豆ときなこ

kfc130401

kfc130402

kfc130403

kfc130404

kfc130405

kfc130406

kfc130407

kfc130408

kfcp140914-1
豆を植えまくった2013年。
豆は連作障害が出るので、しばらく植えるところがないです。

kfcp140914-2
紫花豆の花は朱色できれいでした。
ぜんぜん実がならなかったけど、花を拝めただけでもよかったです。

kfcp140914-3
きなこをはちみつとぬるま湯で練った「インチキすはま団子」。

kfcp140914-4
緑っぽいのは抹茶入りです。

kfcp140914-5
甘納豆を入れて包丁で切ったバージョン。

kfcp140914-6
「きょうの料理」でやっていたきなこバー。
レーズンやナッツを入れて平にのばし冷蔵庫で半日寝かせ、
包丁で切ったもの。
包丁で切ると猫フン感が軽減します。


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは❗️

どれもこれも旨そうですね(≧∇≦)
ワタシも豆は大好きだなあ〜(≧∇≦)

No title

うちも落花生作ってますよ〜〜。地元はやせた土地なので落花生が特産品?です。
母も祖母も大好きです。私はあまり・・(-_-;)
炒ってかたくなったのは美味しいですけどね。ゆでたのがどうも苦手です。
小さい頃お菓子と言えば落花生そのものか、落花生の豆菓子でした。懐かしいです。

私は枝豆が一番好きかなぁ(笑)

すはまもどき

v-21 すはまもどきは、ご紹介いただいたとおりうまくいったのですが、これを麦焦がしで作ったら、色は素朴で上々なのですが、何とも食感がザラついて△でした。
 ハチミツが高価なので、水あめを代用にしていましたが、そのままなめることがあって、結局蜂蜜をかうことに…

              <ののちゃんより>

No title

マメ、まくの楽しいですよね。フフフ。
変な匂いなのはちょっとあれかな。
ぬかのにおいは好きだけど。

ネコフン(笑)
包丁で切る、なるほど。確かにネコフン感が減りそうです。

確かに. . .
リンゴとかって、前のうちでも種まきしたら、
とうとう抜けなくなってしまったもの。
根っこ処理もつらいし。
そのまま転居して置いてかれて転居先不明になったら、
処分費用がばかにならないのかも。といっても、
私は果樹とか植えたくなるタイプなので、
なかなか. . .厳しい条件ではあります。
成長が早めだったらリンゴ. . . かな?(体験的に)

初めまして!

お邪魔します(^^)
すはまもどき?きな粉で作れるんですか(@0@)
お気に入りの団子屋さんがおはぎを買ったら
山盛りきな粉を入れてくれるんで、
家にいっぱいたまっています(笑)
今度作ってみます。

★お返事 1

★foochさん >
豆ってシンプルな料理の方が味が生きる気がします。
肉をあまり食べられない場合、豆ってほんとありがたいですよね。

★きぃたさん >
ゆでた落花生、鹿児島で食べてました。落花生産地ならあるんですね。
奄美のおやつで黒砂糖をまぶした落花生があって、すごくおいしいんですよ。他の土地にもあるのかしら。
枝豆、こないだガッテンでおいしいゆで方をやっていたので試してみたいところです。

★kitcatさん >
麦焦がしもおいしいですよね。粉のままなめてげふげふなることもあります(笑)
そうか、水飴でもいいんですね!蜂蜜は国産は高価なので、こんど水飴でもやってみたいです。

★お返事 2

★めんまねえちゃん >
豆って成長が早いし花もかわいいし、楽しめますね。
果樹を植えられる貸し農園ってあんまりないのかな。
海外だと果樹植えて小屋もついていて何日も泊まったり…うらやましいです。
リンゴ、梨より成長が早い感じなのね。
畑のは暑さにも弱ってなかったので、洋梨ではない気がします。りんごか和梨かなあ。

★gerogeroさん >
ご来訪ありがとうございます^^
おいしいおはぎのきなこなら、おいしいのができそうですね。
余ったきな粉を集めて保管されているんですか。
食べ物をムダにしない姿勢、立派です。

遅ればせながら

どうしても、一言書きたかったのは・・・
ウサフン赤えんどうの横のウサギさん可愛い(!v!)
豆を入れたお皿も優雅でなんだか芸術的。
すはまもどきも、作ってみたいです(^o^)

★ななみみずさん >

★ななみみずさん >
ウサフ…いえ、赤エンドウの横のうさぎに気づいてくださってうれしいです。
豆を入れている小皿は、実家にあった骨董品です。
すはまもどきはかんたんだし冷蔵保存できるので、ちょっと一口なにかほしいときにいいですよ〜。
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク