うさぎの都市伝説


kfc00665-1

kfc00665-2

kfc00665-3

kfc00665-4

kfc00665-5

kfc00665-6

kfc00665-7

kfc00665-8

kfcp161001-1

kfcp161001-2

ぶち模様のもんじろうは、爪も無色と茶色の2色。
今は亡き黒うさぎのばんじろうは爪も真っ黒でした。
猫は黒猫でも爪は透明です。
爪の数は猫もうさぎも前足が各5本、後ろ足が各4本。

kfcp161001-3

kfcp161001-4

アキと親愛のごっつん。

kfcp161001-5

kfcp161001-6

もんじの美尻の秘密はアスベルの水切りかご型番4308
ペットシーツ(ワイドサイズ)を中に敷いています。
すのこのメッシュが、足にやさしくウンコは下に落とす絶妙なサイズなのです。

kfcp161001-7

洗い替え用にもうひとつ買って来ました。
うさぎの尿はカルシウムを多く含み、トイレにこびりついた尿石はクエン酸でつけおき洗いするとよく落ちるそうな。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは〜

ワタシは、哺乳類はわんこかにゃんこしか育てた事がありませんが、
肉球がなくて、爪がある足がイメージできませんが、例えばどんな足?

先生、質問です!

専用トイレがあるということは
ウサギって自らトイレで用を済ませるのですか?
そこらへんにコロコロしたものが散らかるってことは…ない?
ちょっとウサギに興味が出てきました。ウフフ♪

★お返事

★foochさん >
うさぎの手足は、骨に薄い肉と皮がついていて、毛が生えています。
にぎった感じは弾力がなくて、すすきの穂を束ねたみたいかな。
濡れるとそれはもう残念な感じです(笑)

★gerogeroさん >
トイレはわりと守れるようです。
男子で縄張り意識が強いと、わざとそこらじゅうにマーキングする場合もありますが、基本同じ場所でします。
ただ、寝ている時にフンがころころ何粒かこぼれることはあります^^;
フンは乾燥してるし、尿は無意識に出ちゃうことはないので、トイレ以外はめったに汚れません。
うさぎはいいですよ〜。gerogeroさんちなら野菜くずもたくさんあるでしょうしw

トイレ

おお~これですか、もんじろうさんのトイレは!
うちのは普通にジェックスの三角トイレで、ペットシーツ+ヒノキの猫砂使っております、お尻が汚れるのはおしっこのときに尻尾が上がってないんでしょうかね??
イラストにもあるもんじろうさんの股間の2つのタラコ(?)ちゃん、ウチの黒ウサのは、ひっくり返されて嫌なことされるとシオシオ~~~ってしぼむんですw

★ブチusagiさん >

三角トイレは先代のばんじろうがお迎え当初に使っていました。
売れ残っていたショップでは、1辺20cmくらいのミニサイズのトイレに上手に用を足していたけれど、やっぱり大きい方がお尻は汚れにくいかもですね。
もんじもひっくりかえすと明太子がしおしおになります。
絵なのでちょっと盛ってみました(笑)

No title

うさぎのこと、仕事関連で調べたことがありました。
そういえば...フードのこととかトイレのこととか、
掃除道具のこととか。
専用の尿石とるのまであるんですよね。
お試しの様々な草のタネとかもなかなか興味深かったです。もんじちゃんは、トイレもいいのを
用意してもらってるのもあるけど、ちゃんと
爪切りも定期的にしてもらってるとか、ケアが
行き届いているからこその美しさなのかも。
(足とかも)
うさぎ、かわいいなあって思いますが、
専門医がそばにいないというのとかもあって、
(一応診療する、程度の病院しかない)
そのへんもちょっとハードルがあるかも。
うさぎ、ハムスター、フェレットなどは
もう飼育してる人も多いから、とりも含めてですが
もっと専門医が増えてもいいのに。
人間の歯医者はコンビニより数が多いそうですが、
そこを減らして専門医を増やせば...って思ったり。

でも、動物病院も、ワクチン打つだけで家がたつという
噂だし、その手のだめ病院、数だけは多いですね。

★めんまねえちゃん >

うさぎ飼育情報も、まだまだ埋もれていることがありそうですね。
専門医はたしかに少ないのかも。
飼育数も犬猫とかわらないくらいメジャーなんだし、もっと増えて欲しいな。
うさぎはワクチンシステムがないのと、具合が悪くなってからの展開が早くて、もうかるかどうかという点では微妙なのかも(∋_∈)

No title

え、うさぎって犬猫レベルの数飼われているんですか・・・
確かに、病院にはなかなか来ないし、来ると扱いに緊張するから「来るな」って思ってます(笑)
歯がずれちゃって一生切るとか、やめて欲しいです・・・

そして意外と凶暴ですよね。噛む個体をいくつも見ました。うちでも以前噛むコを飼っていましたが、シャレにならないくらいの深い傷になります。事故で猫と同じ部屋に居た時間があって、猫の心配をしたほどです・・
お互いビビって何事もなく済んだのですが。

アキくん、親愛は力加減しているのでしょうか(笑)ごっつん、はけっこう強力ですよね。
ジュローは黒い爪もいくつかありますよ。アキくんと違うのね。

★きぃたさん >

ペットフード協会しらべでは飼育頭数は2014年で犬と猫がそれぞれ1千万頭くらい、うさぎは2010年で160万頭でどんどん増加中だとか。
http://sakai-vh.com/diary/ウサギ/国内飼育頭数/
うさぎもそのうち犬猫に肩を並べるかも…
診察台から落ちて骨折とか、恐いですよね。うちのかかりつけ獣医さんは床にしゃがんでひざの上で診てました。
噛む子、実家の保護うさぎにもいます。立派なたてがみのライオンラビットで、噛まれるとそうとう痛いらしいです。それで捨てられたんだろうと父が言ってました。
猫は瞬発力で逃げるかもだけど、どんくさかったり目の前に手を差し出したりしたらまずいですね(゚ーÅ)
アキの親愛は加減していたようです。あいさつが済むと解散してめいめい勝手に過ごしていました。
ジュロー君の爪は黒いのもあるんですか!そこは瓜二つじゃなかった(笑)
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク