蓮と睡蓮と蛙

kfcp00900-1

東京上野不忍池。
昨夜、東京から帰って参りました。滞在中のようすは本家ブログに→

kfcp00900-2

打ち合わせの場所が神田なので、空いた時間に古書店街に寄りました。
鳥や魚、昆虫、植物など生き物に関わる本全般を扱う鳥海書房。
日本で最初の植物図鑑といわれる『本草図譜』を手にとって見られます。
くわしくはこちらのサイトに→

蛙の本を2冊ゲットしました。
『かえる大百科』は多くの種類のカエルをカラー写真満載で紹介していて、飼育方法なども載っています。

『蛙夜景』は背景が黒で野生の蛙の写真がたくさん。
20年前の本だしレアかも、600円はお買い得だわと買ったのですが、今調べたらAmazonで187円だったわ・°・(ノД`)・°・

kfcp00900-3

留守番チームは全員、命に別状ありませんでした。

kfcp00900-4

今日の農園長たち。
↑この子はいつもはコンポストのふたの上にいるコンポストさん。
アマガエル農園長の中で一番のダイナマイトボディです。
半月ほど見かけないので心配しましたが、戻っていました。

kfcp00900-5

他にあとふたり。このふたりはまだ個体の識別がつきません。

kfcp00900-6

↑この子はたぶんいつもモチキビの葉にとまっているモチキビさん。

kfcp00900-7

不在にしている間に睡蓮が咲いてつぼんでいました。
“マンカラウボン”が咲くのは2年ぶりかな。
咲いているところ、見たかった。

kfcp00900-8

トノサマガエルを初確認。毎年一番遅くに出てきます。
そして常にぬるい水につかっています。

kfcp00900-9

やらせ。トノサマガエルに食われないうちに逃がしました。


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おかえりなさいませ~(*´▽`*)本家ブログも拝読させて頂きました。やはり、トッコさん面白いですねぇ。
難しいテーマに取り組まれているのですね。今のうち、海月さんにサイン頂いといたのがいいかもと本気で思っております(^^♪
オフ会や学生時代のご友人との再会、楽しい時間を過ごせたのですね(*^-^*)
トノサマガエルってカエルを食べちゃうのですか(゚Д゚;)
知らなかったです。

No title

わー、カエルばっかり(笑)
昔は庭にもカエルが沢山いたけど、最近では見なくなってしまいました。
たまにバケツに入ってるくらい。
みな元気でよかった!
また来てね!

オタフクのらっきょう酢?ヒマラヤにはないかも。。。
初めてきいた。

★お返事

★虎太朗ママさん>
ただいまですよー。本家ブログも読んでくださってありがとう。
トッコはもう、あまり期待せずできたことをほめてのばす方針で(笑)
アマガエルはいろんな生き物のごはんになっているようです・°・(ノД`)・°・

★矢羽さん>
短時間だけど、お会いできてうれしかったです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
お土産もツボでした(笑)
水辺の減少とか農薬の影響で、カエルが減ってきているみたいですね。
オタフクのらっきょう酢、ジップ付きパウチでらっきょうを放り込むだけというのも出ています。
うちの近所でもこのタイプは売ってないけど、便利そう。
http://www.otafuku.co.jp/recipe.php/goods/show.html?id=354

No title

古本あるあるですね。
私も何度かやってますシクシク
『カエル大百科』のアカメアマガエルちゃん、ファションリーダーになれそう。
かっこいいですよね。

アメちゃんが見つめる先に、カリ太后が(-∀-)

No title

いやあ、蛙が多くてとても幸せ。(笑)
まあ、アマゾンで安くても二百何十円か
送料がかかるし、直に見ておみやとして
購入できたのは良かったと思います。

まあ、蛙はじぶんよりか小さい蛙を
食べますからねえ。
同種でもあると思うし。

シュレーゲルもオスとメスの大きさがもう少し
開いてたら危ない感じがします。(汗)
ギリギリ大丈夫な小ささって、自然の脅威ですねえ、
まあオスが全部食べられたらシュレーゲル存在自体
危ないですもんね。
アマガエル写真集はあるのに、シュレーゲル写真集というのがわたしの知る限りなくて、
そこが寂しいです。
(アマも好きなんだけど、声はシュレーゲルが好きなのです)

No title

お〜、お帰りですね♪
買ったものを後でネットで調べるのはしないほうがですね。
買った直後に値引きやセール、とかも悲しです・・

私はアマガエルしか見たことがない・・・・ような。カエルって意外に水の近くではないところでも居ますよね。小さい頃は何とも思わなかったけど、川も近くにないうちの庭で見かけると、不思議〜と思います。

ここ数年、雨の季節になると、カタツムリって全然見ないな〜〜、と思います。いますか?

★お返事

★ゆめたさん>
古本あるあるですか^^;
そういえば古本じゃないけど、もう持っていた本をまた買ってしまい、読み始めてから「なんで続きがわかるんだろう、私って天才?」と思うこともあります。
アメちゃんのむこうは猫の ののちゃんです♪
ぱんとら家カレンダーはその後ろにあるんですよ。
ののちゃんもカリたんもキジトラで似てるかも。

★めんまねえちゃん>
楽しんでいただけて何よりです( ̄∀ ̄)
シュレーゲルちゃん同士でもそんな事故の危険が!
ううむ、ワイルドライフ…
シュレちゃん、可憐な上に声がいいというのはいいですね。
うちの近くにもいるんだろうけど、つかまえるのは難しいだろうなー。

★きぃたさん>
ただいまー。
買った後に値引きも悲しいですよね・°・(ノД`)・°・
カタツムリ、畑にたくさんいますよ!
タニシみたいな形で、黒っぽいところがナメみたいなので、お世辞にもかわいいとはいいがたいです。
アマガエルは実家あたりではあまり見たことがなかったです。
ツチガエルかな、黒茶色でいぼいぼのカエルだけは、泉のように湧き出ていました(笑)
そういえば弟さんはカエルは育てていないんですか?
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク