ネズミモチ

kfc00792-1

kfc00792-2

kfc00792-3

kfc00792-4

kfc00792-5

kfc00792-6

kfc00792-7

kfc00792-8

kfcp00792-1

斑入り葉のトウネズミモチ“プリン”
最近よく見かける庭木のプリペットもこの仲間らしいです。

kfcp00792-2

白と緑色がきれいで、寒くなるとピンクがのります。

kfcp00792-3

ベランダにイソヒヨドリが来たときのようす。
窓際の机の真正面に大きな原色の看板があって、まわりがアースカラーなので妙に目立って気になるのです。

kfcp00792-4

ネズミモチの葉っぱでうまく隠れました。

kfcp00792-5

『モチモチの木』でせっちん(雪隠)という言葉を覚えました。
今も国語の教科書に載っているのかな。


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

モチモチの木!

娘が小学校の時に暗唱できるくらい読みこんだの思い出しました。
確か…切り絵の挿絵だったような気がする…
雪隠ってわかるのかなぁ~~
ぽっとん便所も絶滅危惧種ですよね。あ、もう絶滅した?
トウネズミモチで目隠し…
「隠」つながりでしたか(^m^)

No title

あの緑色の看板、ネズミモチの葉っぱでほんとに消えちゃった!
すごいなぁ、看板があるようにはまったく見えないわ。
もひとつびっくり。ネズミモチと打ったら「楨」って字が出た。こう書くんだ。
『モチモチの木』のお話も初めて知りました。ググったら、1971年初版とあるから、
ワタシが小学生の時には教科書には載せようにも存在してなかったってことか。
トウネズミモチ“プリン”のうっすらピンクのアップをみて、
我が家の紅葉したまんまのシラユキカズラを思い出したわ。(^ω^;)
ワタシは雪隠ってコトバ、何で知ったんだろ・・・ 漫画だった気がするなぁ。

↓めんまねえちゃんも書いてるけど、
関西でも「ちり箱」は使ってましたよ。なんとなく室内に置いてる小さいのが「ちり箱」で、
外に出してある大きいのがゴミ箱みたいな印象。
でも、今はうちの母もすべて「ゴミ箱」って呼んでるけれどねー。(-∀-`; )

あ、事後報告になっちゃったけど、イソヒヨドリの写真お借りしましたー。
使用許諾(笑)をいただいてるロックンの絵のコマとともに、
ベランダーと猫ブログの両方で使わせてもらってま〜す。ありがとう!

★お返事

★gerogeroさん>
トウネズミモチは目隠しの植木で定番らしいですよ。
鳥が好むので実生しすぎて、要注意外来生物になっているみたいです^^;
知人も小学校でモチモチの木を暗唱させられたそうですよ。
学習指導要領にそういうのがあったのかな。
あの絵はインパクトありますよね。
実家が昭和60年頃までぽっとん便所でした。
小さい頃、おっこちかけて怖かった( ̄∀ ̄;)

★ぱんとらさん>
看板が隠れている写真は、ちょっと下から撮ったのよ。←ズルやん
一文字で楨って、難読漢字検定に出そう。鼠黐って字もあるのね。
漢方にすると「女貞子」っていうらしいのは、その一文字からきてるのね。
モチモチの木って意外と新しいんだ。

小さいのがちり箱で大きいのがゴミ箱。そのスケール感、わかるわー。
写真使ってくれたのね、楽しみ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

No title

『モチモチの木』知ってます。あの絵、というか切り絵?のインパクト大ですね。同じ作者と絵の組み合わせで幾つか絵本があり、よく読みました。

しかし何でもすぐ忘れてしまう私、ストーリーが『3枚のお札』になっています(笑)全然違うじゃん!

イソヒヨドリがベランダに来るなんて〜〜〜。うちにはただのヒヨドリです。
斑入り葉のプリン、きれいですね!絵のように奥行きを感じます。

看板

e-9 1コマ目を読んだら、「ぜったい、2コマ目は”夜、看板を外しに行く…”って想像しました。
 今回はソフトな対応なのですね~♪
 ねずみもちの、あの小さな花が密集しているところが好きです。
 フイラー全開ですねー
 e-343  <ののちゃんより>

No title

雪隠の出てくるモチモチノキさんのお話しらなかったにゃあ!
モチモチの木なんて何だかおいしそうなお名前なのにゃあ!
ネズミモチ?べたべたしたお餅みたいなのでネズミ捕りに使うぅ?@@!え゛~っ、ネズミの糞?
・・・って???になってたら、それはトリモチだったのにゃあ!(6 ̄  ̄)ポリポリ

看板隠せてよかったにゃ!^^b

No title

前のめんま家にネズミモチのでかい木があったから
薬酒をつけたけど、ものすごいドドメ色のお酒で、
あのにいちゃんが、いまだに飲まずにあるという...
(ようするに5年10年ものってこと)

会社を探すにはものすごいインパクトがある
看板のほうがありがたいこともあるんだろうけど、
常にこの蛍光色が見えてるといやですねえ。

あっそうそう、ちりばこ、たぶん(おぼろげだけど)
学校でも普通にみんな言ってたと思いますよ。
「ちり紙」っていう地域だとしたらちりばこも
普通なんじゃないかなとか...

★お返事

★きぃたさん>
モチモチの木の絵、インパクト大ですよね。
小さい頃だとトラウマになりそう。
三枚のお札もたしかにちょっと怖い話でした(笑)
イソヒヨドリは何をしにきているのかナゾです。好奇心旺盛なのかな。

★kitcatさん&ののちゃん>
看板はけっこう大きいものなので、やるなら重機が必要です(笑)
ネズミモチの花は香りで虫が集まり、実は野鳥の好物らしいです。
しかも斑入り。いい買い物でした♪

★Gaviちゃん&TibiTibiはなびちゃん>
モチモチの木は秋に実をたくさんならせて、粉にして団子にするとほっぺが落ちそうにおいしいらしいですよ。
モチノキはとりもちがとれるみたい。
看板、穏便に隠せてよかったw

★めんまねえちゃん>
そうそう、めんまねえちゃんの前のおうちにありましたね。ネズミモチ。
お酒につけたの、にいちゃんさえ飲まなかったか(笑)
看板がたくさん並んでいたらあきらめもつくんだけど、これ一個だけしかもものすごく大きいんですよ(゚ーÅ)
ちり箱、関西でも言うんだ…トッコをどやしつけておかなきゃ(笑)
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク