吊りしのぶ

kfc00606-1

kfc00606-2

kfc00606-3

kfc00606-4

kfc00606-5

kfc00606-6

kfc00606-7

kfc00606-8

kfcp160803-1

5月に入手した時のトキワシノブ。

kfcp160803-2

根っこはモフモフ。

kfcp160803-3

フサフサだったのが、水切れでハゲたけど、水をあげて復活。
どんぶり一杯の水が1日で空になります。霧吹きでは間に合わないわけだわ...

kfcp160803-4

この器も本来は、苔玉などを水耕栽培するための皿だと思われます。

kfcp160803-5

今は洗面所で猫の水入れになっています。

kfcp160803-6
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いい器ですね!

何?このゲジゲジ…と思ったら、金魚藻でした(汗)
外には金魚とツーショット♪ 涼しげでいいです。
お水をがぶ飲みするんですね(^-^;)私には無理だな。
根っこがネコヤナギみたい。
知らないと毟って捨ててしまいそうです(^m^)
観葉植物は奥が深すぎ~~

★gerogeroさん >

ゲジゲジって(笑)つけまつげもゲジっぽいですよね。
シダの仲間は水好きなので、夏場が大変...お高かったビカクシダは水やりしすぎて蒸れて枯れてしまいました・°・(ノД`)・°・

No title

おーっ、初の時代漫画じゃない? (^艸^)
トキワシノブの根っこって、フシギやねぇ。別の生き物みたい。
で、今回のブログみて、そうだ!うちの元気な苔玉を海月さんに見せびらかさないと!(笑)
ってんで、今、ベランダーブログを更新したわ。(^∀^;)
海月さんからもらった苔、今も青々しとるんよー。
キンギョの器も良いなぁ。外に出しっぱなしの苔玉にはもったいないけど、
確かに水入れに良いね。
吊りしのぶ、ベランダのゴーヤのネットをかけるために接着したフックにひっかけて、
育ててみよかな。。。

↓コガネムシとカナブンは別ものやってんね!! φ(.. )

No title

あっこの器はこないだ私が憧れた器ですね。
やっぱりアップも素敵。趣があるわ。

釣りしのぶをからさないお侍さんは、
仕事ができないひとかもしれませんねえ...
あるいは超神経質な侍だったりして。
日がな一日水ばっかりかけて(笑)エビ子さん、
無実の罪でしたか。うむ。
(無実かどうかはわからないけど、まるはげになった
原因ではないってことで)

★お返事

★ぱんとらさん >
時代漫画って、たった2コマよ(笑)
「家路」で和服はたくさん描いているのだ。
あの苔がまだ元気とは、すごいなあ!
三本足の皿ってなんだかひかれるわ...
ゴーヤのネット用のフック…そういえばうちにもあった。
うちのベランダは灼熱だから、シダには厳しそうなのよね(゚ーÅ)
日本古来のしのぶは寒さに強いけど、トキワシノブは台湾産で寒さに弱いから室内にとりこまないとなんだって。
そうそう、コガネカナブン違うって、あのブログちょっと気になるのでまた見てみようかな。

★めんまねえちゃん >
お皿、紹介させてもらえてよかったわ。
お侍の内職で吊りしのぶを育てて売るのがあったとか。
傘貼り浪人的な、貧乏の匂いがします(笑)
エビ子は何度か葉っぱをむしっていたんですよ。食べはしないけど、気を引こうとしてやるのよね^^;

No title

こんにちは。あら。。モフモフ、かつて私が鹿の脚かしら。。と思ったものですね〜。触り心地もフワフワと良さそう。トキワさん、一度に抜ける葉の量がボソッと多いようですが、潤った後の復活の速さもスピーディなのかしら?

★TSさん >

見た目はふわふわですが、常に湿っているので、洗った後の動物のような感じです。
私も復活の早さにびっくりですよ。成長期なんでしょうね。
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク