盛り土

kfc00764-1

kfc00764-2

kfc00764-3

kfc00764-4

kfc00764-5

kfc00764-6

kfc00764-7

kfc00764-8

kfcp170122-1

昨日の植物園エアプランツ展での戦利品。
じつは売店目当てで見に行ったのでした^^;
いい苗が市価の数分の一なんですのよ奥さん。

kfcp170122-2

大きい順にストリクタ600円、コットンキャンディ(花芽付き)400円、イオナンタ300円。

kfcp170122-3

展示品の“アエラントス・ミニアータ”
こんなマリモみたいになるには十年以上かかるようです。
花が咲くとまたきれいなんでしょうね。

kfcp170122-4

ウニ殻をくっつけてジェリーフィッシュ仕立てにしました。
特大ウニに合うサイズの苗が、安く手に入ってよかった。

kfcp170122-5

ロフトベッドの下が植物だらけなせいか、エアコンつけっぱなしでも室内の湿度が50%を切ることがめったにありません。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

緑のお指の持ち主が多いお土地柄なんですね!
バラや菊(んっ?)その区間区間でお好みの植栽、たっのしいと思うのにゃあ!
ちょっとちょっと海月おねえちゃん奥様ぁ!
お安いじゃございませんことぉ!
お買い物上手なのにゃあ!

三つ編みおねえさん、ごめんにゃあ!↓

No title

フリーダム!(笑) いいですね、植物を楽しみたいという気持ちは伝わってきます。<ほんまか(^ω^;)
お供えにはわろたけど、なんかわかる。お供えになってしまう
そ地方都市高齢住人キャラ。(笑)
しかしエアプランツがそのお値段とは!買い物上手やねぇ・・・(^艸^)

↓金の卵。母の幼少の頃も、フツーにじいちゃんが鳥締めてたらしいわ。
鳥かわいいよね。酉年だからってんじゃないけど、眺めてるだけでとワクワクします。
そういえば、関西に住んでた頃のご近所公園の大きな池に飛来する白鳥に、
鳥インフルエンザがみつかったらしく、悲しいわ・・・

No title

勝手に植物をいろいろとやってるところ、
ありますよね。自分の家かというレベルのところも
時々見かけますが(前の家のそばにあった)
あれは、近くのかたの心が優しいのだろうとも
思ったり。そういう指標にしてます。(笑)
うちはそういう作りじゃないところにいたけど、
暗渠とかのそばの家とか、すでにそのあたり、
そのお宅の庭感100%でしたもの...(プランターとか発泡スチロールの
箱だらけで自転車も通りづらくなっていた)

エアプランツの展覧会たのしそう。
あはは、初日のね。展覧会にありがちですね。

カスタマイズ…

e-9 ジェリーフィッシュが圧巻 e-2
 夜な夜な動いたら、キモを冷やしちゃいそう…
・ 近所の県道で、1軒ユズの木を植えちゃって、収穫している家があります。
 今度、写真を撮らなくっちゃ…
 e-94
           <ののちゃんより>

No title

ベッド下が火星人来襲みたいになってますね
胡蝶蘭とか咲き出したらまた雰囲気変わるのかな
楽しみです

★お返事

★Gaviちゃん&TibiTibiはなびちゃん>
画一的な植栽も美しいけど、個性があるほうが見ていて楽しいです。
うちの庭先につつじがあったら、うさぎのトピアリーにチャレンジしたい(笑)
いくつになっても、お姉ちゃんと呼ばれるとうれしいな( ̄∀ ̄)

★ぱんとらさん>
いとうせいこうのプランツウォークそのままな自由空間だったよ。
バラ(?)が咲く頃また見に行かなきゃ。
売店のお姉さんに、「新しく仕入れがあるから、会期中にまた来てくださいね」って言われたよ。
ちょっと遠いからさすがにもう行かないけど^^;
田舎のサバイバルスキルってすごいよね。身の回りのものたいがい直したり作ったり。
専門家が集まって分業化するのと真逆だわ。
インフルの白鳥がいた池、あのへんに住んでたのね。阪神間の池というと、つい「火垂るの墓」を思い出してしまうわ( ̄∀ ̄;)

★めんまねえちゃん>
地続きの空間を自宅のように掃除するのと通じる感覚なのかな。
さすがにネギとか植えるのは違う気もするけど(笑)
通行の邪魔になってはいかんね。私も気をつけよう^^;

★kitcatさん&ののちゃん>
ジェリーフィッシュが天井にあったら、キャトルミューティレーションごっこになりそう。
県道にゆず…写真楽しみです。収穫はどうするのかな。うちの近所も昔家が建っていたような空き地に、つばきや柑橘が生えています。がけじゃなかったら取りに行ってたかも。

★のろのろさん>
火星人来襲、まさに(笑)
胡蝶蘭が咲くのは春になってからかも。
あまり暖かくなると花持ちが悪いので、真冬に咲くほうがうれしいのだけど、蘭もシクラメンも2年目は春になっちゃいますね。
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク