どんぐりと山猫

kfc00800-1

kfc00800-2

kfc00800-3

kfc00800-4

kfc00800-5

kfc00800-6

kfc00800-7

kfc00800-8

kfcp00800-1

斑入りのどんぐり。落葉樹なので今はツルッパゲです。
買ったのは楽天のこのお店→
楽天の商品検索ではあまりヒットしない謎のお店ですが、斑入り植物がたくさんあります。

実がなったところの画像は、別の生産者さんのサイトにありました。→

kfcp00800-2

宮沢賢治の「どんぐりと山猫」は、青空文庫でありがたいことにただで読めます。→
山猫は黄色い陣羽織のようなものを着て、目は緑色だったそうですよ。

kfcp00800-3

kfcp00800-4


b_kfd


ちょうどお題にぴったりのバナーがありました。
どちらでもクリックプリーズ♪


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どんぐりと山猫、なつかしい~(*'ω`*)
小学生の頃読みました。
でも裁判の場面で「?」でした。
これで解決にしちゃっていいのかな?と感じていました。

青空文庫さんのところで久しぶりに読んでみたのですが、同じとこに引っかかってしまいました(笑)
裁判、ちょっと強引な締めくくりの気が(-∀-;)

アキちゃんのちゃんちゃんこ、山猫の陣羽織と同じ色なのですね。
価値が高まった感、します( ̄▽ ̄)v

No title

すごいですね!!なんと実まで斑入りとはーーー。
写真で感動しました。
謎のショップは、きっと仕入れ担当か店長が
フイラーなんでしょうね(笑)。
どんぐりと山猫...。なつかしいです。
宮沢賢治はいっときどっぷりとはまったけれど、
どちらかというと銀河鉄道の夜とかそっち系に
はまったかも。金のどんぐりがそうじゃなくなった...
というのがわたし的には一番ショックだったかも。
光り物好きだったから(幼少時から)???

最近、物語的な漫画でこれも楽しませていただいてます。ふふふ。
しかし足の肉とかちょっと衝撃的すぎる。
兎が神様のために炎に身を投げるあれとかも、
衝撃的だし、昔話ってけっこう衝撃ですよね。うう。

鷹匠って...本当のところに
弟子入りして学んだのでしょうね...大変だ。


★お返事

★ゆめたさん>
裁判のしめくくり、作者の価値観を反映しているんでしょうね。
現代の小学生にはちょっと難しい部分があったかも。
ちゃんちゃんこはお色おまかせのセール品で、黒猫に黄色ってどうよと思いましたが、思いがけず物語とシンクロしていてよかったです。

★めんまねえちゃん>
実の縞模様がびっくりよね。お店のサイトにも載せたら売上アップするでしょうに、欲がないのかなー。
銀河鉄道の夜はアニメから入ったので猫キャラの印象が強いです。細野晴臣の音楽もよかった。
サギを捕まえて袋に入れたらチョコレートになるとか、すごい展開で好きです。←光り物より食い意地派(笑)
物語をうちの猫にあてはめると新たな発見が( ̄∀ ̄)

No title

まつぼっくりやらどんぐりやら、なんだか素敵なクリスマスリースができそうやね。(^∀^;)
どんぐりと山猫は読んだことない。そもそも宮沢賢治をあまり読んでない。
それ別のお話だから....ってのは注文の多い料理店だろーか。
マルギナータはふつうマルガリータを聞きまつがいするだろーにボラギノールて。(-∀-`; )
ともかく、時間のあるときに「どんぐりと山猫」読んでみます。
鮭の頭がポイントなんだろか。

それにしてもアキくん、虹の橋住猫になってから、すごく凛々しくなってる気がする。
写真もオトコマエの使ってもらえてるし。
海月さん、どーゆーさじかげん? ( ̄∀ ̄)

*投稿したつもりが、投稿確認画面のまま送信できてなかった・・・

★ぱんとらさん>

マルガリータやカルボナーラもあったわね。
お礼に金のどんぐりと鮭の頭どっちがいい?ってきかれて、どんぐりって言ったら山猫がほっとしたのよ。
大きくなるから樹木にはなるべく手を出さずに…と思っても、斑入りの魅力に抗えず(笑)
アキの写真、今回は緑の目がきれいに写ってるのを選んでみました。
オトコマエじゃない写真はたいてい黒マットで、裏表さえ判別できない仕上がりになってるからね( ̄∀ ̄;)

斑イラー

e-9 栽培にもじって、”栽判長”になっているところが好感です。
 作品が細かいなぁ~
 e-343  <ののちゃんより>

★kitcatさん&ののちゃん>

裁判の裁の字が間違っているのはうっかりです。ご指摘ありがとう^^;
『家栽の人』という漫画のタイトルは、わざと栽培の栽を使っているらしいですね。
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク