家守とニャコム

kfcp150825-1

今朝トイレに入ろうとしてスリッパに足をいれたら、ヤモリがいました。
コマ姉さんとの連係プレーで捕獲。
ビニル袋に入れて撮影してみました。

kfcp150825-2

コマ「海月はどんくさいからな、トイレまでニャコムしといてよかったわ」

kfcp150825-3

キリン「言ってくれれば」フユ「手伝ったのに」

血気盛んな若者は、ヤモリを襲ってしまうかもですからね。

kfcp150825-4

「若い者にはそのへんのさじかげんが難しいんや」

猫が朝ご飯を食べている間に、ベランダに逃がしました。
かわいいので飼いたい気持ちもあったのですが、生き餌(ヨーロッパイエコオロギとか)じゃないと食べないらしいので断念。

kfcp150825-5

昨日、畑で見た蜘蛛の巣。パッションフルーツに巣がありました。
蜘蛛の子が孵化していて、風が吹くたびに同じ方向にさわさわ動いていました。
トラウマだった蜘蛛の子も、見るだけなら、そしていきなり枕元に落ちて来たりしなければ大丈夫になりました^^;
ヤモリは蜘蛛も食べるらしいので、こういうのをつかまえて飼えばよかったのかもですが、逃がしたら家の中が蜘蛛だらけで、それはちょっと避けたいです。

kfcp150825-6

蜘蛛のおかあさんはたぶんこの子。
後ろの水色はパッションフルーツの実を入れた排水ネットです。

kfcp150825-7

エビス「ヤモさん、また来ないかなあ」

kfcp150825-8

虫を食べてくれるので、ベランダにいるぶんにはウェルカムです。
ニャコムとともに家を守っていただきたいものです。

台風15号、大きかったですね。
鹿児島の実家も姫路のわが家も、たいした被害がなく済みました。
自然の猛威は恐ろしいです(゚ーÅ)



室外設置の温度計が本格的に壊れたようなので、昨夜楽天で物色していたらこんなのをみつけました。
その翌日に本物がみつかるとは、事実は小説より奇なり。


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

イエコオロギ、いつでも飼育したくなったら
言ってください。(笑)猫たちがハントしちゃうかなあ、
海月さんのところのばあい。
ヤモリちゃんキュートすぎる。これは飼いたくなりますね。
でもこのサイズだと、アダルトのイエコはあげられないだろうから、そうなると結構大変ですね. . .
と真剣に考えてどうする。
そうそう、クモ、これくらいの大きさだと食べやすいでしょう。でも実際生餌をいろいろ体験して、
立体的に壁も行ける生き物はややこしいです。
(コオロギもプラケースじゃなきゃ壁や天井にも行きますが. . . )
エビスちゃんのお目目がなんと美しい。見惚れてしまいました。

No title

小さなお客さんが来てくれたのですね。それにしても小さい可愛らしヤモリさん。。小指よりも小さいとは。。100円のガチャガチャのおもちゃと間違うくらい。。。結構動きが素早いと思うのですが、上手に「怪我」をさせることなく確保ですね。

No title

爬虫類すきです。
とくにヤモリは可愛い。
我が家には毎日 窓のとこにやもちゃんが来てくれますが、たまに室内に入り込み ニャンズのおもちゃにされています。
日本ヤモリは見かけもプックリしてて可愛い。

No title

甥っ子が帰省してる間にヤモリ(こちらではかべちょろ)のサイズが違うって感動してた(^^♪15センチくらいのヤモリは当たり前なのに、関東にはそんな大きなのはいないらしいです。食べ物が少ないのかな?というかうちがジャングルだからでしょうか・・・私は苦手だから寄りたくないのに甥っ子が捕まえて目の前に持ってくるからもう・・・昆虫、爬虫類、なんでももってこいな甥っ子。おにやんまがたくさんいるって追っかけまわしてたけど、捕まらず。来年リベンジって言ってました(笑)

★お返事

★めんまねえちゃん >
イエコオロギを郵便で…届くと箱の中でカサカサ言ったりするのかしら。もしもの場合はお願いします(笑)
生き餌は育てるのもあげるのも大変らしいですね。
三姉妹の目は微妙に色が違っていて、エビスが一番緑が濃いのです。アサヒは一番薄くて、気分で目の色が氷のような水色からグレイがかった薄い緑に変わるようなの。不思議。

★TSさん >
ヤモリは成長すると15cmくらいになるそうで、うちでみかけるのは小さいのばかりです。
猫は獲物をそっとキャッチするのが本当に上手です。
みつけたのがアキだったら食べていたかも(笑)

★ようさん >
ヤモリ、かわいいよね〜
ようさんちでも家の中に出没するのか^^;
画像検索したらいろんなヤモリを飼ってる人がいっぱいいて、未知の世界をのぞいた気分よ。

★よしさん >
コマと一緒にヤモリをみつけた瞬間、よしさんの「かべちょろ」という言葉を思いだしましたよ。
でも口に出たのは「おわ〜〜〜」という悲鳴(?)
生き物好きでも観察したいのとおいかけてつかまえたいのと2タイプに分かれるらしいね(笑)
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク