金魚1周年

kfc00277-1

kfc00277-2

kfc00277-3

kfc00277-4

kfc00277-5

kfc00277-6

kfc00277-7

kfc00277-8

kfcp150417-1

↑らんちゅうのらん子。
いつも睡蓮の葉影に隠れてました。

kfcp150417-2

↑ちーとぶーは猫が水を飲んでも平気。

kfcp150417-3

kfcp150417-4

アカヒレはメダカより丈夫な気がします。
水と一緒に鉢植えの土にうっかりざばーっとやって、数分後に救出しましたが無事でした。

kfcp150417-5

スイ子とパル子。
水泡に浮力があるのか、寝ているときは火星人かみうらじゅんの自画像のようでした。

kfcp150417-6

水辺で水を飲むアライグマハル母さん。

kfcp150417-7

熱帯性睡蓮の’プリング’を昨年末に掘り出して球根だけ保管していたのが無事芽を出しました。
ぬらしたぼろ布に包んだ上からアルミホイルで光が当たらないようくるみ、袋で密封すること5ヶ月弱。
水に入れて保管するとどうしても光を感知して芽が伸びてもやしになってしまうんですが、この方法だといい具合にゆっくり育つようです。

kfcp150417-8

金魚の鉢で咲くプリング。
きゅうくつそうだったので今年は畑でのびのび育てますよ。


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはははっ~。海月さん。ペットの名前付けが上手。いつもかわいい固定的な名前を付けていますよね。それだけでも「とてもかわいがっているんだな~」と想像がつきます。きっと名前の由来にはそれぞれストーリーがあるのでしょうね。

祝1周年うちの子ちーとぶーさん。

そうですそうです、絶対メダカよりアカヒレのほうが丈夫。といいながらアカヒレも成仏させてしまったことがあるしなあ. . . (涙)
知り合いの金魚が、コイクラスにでかいのですが、
(庭の池にいる)今まで一度も見なかった子供がいるらしいんですよ。ってことは、かなり長い間水替えの時に卵もしくは稚魚をざばーっとやってたっぽい。
アカヒレとか、沼エビがいたとき、水替えは試練でした。
愛していても短命になってしまうことってありますね. . .
うーん、やっぱり水の中でしか生きられないというところで、大変なこともあるかも。
カエルですら短命になってしまった子がいるもの。
(水陸両用っぽいところがあったとしても)
でも、愛してもらって幸せだったと思いますよ。今までの子たちも。

No title

マンガで描いてくれてるから、やんわり抽象的印象だけれど、
かなり凄い展開だよね、海月家の短命魚たちの生活環境。(爆)
シレッと書かれた、掃除のポンプに目玉を吸われ・・・の一文には
目玉が飛び出そうやったよ。( ̄∀ ̄||)
ギョッとする(金魚だけに^^;)風貌の目玉を吸われたスイ子、
確かにみうらじゅんの自画像イラスト彷彿。
で思ったが、みうらじゅんの自画像ってあれ誰?って自画像なんだが。
勝手にカエルだと思ってたかも。( ̄∀ ̄||)

プリング、きれいだなー。さすが睡蓮、小さくても心洗われるねぇ。
アライグマ ハルさん、ワイルド−!お腹はマッタリだけど。(^艸^)

★お返事

★TSさん >
魚の性別はよくわからず、金魚はみんな○○子という名前でした。
実家の動物も母の命名でメー子、ハナ子、チワ子。メー子に至ってはオスだったし(笑)

★めんまねえちゃん >
アカヒレってメダカに似ているけどコイの仲間らしいね。丈夫なのもむべなるかな。
魚の卵や稚魚は、水換えが難しいですね。うちもアカヒレがおなか大きかったけどダメでした。
ピンポンパールの卵だと思ってたのはサカマキガイだったし(笑)

★ぱんとらさん >
みうらじゅんの自画像はカエルかねやっぱり。
ハル母さんは抱くとふんわりで骨もきゃしゃだったけど、ちょっと長毛ぎみなせいで見た目はメタボだったのよね^^;
水泡眼のリンパ液はもれると戻らないって飼育書によく書いてあるので、実際に傷つけてもれる例が多いのかも。袋が片方だけしぼんだ状態でがんばってくれたわ...
ぱんとらさんの鋭いつっこみがあると、コメント欄がしまるなあ(笑)
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク