん>
名古屋は味噌文化でしょっぱいかと思ったら、カツ丼は甘かったですか。
みたらしはスイーツですね。片栗粉でぷるぷるにしたのがよく売っています。
砂糖と醤油が同量だと、しょっぱくてたくさんはつけられないですよ。
デーツは未知の食材です。ドライフルーツじゃなくあんこに!想像がつかないわ〜(笑)

★REIさん>
そこまで甘党でしたか(笑)
赤飯は甘くてもいけるかも。甘納豆を入れる地方がありますね。
ピンクのでんぶ、母が遠足ののりまきにかならず入れていました。
鹿児島の酒寿司もものすごく甘いです。糖度をあげるのは腐敗防止目的もあったかも。
トッコの職場にはよく猫が捨てられているらしいです。犯人は同じやつか( ̄ー ̄;

★めんまねえちゃん>
おめでとうをありがとう( ̄∀ ̄)
保存性を高めるの、ありそう。鹿児島は蒸し暑いですからねー。
甘い醤油に需要があったとは(笑)
焼酎が辛いので甘い肴のが合うという説もあったっけ。
最近白玉が大安売り(笑)ナツが前よりだっこしやすくなったのよ。

★矢羽さん>
はっ、冷え性…心当たりが。冷え性、貧血、低血圧。←ばあさんの3大要素ともいわれる
塩って体を温めるのねφ(.. )
あんこいただけるの?楽しみ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク