姫路市立手柄山温室植物園の「セントポーリア展」

kfcp160525-1

おととい植物園に行ってきました。
姫路市立手柄山温室植物園の「セントポーリア展」です。

kfcp160525-2

kfcp160525-3

kfcp160525-4

kfcp160525-5

私はフイラー(斑入り好き)なので、斑入り株がたくさん見られて眼福でした :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

kfcp160525-6

kfcp160525-7

kfcp160525-8

↑“バックアイレプラコーンチャーム”
セントポーリアに限らず、こういう散り斑の植物をレプラっていうんですね。
私が描いている漫画の題材、ハンセン病もレプラというので、何か因縁を感じます。

kfcp160525-9

kfcp160525-10

kfcp160525-11

kfcp160525-12

kfcp160525-13

kfcp160525-14

常設展示のサボテン

kfcp160525-15

お気に入りはこれ↑とこれ↓

kfcp160525-16

カネゴンみたいですねえ。

kfcp160525-17

売店で斑入りセントポーリアを買いました。

kfcp160525-18

2月に通販で買ったミニセントポーリアは花が終わり、葉っぱの斑がきれいになってきました。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

葉っぱとか花びらのフチだけ色が違うの、キレイですね〜〜。
植物の写真が続けて並ぶと爽やか〜〜。
日差しも良い感じで写真が映えますが、暑くはなかったですか?

★きぃたさん >

★きぃたさん >
夏場は寒色が目に気持ちいいですね〜
セントポーリアは草姿はほぼ一緒で、微妙な色の濃淡で品種が分かれているようです。
直射日光に弱いので会場に遮光ネットが張ってあって微妙にエアコンもかかっていて快適でした。
サボテンの温室と外は直射日光ががんがんあたって暑かったです。
しかも駐車場で車に鳥のフンがしてあって、何を食べたのかすごい紫色でびびりました^^;

No title

普段あまり見ないような、不思議な色や柄のものが
あるものなんですねえ。
さすが展覧会なだけあって、レアな
セントポーリアがたくさんあるかんじがします。
(私が知らないだけなのかしら)
売店でちゃんと売られてると嬉しいですね!!

No title

私もフイラーあんど覆輪らー?なのだけど
こうして一堂に会すると、やっぱり突然変異、亜種なんだなーと思いました。
周りがふつーのものであればこそ映えるのかなあ。
年齢のせいなのか、最近はふつーのものが好きになりつつあるかも。。。

★お返事

★めんまねえちゃん >
セントポーリア愛好家の方々が、毎年春と秋の展示会に出品されているとか。
ブームが去って生産農家が少ないらしく、愛好家の方がこのジャンルを支えている感じがしました。
ノジギク展のときはまさかの売店にノジギクがない状態だったけど、今回はちゃんとありましたよ(笑)

★矢羽さん >
おお、フイラー仲間( ̄∀ ̄)
そうそう、斑入りはノーマルの中にぽつぽつあってこそ映えるものかも。
全部斑入りだと目がちらちらするのよ…←ローガン?
最近は斑入りよりカラーリーフに目がいきがちです。日当りいまいちなのでリーフは外せないのよね。

No title

セントポーリア。。。。
中学生の頃母がどハマりしてました。
高校入学と同時に引っ越した家では日当たりの関係か温度か、全滅したそうです。。。。
たぶん30鉢くらいあったと思う。。。窓辺を占領され肩身が狭かった思い出が。。。。。。

カネゴン

e-9 ぁゎゎ…完全にフ入りに魅入られテマスね~ ♪
 そぅそぅ、コールラビですが、カネゴンの握りこぶしより、ひと周り大きいぐらいのが、まさに今回のように成りますょー。
 楽しみです。
  e-2   <ののちゃんより>

★お返事

★ようさん >
ようさんのお母さんと私、気が合うかも(笑)
蘭にもはまってらしたよねー。
私も子供の頃、父がもらってきたセントポーリアを育ててたなあ。
当時ブームだったんよね。上の展示はたぶんそういう方々が脈々と育ててこられたものだと思うw

★kitcatさん&ののちゃん >
カネゴンの握りこぶし、どんなだったかな。
と、画像検索。改めて見るとカネゴンの頭部って二枚貝みたいね。
斑入り植物が脳に指令を出しているのかも。仲間を増やせって(笑)
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク