○○○○がうるさくて


kfc110201

kfc110202

kfc110203

kfc110204

kfc110205

kfc110206

kfc110207

kfc110208

鳴き声検索サイトで聴き比べたところ、ツヅレサセコオロギのようです。→ツヅレサセコオロギの鳴き声/mp3
エンマコオロギの声はゆらぎがあってもう少し音楽的です。
とりあえず「ものすごく蚊取り線香を焚く」作戦で移動してもらえたようです。
帰ってこないでね(゚ーÅ)


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かにせわしない鳴き声ですね。
ほら、でもうちって、カエルのごはんの
イエコオロギ(ヨーロッパイエコオロギ)が
年中鳴いてるからもっと近所迷惑かも(汗)。
窓を閉めてますが、今も私の部屋の窓際で
みなさん鳴いてます。

コウモリについてもかわいいと思います。
ニュイのことがあるからもう絶対。
もちろん病気の媒介とかもあるんでしょうが、
それって猫についてもそうだけど、ある程度学んで、
必要以上の恐怖心を持たないでほしいと思います。

No title

コウモリは色々な病気に強い?らしく今話題のエボラも、狂犬病も発症せずにキャリアーになるので、海外ではあまり、というか大変よろしくないようですね。私はかわいいなぁ〜〜と思ってしまいますが・・・

コオロギって、小さい頃はエンマコオロギしか知りませんでした。小さいのも居るんですよね。つい最近知りました。
そしてエンマコオロギの声は再生しましたが、聞き覚えがありません(-_-;)
ツヅレサセコオロギはいつも聞いてます。はい・・
てことは、うちの周りにたくさん居るんだろうなぁ。

ウエルカム・コウモリ

ウィーンに住むようになって秋の虫の声を殆ど聞いたことがありません、シクシク(;n;)
うるさくて眠れないほどコオロギさんが鳴いているなんて羨ましい。
南欧に住んだら「うるさいっ!!」てなことになるかも・・・

エボラの「運び屋」がコウモリらしいと言われていますが
ヨーロッパのコウモリさんはエボラ持ってないので、ここらで騒がれることはありません。
ついでにドイツ語ウィキを読んでみましたが、ドイツ語でオオコウモリは「飛び犬Flughund」
それ以外の小型コウモリは「羽根ネズミFledermaus」です。
写真を見ると確かに夫々、犬さんネズミさんに似ている(^w^)
「ようこそコウモリさん」なんて札を出してコウモリを保護しているところもあるようです。
やっぱり安全平和に共存できるのが一番v(・v・)v

★お返事

★めんまねえちゃん >
年中コオロギが鳴いている家…ご近所で不思議に思われているかもしれませんね(笑)
コウモリは去年レスキューするまで間近で見る事はなかったです。毛がやわらかくてかわいかった…
よくわからなくてむやみに怖がるというのはいけませんね。相互理解が欠かせません。

★きぃたさん >
コウモリがキャリアーといえば、アメリカのセントラルパークなどで愛嬌をふりまくリスもかまれると危険って聞きました。
でもコウモリ、ハムスターに似ていなくもなくてかわいかったです。
冬もあったかい地方は、虫にも居心地いいんでしょうね。

★ななみみずさん >
緯度が高いと虫も種類が違うのかしら。
鳥とけもののどっちつかずの立場で有利な方の見方をするコウモリの童話を読んだ事がありました。
分類的にはけものですね。
飛び犬に羽根ネズミ…わかりやすいネーミングですね。
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク