園芸有毒植物図鑑

kfcp150805-1

ユリは猫が口にするとたいへん危険だそうです。
お盆が近づいて、家にお花を飾るお宅も多いと思うので、ネットで拾った画像↑を載せておきますね。

『人もペットも気をつけたい園芸有毒植物図鑑』をぼちぼち読んでいます。
犬や猫に玉ねぎやアボカドが毒だというのはわりと有名ですが、ほかにもたくさん載っています。
ばくぜんと毒があるというのではなく、植物の葉や花、実、根っこ、全草などどの部位に含まれるどんな成分が毒で、症状はどうなるかといったことが具体的に書かれていて説得力があります。

kfcp150805-2

↑同書によると、トケイソウの葉には青酸配糖体が含まれ、誤って葉を食べると、胃腸障害を引き起こす可能性があるとか。
ユリが猫に危険とわかり、ベランダから畑に移植しました。

kfcp150805-3

↑モンステラは全草に不溶性のシュウ酸カルシウムを含み、口にすれば水疱を伴う口の中や唇、のどの腫れ、焼けるような痛み、嚥下困難、一過性の言語障害などを生じ、呼吸困難になることも。
汁が皮膚につけば皮膚炎、目に入ると結膜炎を起こします。
(ブロ友さんから聞いた話では、失明した人もいるとか)
うちの猫は広くて大きい葉っぱはスルーなのですが、細い葉っぱだと猫草とまちがえてかじるので要注意です。

kfcp150805-4

↑イチジクやゴムの木の仲間の樹液(乳液)が皮膚につくと、ついた部分が紫外線に敏感になり、日光に当たると、紅斑、浮腫、大きな水疱を伴う皮膚炎を起こすそうです。

kfcp150805-5

↑健康食品のイメージが強いニガウリも、完熟果の果肉、種子に毒性アルブミンのモモルジンが含まれ、吐き気、嘔吐、下痢を引き起こし、多量に摂ると低血糖症になるとか。
完熟果の種についている赤い部分は甘くて無毒だけど、ぬるぬるするので種(有毒)を飲み込む危険が。

kfcp150805-6

朝顔とニガウリとイチジク。
朝顔の種子も有毒です。
そういう意味で並べた写真ではなかったのだけど、たまたまみっつとも部位によっては毒になることがわかり複雑な気持ちです。
ただきれいとかかわいいで植えていると、危険なこともあるんですね。

kfcp150805-7

もんじろうが食べているのは、ベランダで育てたパパイヤの葉っぱを干したもの。
うさぎにあげてもセーフらしいです。
小動物用野菜チップスのラインナップがすごいです。
あげてもいい植物がこんなにあるのねーと、ちょっと感動しました。


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほど。。。ペットにとっては危険な植物がたくさんあるのですね〜。ペット自身では危険な植物かそうでないかは本能で感知して、食べるのを避ける、って事はしてくれたら、助かるけど。。。もしくは海月さんが猫ちゃんたちにこの図鑑を読み聞かせをするってのは?

No title

そうですよねー。前も書いたかもしれないけど、
全部だめという前提で、大丈夫なものをチョイスしていくしかない場合もあるかもしれませんよね。
海月家の子達は植物をすべてがじがじすわけではないから大丈夫なものも多いと思うし、うちもたまたまいたずらしないから. . . と思うけど、やっぱり知識としては
知っておきたいですね。
そういや知り合いのうちでモンステラを齧られてとうとう光触媒に植物全部入れ替えた、という話を聞いたことがあります。

うちは毒草大百科っていうのがあるけど、それはどっちかというと「毒草愛」に満ちた本なんですよねー、ハハハ. . . (私は注意をする/なるたけその植物を買わないようにって意味で購入したんだけど)

★お返事

★TSさん >
放牧される家畜は、わりと毒草をよけてくれるそうですが、刻んで馬草入れに入れると食べてしまうこともあるそうです。
猫も経験豊かな子はともかく、初めて見る植物をかじったりという危険はありますね。

★めんまねえちゃん >
私の煩悩でけっこう安全じゃない植物も植えてしまっているので、全部始末しろと言われると辛いですが、たまたまうちのこがかじらないタイプでよかったです(゚ーÅ)
光触媒の、あれはどうなんでしょうねー。日差しがあまりになくて育たない場合はしかたないかもですが、やっぱり生きてるのがいいなあ。
毒草愛って、生き物で毒をもってるのを愛でる人もいるから、わからなくもないです(笑)

No title

前回掲載してくれた時に見て、
あまりに有毒な植物が多いのにびっくりしたんだけど、
有毒な植物には猫センサーが働いて口にしないってことはないんだろうか。
↑コメレス見たら、経験豊かな子じゃないと難しいのか・・この場合の経験豊かって・・^^;
今回のナツ、ロックン彷彿だな〜、ロックンよりずっと黒いんだけど。( ´▽`)
もんじ、食べれる植物がいっぱいで嬉しい表情? なごむ〜。(^艸^)

★ぱんとらさん >

★ぱんとらさん >
毒の有無を見分けるのって、親やまわりのおとなの真似をして食べられるのを学ぶんじゃないかな。
未熟な子は好奇心が先に立って何でもかじるんでは。
ナツは後ろから見るとほぼ黒猫だけども、鼻の色配置はかなりロックんと似てるんじゃないかな。
もんじにはおいしい表情というのがあると思うの。
歴代ウサの中ではかなり表情豊かかも( ̄∀ ̄)
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク