終着駅

kfc00795-1

kfc00795-2

kfc00795-3

kfc00795-4

kfc00795-5

kfc00795-6

kfc00795-7

kfc00795-8

kfcp00795-1

苔とかシダを見ていると落ち着きます。

kfcp00795-2

オオタニワタリの新芽が出てきました。

kfcp00795-3

実家の山からむしってきたシダの芽も出てきました。
うずまきフェチなのでうっとりします。

kfcp00795-4

めんまねえちゃんからいただいた斑入りツワブキ。
山野草は斑入りが多いのもツボなのです。

kfcp00795-5

畑の人参の脇から生えてきた雑草のナガミヒナゲシを、抜けずに温存しています。
花がかわいいんですよねー。種ができる前に抜かねば^^;

kfcp00795-6

ワイルドなナツ。砂まみれです。

kfcp00795-7


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほどー。なんかこう、説得力がある
説ではありますよね。
庭石のなんか難しい(宝石じゃない)鑑賞とか...
老後に炸裂した知人のおじいさまを知ってます。

ただ、私は動植物、そして鉱物とか全部
幼少期から並行してるんですよねー。
だから特に流れがないのかもしれません。
幼少期の鉱物といっても、たとえば海岸の
砂のなかの小さな石英とか、河原の
きれいな石を毎回ポケットいっぱいにパンパンに...とか、そういうところからですが。
あと、貝殻とか骨とか(骨格標本とか)博物的な
ものはトータルでずっと好きかも。
まあ、人それぞれで、動物や植物が苦手な
ひともいるけど、たまたま私はそういうのが
好きでよかったなーと思います。
(好きじゃないなら別の幸せがあるんだろうけど、
わたしの幸せの中心軸に動植物鉱物あたりが
鎮座している気がするので...)

シダコケ類とか、山野草というより私の場合
雑草類ですが、もう、たまりませんね。
御飯が10杯くらいいけそうですね。ウヒョ。(へんたいか)
ナツさんぷりけつ(というかけつじゃないけど)
お借りします。ツワブキの元気な姿もうれしかったです。

No title

(* ̄m ̄)ウフッ 海月おねえちゃんは植物逆走ぐるぐる周回何回転なのにゃあ!
おねえちびっこの頃から動物がいて、幼稚園の帰りなんかに変な石拾ったりしてたけど・・・植物は枯らす一方、始点&終点からWスタート、挟み撃ちって感じぃ?(* ̄m ̄)ウフッ

アタシたちはどうかにゃあ?
ちびっこの頃からチュンくんや虫さん好き、ちょびっとおっきくなると猫草!
もっとおっきくなるとお宝パワーストーン発掘ここ掘れにゃんにゃんしたりして(* ̄m ̄)ウフッ

★お返事

★めんまねえちゃん>
庭石って墓石以上に高そう。しかも凡人にはその価値がわからないという…^^;
ああー、私も石英は集めてた!
幼少期から開眼していると、長く楽しめてお得かも。
老後に開眼するほうが、いきなり大金を投資して沼にはまるんじゃないかな。
そば打ちとか、陶芸とか。
お師匠のツワブキは株分けしたほうもどちらもじわじわ育っています。
レンギョウの花が楽しみ。
ハランは成長が早くて、もう猫がかくれんぼできそうですよ。

★Gaviちゃん&TibiTibiはなびちゃん>
一度はまったものは、数年あけてまたブームが来るのかな。
おふたりのコメントで思い出しました。私も小さいころ、石を拾ってたわ(笑)
子猫って猫草には興味ないのよね。おとなの嗜好品なんだろうな。
お宝発掘、うちもしてほしい!
Gaviちゃんたちはお散歩中に何かみつけてくれたりしてね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

No title

そうそう、苔やシダって落ち着きますよね( ̄▽ ̄)

私の場合も、すべてが子供の頃から緩やかに並走している感じです。
貝殻とか、光る石なんてよく拾ってきていました。
園芸で庭造りの本なんかも好きで、よく読んでいました。
もちろん子供なので、写真主体のものをですが(笑)
現在も家の中は、貝殻集めたものやキンキラ光る石、硝子瓶なんか飾っています。

山野草にはまだ目覚めていないのかも。
あれ?でもシダ類や竹なども、山野草ですか?
竹、大好きです(" ^ ^ ")
竹林って萌えます~(笑)
さすがに育ててはいないのですが、京都や中国の竹林の映像に胸キュンしてます。

★ゆめたさん>

言われてみれば私も似たようなことをしていました。
光るものを集めるのって、子供とカラスに共通することかも(笑)
シダや竹も山野草扱いだと思われます。
竹林の緑もいいですよねー:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク