ビタミンカラー


kfcp160614-1

新入りのオキザリス“茜”、“黄昏”、“雅”です。
どれがどれだかタグを確認しないとわからなくなったという…

kfcp160614-2

黒紫色のオキザリス“トリアングラリス”よりはずいぶん小振りで、主張しないので寄せ植えに使いやすそうです。
ナーセリーはGreen Create。

kfcp160614-3

kfcp160614-4

実家から持って来た苗の土に混ざっていて増えたムラサキカタバミ。
南米原産で江戸時代末期に観賞用として日本に導入され、今では環境省の要注意外来生物に指定されているとか。

kfcp160614-5

他の花の間から顔を出すとけっこうかわいらしくて気に入っています。
ヤブラン“ピュアブロンド”とカンパニュラ“アルペンブルー”で流れ星的な感じ(どんなだ)。

kfcp160614-6

土の酸性度合いで最初のつぼみがピンクだったウズアジサイに、酸性の鹿沼土をてんこもりしたら、遅れて咲いた花はブルーに傾いてくれました。

kfcp160614-7

見切り品(47円)だった白いゴデチア。
種を買うとミックスで赤やピンクのど派手な花が咲くので購入をためらっていましたが、白が手に入ってラッキーでした。
種をとって来年また咲かせたいです。

kfcp160614-8

これも処分価格だったコレオプシス。
“レッドシフト”と“マーキュリーライジング”を1株ずつ植えているので、咲いているのはそのどちらかだと思われます(タグが行方不明)。

kfcp160614-9

黄色やオレンジ、赤の花は今まであまり植えて来なかったのですが、今年はなんだかたくさん咲きそうです。

kfcp160614-10

このオレンジ色は、猫同士の喧嘩を抑制するための自作ツールです。
百円均一の多目的マットを切り抜いたものです。
動作が一瞬遅くなるので、追いかけられた子が逃げることができます。
ビタミンカラーで飼い主も元気になれて一石二鳥。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新入りカタバミ じゃなくて、オキザリス、かわいいなぁ。
小ぶりなのは、うちのノボタンの株元にすくったカタバミと似てる。(笑)
カンパニュラ“アルペンブルー”めっちゃ好み。( ´▽`)
どんなだって照れツッコミしてるけど(笑)、その通り流れ星的で、ステキだよー。
ヤブラン“ピュアブロンド”もいいな。ピンクの花は、その上の写真の
ムラサキカタバミだよね?アップになると大きな花に思えてイメージ違うわ。

どれもステキだけど、でもやっぱり一番は、
オレンジ色のにくいヤツ、だわね。(^∀^;)

タグ不明、うちも続出で、何がなんだか・・・ (;´Д`)

★ぱんとらさん >

★ぱんとらさん >
新入りカタバミの銅葉のやつ、野草のキバナカタバミそっくりよね^^;
近所で青いカンパニュラだけで2畳ほどのスペースを埋め尽くしてるお店があって、今の時期すっごくきれいでねー、思わず苗をぽちってしまったのよ。
ヤブランは猫にかじられるので届かないところ推奨。
毒ではないけど見る陰も無くなるから(笑)
オレンジ色のは裂け目が広がって抜けやすくなってきたんで、またマットを買って来なくては。
次は何色にしようかな( ̄∀ ̄)
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク