いちご泥棒


kfcp160601-1

エビス「グースベリーがとれたで」キリン「去年よりちょっと多いで」 

kfcp160601-2

東側のベランダのジャングル。白い横長プランターで2本育てています。
生では酸っぱすぎるので、ジャムか果実酒でしょうか。

kfcp160601-3

ネクタリンは9個だけ実っています。

kfcp160601-4

↑イチジクの夏果。

kfcp160601-5

↑イチジクの秋果。枝の脇にある豆粒が少しずつふくらんで実になります。
今年は豆粒がたくさんついているので楽しみです。
ベランダで鉢植えでもイチジクはわりと実がなるのでおすすめです。

kfcp160601-6

行きつけの園芸店でイチジク“ビオレドーフィン”が安かったので買ってしまいました。
600円が2割引クーポンで480円に。
農業高校のバザーなみの破格値です。

kfcp160601-7

葉っぱが大きいのでいい日よけになります。
これでイチジクは15本めです( ̄∀ ̄;)

kfcp160601-8

畑のブルーベリー。
ノーザンハイブッシュ系の“スパルタン”と“シエラ”を植えています。

kfcp160601-9

畑のいちごは何者かに食われているようです。

kfcp160601-10

食い残されたヘタの大きさからして、かなり大粒です。ムキー。

kfcp160601-11

虫食いのはもんじろう様のおやつになります。

kfcp160601-12

コンポストの蓋が定位置の農園長。ここにいると迷彩柄です。

kfcp160601-13

いちごの葉っぱにもいました。

kfcp160601-14

農園長は盗人の抑止力にはならなかったもよう。

kfcp160601-15

kfcp160601-16

それにしてもかわいいなあ( ̄∀ ̄)






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

水滴の残る葉っぱと農園長、素敵です♪
ヘタだけ残して行くとは、何者でしょう。うちのトウモロコシがやられた時は、持って行って食べるので現場には残さないのがハクビシン、その場で食べるので芯が残るのがサル、と聞いたような。すでにうろ覚えです。
イチゴのような小さなものもちゃんと(と言うのか)実だけ食べるんですね。

★きぃたさん >

★きぃたさん >
雨上がりに畑に行ったので、水滴がびっしりでした。
農園長もお肌がうるおって元気そうでしたよ♪
ハクビシンやサルも出没するんですね。
そういえば近所でサルが出たという自治会放送があって、つかまったという話はないので、サルかも…畑で出くわしたくないなあ( ̄∀ ̄;)
ヘタを残すなんてグルメなのかしら。もんじろうはヘタまで食べるのに。ムキー。

No title

いちごドロボー。無残に捨てられていた苺のヘタはまだ新鮮ぽい感じが。「喰い逃げさん」まだその辺にいるとか。。喰い逃げさんの検討は「むむっ。あいつが怪し〜。」とほぼついているのでしょ〜か? :)

No title

こないだコメントがエラーで書き込めなかったのですが
今回は大丈夫かな?

ウイリアム・モリスのようなタイトル(笑)
あれは愛らしい小鳥がイチゴ泥棒だったように
思うんですが(おぼろげ)
でもこっちはなんでしょうね?たぬきとか?

ドーフィンでかい。
むかしの家では巨大に育ってたけど、
連れて来られなかったから挿し木の小さいのを
オークションで買った時もそんなに安くはなかったわ。
うらやましいなあ。
にしても15苗...広い!!(敷地が)

★お返事

★TSさん >
いちごが食われているのはたぶん夜か明け方でしょう。
近くに人家があまりないので、夜は動物の天国です。
鳥かたぬきかアライグマか、サルかも…

★めんまねえちゃん >
コメントエラー、お手数かけましたね(゚ーÅ)
もしかしたらfc2のセキュリティでNGワードにひっかかったのかも…
セクシーな単語が含まれる文面だと、書き込めなかったりします。

そうそう、元ネタはウイリアム・モリスのいちご泥棒。
せっけん泥棒はカラスだし、うちの畑、セキュリティに問題有りだわ。
ドーフィンの夏果は秋果より大きくなるみたいですね。
水っぽいので甘さは秋果のほうが上だとか。
この時期すごい勢いで枝が伸びて、朝顔もびっくりですよ。
15本はさすがに植えすぎなので、縦にスリムに伸ばして行かないとです。

カワイイから無理!

この農園長には荷が重すぎでしょう~~
アマガエル、最近ぜんぜん見ません。
20年くらい前は物干しざおにも住んで居たのにな…
イチジクだけで15本(^m^;)マジで?
お好きなんですね~
私も少しくらい浮気してみよっかな~

★gerogeroさん >

★gerogeroさん >
相手が肉食の生き物だったら、農園長も殉職してしまう恐れがありますね( ̄∀ ̄;)
アマガエルは私の実家にもあまりいませんでした。
ツチガエルがものすごくたくさんいて、睡蓮鉢はおたまでびっしり。
夏の夜は鳴き声で電話がききとれないほどだったなあ。
ベランダフルーツでいろいろ挫折して、イチジクではじめて軌道にのった感じで、つい嬉しくて増員してしまいました(笑)
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク