ハオルチア


kfc00609-1

kfc00609-2

kfc00609-3

kfc00609-4

kfc00609-5

kfc00609-6

kfc00609-7

kfc00609-8

最近のハオルチア盗難事件では、事前に怪しい中国人女性が見学に来たとのこと。
ハオルチアブームで価格高騰している中国へ、転売目的で大量に盗まれているそうな。

kfcp160806-1

水晶のように美しいハオルチア“ピリフェラ錦”
うちで殖えたのをめんまねえちゃんにもらっていただいて、大事に育ててくださったもの。
(めんまねえちゃん、写真お借りしました)

kfcp160806-2

エケベリア“紅司”
丈夫で初心者向きと言われる多肉植物ですが、うちではけっこう夏の暑さでやられることが多いです。

kfcp160806-3

エケベリア“パールフォンニュルンベルク”
これも梅雨時に蒸れて煮えてしまいました(゚ーÅ)

kfcp160806-4

ガステリア“臥牛(がぎゅう)斑入り”

kfcp160806-5

旧友マギーさんからいただいたサボテン“短毛丸”
棘があるので猫が届かない場所に吊るしてあります。
今年は咲かせられなかったけど、枯らさなかったのでよしとしましょう。

kfcp160806-6

新入りのサボテン“フェロカクタス”と“股若”
これも棘があるのでどこかに吊るさないと。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうそう。ハオルチア協会(ハオルシア協会)のホームページみてたら、
中国人がひとり捕まっていましたよね。違いましたっけ。
群生してる花のなかで一輪つむ、みたいな
(美女と野獣のベルのお父さんみたいな?)
花泥棒、には罪はない(って、ベルのお父さんは
娘を差し出すはめになりましたけども)
のかもですが、
こういう「根本からごっそり」「売るためにぜんぶ」みたいなのは、ただの大掛かりな窃盗ですよね。

うちのハオルチアは冬越しがあれで、悲しいことになってしまいましたが...(涙)その前に、何度か子供もできて人にさし上げたこともあったんだったなあ...
またハオルチア、特に窓がきれいなの、育てたいなあ。それでもし子供ができたらもらってね。ってまだ育ててもいないくせに言ってみる。

多肉って、ダメになるときはだめになりますよねえ...私にとっては難易度が高いほうかも。
あっ、写真はいつでもどれでも使ってくださいまし。

No title

うちに臥牛ある~!
あと、細胞分裂みたいに真ん中から割れてくるやつ(名前失念)
あとは一般的?な月兎耳を数年育ててたけど、何かあると世話がおろそかになるので…だめになってしまいました。

★お返事

★めんまねえちゃん >
そうそう、一人つかまっていました。同様の窃盗が去年から何件もあったようです。
日本のクサガメかイシガメも中国で高値がつくのでごっそり盗まれているそうな。
なんというか、きれいだから欲しいというのではなくお金のためというのがねえ…
めんまねえちゃんちでも子孫ができてもらわれていったのですね。
うちでとどめを刺したのでなくてよかった(笑)
写真ありがとうね〜 :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

★矢羽さん >
臥牛もあるのね。
真ん中がお尻みたいに割れるやつ、リトープスとかメセンと呼ばれるものでは。
あれも夏越しが難しかった記憶が。
月兎耳も育てた事あるわ〜。熊童子とか、見た目がかわいくてねえ(o´_`o)
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク