手乗りハス

kfcp150526-1

キリン「手乗りハスやて」

片手に乗せられるほど小さい鉢でも育つことから、手乗りハスというんですって。
ホームセンターでみつけました。品種名は’雪の精’。

kfcp150526-2

ためてある水にミジンコ的な生き物が泳いでいたので、危険な農薬は使ってないようでした。
念のため水を換えて1日おいてから金魚の鉢へ。

kfcp150526-3

お寺の池などで咲いている蓮の10分の1サイズ。
こんなに小さいのにちゃんと花芽が、しかもふたつも。
これで997円ですよ。

kfcp150526-4

kfcp150526-5

コマ「水玉おいしい♪」

kfcp150526-6

金魚のちーとぶーも、隠れる場所ができてうれしそうです。
今まで入れていたミソハギは畑に戻すことにしました。

kfcp150526-7

金魚葉椿は新芽から金魚葉でした。

kfcp150526-8

畑の睡蓮。去年子株をさしあげたべにほさんとこでは、もう花が咲いたというのに、うちのはまだですよ。
植え替えてないそうですが、そのほうが生育が早いのかしら。

水を飲みに来たテントウムシなどがよくおぼれているので、恩返しを期待してそのつど救出します。
黒いカナブンを助けて地面に置いたら、歩き方が何か変でした。
よく見るとゲンゴロウでしたわ〜。
あわてて水に戻しました( ̄∀ ̄;)
いやあ、ゲンゴロウってかってにわくものなんですね。


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あはは。。2枚目の写真。黒猫ちゃんの置物の方が目立っていて、本物の猫ちゃんよりも先に目がいってしまいました。昨日、小さいカエルの置物を発見。(子供部屋の片隅に長い間埋もれていた陶器のカエル)海月さんのカエル好きが私にも響いちゃっているのか、長い間無視されていた緑のカエルちゃんがとても可愛く見えて、デ〜ンと台所の棚の目立つところの大ダビューです。このカエルちゃん、海月さんに大感謝をしております。さんきゅ〜。

No title

蓮と睡蓮の違いが わからない・・・

近所にね 蓮池があるの・・ レンコンができるのかな?? 観賞用では なさそう 畑の中だし・・
でも お盆あたりは きれいなのよね~

あ そうそう モネの睡蓮って 有名よね 
倉敷では 大原美術館の池に あって 必ずニュースになるわ でも 意外と あちこちに あるっぽい・・・ 絵じゃなくて 睡蓮そのものがね・・・

★お返事

★TSさん >
黒猫の器は、じょうろなんですよ。こまめに水をやるときに活用しています。
陶器の緑のカエル…ふたたび日の目を見てよかったです^^

★ようさん >
水面から茎が立ち上がって葉っぱや花がつくのが蓮、水面にべたーっとなってるのが睡蓮よ。
近所に蓮池があったら花が見られるね〜。ここらじゃ早起きして見に行かないと見られないから、うらやましいわ。
モネ由来の睡蓮、四国の古民家博物館みたいなとこにもあった気がする…
株分けでどんどん増えるからかねー。
大原美術館には行った事あるけど、池に気づかなかったわ。不覚(゚ーÅ)
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク