江戸の稗蒔

kfc00607-1

kfc00607-2

kfc00607-3

kfc00607-4

kfc00607-5

kfc00607-6

kfc00607-7

kfc00607-8

kfcp160804-1

「稗蒔」の情報は『園芸JAPAN』8月号より。
この雑誌は初めて買いましたが、マニアックでびっくり。

kfcp160804-2

うちで稗蒔を作るなら、牛を添えたいです。

kfcp160804-3

kfcp160804-4

1年前の写真。当時はみんな仲良く草をはんでいたのに...
またこういう光景が見られるといいなあ。

kfcp160804-5


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

稗蒔!(@0@)
盆栽といい、日本ってミニチュアの伝統があるのですね。
昔からカワイイ文化があったのね(^^)

↓蛙田浦太郎氏はどちらで? 
マツキヨでお会いできるのでしょうか~

★gerogeroさん >

箱庭とか、小さいものはすべからくかわいいですなあ( ̄∀ ̄)
蛙田主任はマツキヨにあるらしいです。うちの近所にはマツキヨがないので、ネットで買いましたw

No title

稗蒔って、「遊び」なんだ。どれだけ粋な青田かを競うとか?
フィギュアコレクターとかもいたりしたのかも。(^艸^)
海月さんちの牛のミニチュアみて、わたしもひとつ買ってんだけど、
ニャンキーにどっかに連れ去られてしまって行方不明よ。(;´Д`)

そう、またみんにゃ仲良く輪になって草をはむ日はくるわよ、しばらくの辛抱。
それにしても今回のフユは、えらいオトコマエやな。(^∀^;)

↓「家路」は壮大な歴史物... でもあるのね。

★ぱんとらさん >

ひえまき売りというのが、売り歩いていたらしいのよ。
らっくんは牛のミニチュアもかっぱらっていったのか(笑)
ビブ金抗争が6年も続いた果てに和解(?)できたときいて、うちも一縷の望みをかけているのよ。
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク