カリンカ


kfcp161022-1

アサヒ「kitcatさんから、いただきものやで」

手作りの紫蘇の実漬けとガマズミジャム。
kitcatさん、いつもありがとうございます。

kfcp161022-2

キリン「紫蘇の実漬けはおにぎりにしました」

醤油味が香ばしくて食欲が増幅されます。

kfcp161022-3

エビス「ガマズミジャム、きれいやな」

ガマズミの実がジャムになるとは、知りませんでした。
甘酸っぱくてヨーグルトにもぴったりです。
ロシア語でガマズミを「カリンカ」というそうな。
カリンカ、カリンカ…というあの歌は、若い女性に「私のガマズミちゃん!」と呼びかける感じらしいです。
こちらにくわしい解説が→

「私のガマズミちゃん!」「庭には私のエゾイチゴが!!」
というフレーズの繰り返しが結婚式や恋の歌になるとは、ロシア人ミステリー。

kfcp161022-6

海月ファームのワイルドストロベリー。真夏と真冬以外はぽつぽつ実ります。
酸っぱいんだけど、赤い実っておいしそうに見えますねえ。

kfcp161022-7

ベランダのアセロラ。これもかなり酸っぱいです。

kfcp161022-4

昨日掘ったサツマイモは、りんごと一緒に砂糖を少しいれて煮ました。

kfcp161022-5

見慣れないサツマイモを警戒するもんじろう氏。
最後に食べたのが1年前だから、忘れているんでしょうか。
このあとすごい勢いで完食しました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カリンカ

e-9 オシャレな瓶詰めがベストなのですが、特約ゆうパックが厚さ2cmまでなので、いつも、詰め替え用みたいな袋入りです。
 ガマズミは、赤シソジュースのように紫がかってなく、コップに溶かすと赤い宝石のようです。
 (例の)ハンドジューサーを動員しました。
 昨年は、生で絞ってから煮詰めたのですが、大量に作っている方に聞いたら、実に火を通すとやわらかくなるので、それから絞ると力が要らないそうで、今回はかなり楽でした。
 しかし、種の体積が半分以上あって、商売には向きませんねー。
 うちでは、寒天で固め、サイコロ状にしてグラスに入れ、白ワインと炭酸水を注ぐと超オシャレです。
 Youtubeでカリンカの曲を聴いたのですが、「あぁ、このメロディーがカリンカなのか…」と、初めて題名とマッチしました。
            <ののちゃんより>

★kitcatさん&ののちゃん >

★kitcatさん&ののちゃん >
ごちそうさまでございました :*:・( ̄∀ ̄)・:*:
環境に優しいリサイクル箱といい、コンパクトな袋といい、ナイスですよ。
ハンドジューサーを使われたのですね。
種を取り除くの、大変でしたでしょう。
白ワインに炭酸水...φ(.. )
寒天やゼリーにしたらまたきれいでしょうね。
ロシアにもガマズミがあったとは。北国の貴重なビタミン源なのかも。
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク