看取る

kfc00777-1

kfc00777-2

kfc00777-3

kfc00777-4

kfc00777-5

kfc00777-6

kfc00777-7

kfc00777-8

kfcp170205-1

1年前、仲良くくっつくアサヒとアキ。

kfcp170205-2

kfcp170205-3

アキが亡くなる2日前、ちょっとよそよそしいアサヒ。

kfcp170205-4

亡くなって3日後、アキを探すアサヒ。

kfcp170205-5

ナツがなぐさめますが…

kfcp170205-6

kfcp170205-7

パコッ。

kfcp170205-8

遺影はハル母さんと一緒に写ったものにしました。


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

トッコさんそんなコトしてると憑かれるでちゃんと人見てんだから(-"-;)

No title

トッコさん、かげで泣いてた...とかそういうのじゃなくて、大変な状況というか、プレッシャーに
耐えられないタイプだから逃げたのかしら???
いかんですよー、お別れは1度しかないのですよう!!

いままでのなかでは、鳥のお別れが一番
嘆き悲しんでるなあ、さみしがってるなと
思ったかも...あとは多頭は犬しかないけど、
表面に出ようと、そしてもしも何も思わなかろうと、
別にそれが悪いことでもないですしね。
むしろあまり嘆き悲しまれてがっくりこられると...
アーニャちゃん、アキさん、においが違っていたのかなあ。いま探してるって切ないです。

No title

トッコさん、そうでしたか・・・アサヒと同じ心境だったのかもね。(^ω^;)
あとで心の中で在りし日のアキを探してたよきっと。
アサヒの行動は、カリが亡くなる前のロックンキンちゃんと一緒。遠巻きだった。
ただロックンは、夜、カリの骸のそばで泣いてるワタシの隣にきて
しばらくいたんよねぇ、最後までカリの傍には近寄らなかったけれど。
動物の勘というか、いつもと違うことはわかるはずだし、そういう状態の動物に近づけば
自分も危険にさらされるとDNAにインプットされてるのかも。
トッコさんにも野性の勘ありってこと? 今野性の勘というと、
狩野英孝を思い出すが・・(笑)

慰めるナツがかわいい。いいやつ。
ハル母さんと一緒の遺影ってこの写真? とってもいい写真だねぇ。
被り物のアキ写真も捨てがたいけどね。(笑)

それにしても亡くなる2日前のアキ、そんな風にまったく見えない・・・

未完ハウス

e-9 アサヒちゃんが、アキさんを探しているところが、ちょっとしんみりします。
 喪失感なのかな…
 でも、まぁ何とかニャンズ社会が一体化して良かった…
 ご実家の職業柄か、ミカンハウスの連続が見事。飼い主はどこに寝るのかっ?  な
 ハル母さんと写っている写真…。子どものはずのアキさんがやたら大きい…
 e-330
           <ののちゃんより>

★お返事

★慎さん>
トッコが帰宅するとアキが玄関まで出迎えにいって、シャーっと威嚇するのが日課でした(o´_`o)
嫌いなら出迎えなきゃいいのに、律儀な子です(笑)

★めんまねえちゃん>
そう、トッコは深刻な状況が苦手なのです。
鳥同士のスキンシップって濃密ですもんね。
しゃべる鳥に先立たれた人間も、かなりの喪失感だとか。
腎臓を悪くすると口臭がひどくなるので、それでみんな避けていたのかな(゚ーÅ)
群れで暮らしていた頃の、本能的なものなんでしょうね。

★ぱんとらさん>
死を避ける動物の勘、私もそんな気がします。
ロックんはぱんとらさんがしょんぼりしているのを見て、はげまそうとしてたんかもね。
一説には飼い主が弱っていると飼い猫が「死んだら食える?」と思って取り囲むんだって。
私が腹痛で寝ていて釈迦涅槃図になっていたのがまさにそういう状況(笑)
被り物の写真はまたブログに載せるわよ( ̄∀ ̄)

★kitcatさん&ののちゃん>
アキが息をひきとるところをアサヒは見ていないので、もしかしたらどこかに行ったと思っているのかも(゚ーÅ)
ナツやフユにはアキほどの包容力もボリュームもないので、よけい寂しいんでしょうね。
みかんがベッドの半分を埋めているので、飼い主はそれをよけて寝台車のようなかんじで寝ています。

No title

そうですよね。自分と一緒に暮らしてる動物たちより先に逝くわけにはいきません。ちゃんとみんなを看取ってからじゃなきゃ。

★のろのろさん>

飼っている動物より長生きしなきゃね。
あと何年元気で動物のお世話ができるかわからんけど、子猫を飼いはじめるなら今が最後のチャンスかなと思ったり(笑)
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク