こんにゃくを作る


kfc00733-1

kfc00733-2

kfc00733-3

kfc00733-4

kfc00733-5

kfc00733-6

kfc00733-7

kfc00733-8

kfcp161209-1

今回収穫したこんにゃく芋。
子芋はまた埋めておきました。
こんにゃく芋は寒さに弱くて、産地では毎年掘りあげて春にまた植えて3年かけて育てるみたいだけど、うちの畑のは植えっぱなしでもどうにか越冬しています。

kfcp161209-2

猫には見せるだけでさわらせません。
こんにゃく芋に含まれるシュウ酸カルシウムは毒なのです。
猫の尿路結石もストルバイトとシュウ酸カルシウムでしたっけ。

kfcp161209-3

洗った芋の皮を剥いてさいころ状に刻み、水と一緒にミキサーですりつぶし、鍋で15分くらい、かきまぜながら煮ます。

kfcp161209-4

きれいにすりつぶせていなくて粒が残っていました。
粘りが出て焦げやすくなるので、ひたすら混ぜて、凝固剤の炭酸カルシウム水溶液を混ぜて容器で一晩固めます。
緑色のは海藻のアオサ入り。

kfcp161209-5

kfcp161209-6

翌日、切り分けてお湯で1時間ゆがいて完成。わさび醤油でいただきました。
作り方はクックパッドを参照したので、ベロはかゆくなりませんでした。
前回のこんにゃく作りのようすはこちら→

kfcp161209-7

実家で野生化しているこんにゃくの花。
花が咲いた芋は枯れますが、まわりに子芋ができて少しずつふえていきます。
うちの畑のもここの芋の子孫です。

kfcp141007-4




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご実家、もはやなんでも生えてるようなきがする...
こんにゃくは前にも見せていただいた覚えはありますが。
海月さんほんとにまめですよね。
手作りコンニャクを知人に頂いたことがあるけど、
くせがなくてするするといくらでも食べられるような
美味しい素直な味だったです。きっとこれも美味しいのね。

蜂蜜、あー、そういえば昔住んでたところ(前の前の...)蜂蜜専門店がありまして、そこにCWニコルも
おろしている(彼も養蜂やってるらしい)けど、
なんかちゃんとやってないのか、あるいは
日本みつばちかなにかで気まぐれなのか、
いついっても「入荷待ち」でした。(笑)
コーヒーの花の蜂蜜とか、ほんとにコーヒーの味とか
するし、食べ比べるとほんとに面白かったです。
お父様に頼むのはデンジャラスですよね。確かに。

No title

@@!こんにゃくいも、できちゃったりもしちゃうのにゃあ!
お花も観葉植物かちょっと危険なジャングルのお花みたい!
見せてくれてありがとお!

↓ジャガランタさん越冬がんばってみるねー!
教えてくれてありがと!

★お返事

★めんまねえちゃん >
鹿児島は霜が滅多に降りない場所もあり、熱帯植物が露地で越冬したりします。
年頭の寒波で今年はそれらがだいぶやられちゃったみたいです。
自家製は売っているこんにゃくとはまた違った感じですね。
トッコは警戒して食べません(゚ーÅ)
CWニコルさんってヒグマと闘いつつ鮭を釣っているイメージ。
蜂蜜まで売ってるのでしたか。やはり熊(笑)
実家のはちみつは養蜂業の人が近くに来た時に作業してもらえるといいなあ。
とるのも大変だし、専用の機械がないと分離が難しいですもんね。

★Gaviちゃん >
こんにゃくの花、芋から先端まで2m近くあってびっくりしますよ〜。
しかも受粉をハエにたすけてもらうために、腐臭を放つという…( ̄∀ ̄;)
ジャカランダさんがぶじ越冬できますように。
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク