エアプランツ展

kfc00763-1

kfc00763-2

kfc00763-3

kfc00763-4

kfc00763-5

kfc00763-6

kfc00763-7

kfc00763-8

kfcp170121-1

姫路市手柄山温室植物園のエアプランツ展。
エアプランツは寒さに弱いので、会場は暖かかったです。

kfcp170121-2

手のひらサイズでも数千円はする、キセログラフィカ様。
花は意外と地味。

kfcp170121-3

海月の度肝を抜いた巨大ビカクシダ。
品種は“ビフルカツム”らしいです。

kfcp170121-4

エアプランツはパイナップルの仲間。
小さなパイナポーも展示されていました。

kfcp170121-5

kfcp170121-6

この施設はほんとに変なオブジェが多いです。

kfcp170121-7

寂しがり屋のコマ姉さん。お留守番がんばりました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

エアープランツといえば西部劇の風の中をコロコロ転がっていた草を思い出すけどあれは違うのかな?葉っぱから空中の湿気を取り込むから乾燥地のは違うか…
しかし名札引っこ抜いてくるのはびっくりしますね。正確に教えようとしたにしてもね。

★のろのろさん>

西部劇で転がっているのは回転草とかタンブル・ウィードといって、ヒユ科の植物だそうな。
大発生して通行の邪魔になったり、火災を拡大したりもする厄介者らしいです。

No title

ビカクシダさんって言うのにゃあ!
今日魚柳梅あるかなぁ・・・ってガーデンショップ行ってなにこれぇぇぇ!っていう子がいてこの子だったにゃあ!
もちろんこんなにおっきくないにゃ!
名札ひっこぬいてきて教えてくれたおにいさん、かわいいのにゃあ!

★Gaviちゃん&TibiTibiはなびちゃん>

ギョリュウバイ、かわいいよね(*´ω`*)
ビカクシダが最近またブームらしいんですよ。
実家にも40年くらい前、祖父が育てていたのがあった記憶が。
ブームはめぐるのね。
名札を抜いてくれた職員さんは女性ですw 長いみつあみが印象的でした。
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク