クラブアップルを収穫

kfc00485-1

kfc00485-2

kfc00485-3

kfc00485-4

kfc00485-5

kfc00485-6

kfc00485-7

kfc00485-8

kfcp151123-1

クラブアップル’ロイヤリティ’の花。一本で実がなります。

kfcp151123-2

kfcp151123-3

kfcp151123-4

kfcp151123-5

ぐっぴぃさんに教えていただいた、りんごとさつまいもを少量の水で煮たもの。
クラブアップルの赤い実がさくらんぼみたいです。
砂糖を入れなくてもほんのり甘くて優しいお味でした。

kfcp151123-6

初物はもんじろう様にお供えしてから。

kfcp151123-7

四角いのは鬼胡桃の入ったチーズクッキーです。
生地はホットケーキミックス200g、バター50g、粉チーズ50g、砂糖50g。
鬼胡桃はローストしたものを100gくらい入れたでしょうか。
ビニル袋でがさがさ混ぜて、オーブンシートの上に中身をあけたらビニルごしにぺんぺん叩いて押しのばし、200℃のオーブンで15分。
冷めないうちに切れ目を入れます。

半分は実家に送りました。
母はくるみが未知の食材だったそうな。


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぷぷ、バナーがかわいい♪(o´_`o)アーニャ?

クラブアップルってこんな実だったとは。もっと大きいと思っていました。完全にさくらんぼっぽいです。もんじろう氏の頭にうまく乗ってますね〜。

サツマイモとりんご煮、うちの定番です。レーズンも入れます。

手作りのものが迷惑だとか、やはり育った環境なんでしょうね〜〜。同僚も気持ち悪がります。それを知ってから、ドライに接するよう心がけています(笑)
私は出来合いの食品をあまり食べないし、友人が家に来れば手料理を出す方ですけど・・。

チーズクッキー、洗い物が少なくて済みそうなレシピですね♪


あ、私の猫歴は17年くらいです。途切れていません。

No title

こんにちはー。
「あ、作っていただいてるー。」
と、嬉しかったです。
クラブアップルもレーズンも酸味が美味しそうですね。
さつまいもと煮るフルーツシリーズは、レモンも合うらしく、国産レモンだと皮ごとOKだそうです。(これは男性向けの週刊誌でレシピを見かけたのですが、さつまいもとレモンだけでは甘みが足りないらしく、砂糖も入れるようですよ。)
寒さ強まったらまた食べたいですね。

★お返事

★きぃたさん >
そうですバナーはアーニャです。絵だと遠慮なくかぶりものを着せられます。
もんじろうのつむじの毛が意外と長くて、りんごが落ちませんでした。
そういえば彼は前髪が長いライオンラビット系なんでした。
レーズン!買って来なきゃ。カレーにもレーズンを入れるんですよ。
市販の食べ物はできてすぐ食べるならいいんですが、常温で何ヶ月ももつものとか、一体何を入れてあるのか気になります。
猫歴長いですね。どんどん記録をのばしていってください。

★ぐっぴぃさん >
レシピありがとうございます。定番になりそうです。
男性は芋や栗などもごもごするものが苦手な人も多い気がしますが、煮るとしっとりして食べやすいですね。
砂糖を入れなかったのに、煮汁まで甘くてびっくりしました。
実家の果樹園でレモンも育てているので、手に入ったらレモンのも試してみたいです。

No title

胡桃のチーズクッキー、レシピ メモしておきました^^
是非作ってみますね!(* ̄ー ̄)v 美味しそう~
(私、胡桃の木・・・って、見たことないかもしれません~~(´・_・`)>)

さつま芋とリンゴの煮たのは、ずいぶん昔に姑が作って食べさせてくれました。
さつま芋煮シリーズ、しばらく凝っていたのか、レモン&レーズンも作ってたのを記憶しています。
今90歳で、すっかり痴呆になり何も作らなくなりましたが、甘いおやつが大好きで、こないだから干し柿をお土産に持っていくと、喜んで食べてくれます。


クラブアップル、こんな可愛い実だったんですね。
実のなる木って、大好き! 一本で実がなるなら、育ててみたいです♡

発酵した実を食べて酔っ払った動物たちって、ほんとに愉快ですよね。
動物もストレス発散になるのか、わざわざ食べにくるのもいるそうですもんね~^^

crabby

e-9 (5番目の)絵の人。横浜市役所にいます。
 ”もっとも窓口に向かない人賞”グランプリみたいなのが…
 クラビーとは、(表題の通り)気難しい変わり者のことなのですね。
 カニの crab と同じスペルなのだと、今回初めて知りました。
 でも、こっちのcrabは、サクランボみたいでかわぃぃです…♪
 よく、”手作り品はダメで、市販品は安心”みたいな人がいるけど、私は、食品工場やスーパー、製菓工場で仕事して、”こりゃヒドイっ! やっぱ手作りしなきゃ命が持たん…”と考えて、自前で何でもするようになったのです。
 ”衛生”的なのと”潔癖”は、一見同義語に思えますが、後者は過度の殺菌にこだわるあまり、逆に殺菌剤や薬剤が食品に混入してしまい、その副作用も背負い込んでいる気がしてなりません。
 本人の身体がおかしくなるのは自業自得ですが、その子どもはかわいそうです。
 そのうちブログUPしようかと思っています。

               <ののちゃんより>

★お返事

★accoさん >
クッキー生地はほろほろして固まりにくいので、のばすときはぎゅーと押さえて、焼けたらざっくり切る感じになります。
つなぎに卵を入れると扱いやすいけど、食べた感じがさくっとならないみたい。
お姑さん、90歳でもお元気で干し柿が食べられるんですね。
猿酒って聞きますけど、お猿がほんとに作るのかなあ^^;

★kitcatさん&ののちゃん >
市役所の窓口に平家ガニみたいな人がいたら、話しかけにくいですね・°・(ノД`)・°・
食品製造の舞台裏…そんなことになっていましたか。
命にかかわるようなものならともかく、ちりめんじゃこに小さいカニが混ざっているのもダメとか(私にとってはうれしい宝探しだったのに)、間違った方向に進んでいますね(゚ーÅ)
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク