石神井公園と東京での収穫

kfcp150313-1

しばらく『家路』という漫画の作業が忙しくなるので、写真のみの更新が多くなります。
3/11にその漫画の打合せで上京しまして、翌日は東京の猫友さんとネコ&園芸談義オフ会でした。
オザキフラワーパークで目の保養と買い出しをしたあと、石神井公園へ。

kfcp150313-2

冬枯れの池は野鳥観察に好適で、カワセミ狙いのバズーカみたいなカメラをもったおじさんがいっぱいいるエリアもありました。

kfcp150313-3

これはカモかも。
カイツブリもいて、すいすいもぐる様子がたいへんかわいかったです。
泳ぎが鳥とは思えないような、自由自在にすごい早さで水中を移動するので写真とれず。

kfcp150313-4

岸辺にあったコンクリ(?)の巨大なカエルのオブジェ(左下)。
もしかして口からマーライオンみたいに水が出るのかな。

kfcp150313-5

実家に昔は池があったせいか、今でも庭付き池つきの一戸建てに住みたい野望がありますが、水換えが大変そうなので「近くに池のある家に住みたい」というところに落ち着いています。
でも石神井公園周辺は風光明媚で物件がものすごくお高い高級住宅地だそうな。

kfcp150313-6

同行したお友達に教えてもらった種苗販売のPoka Poka Plantsというお店(ウェブショップ)が、被災犬支援を目的に活動されているとかで、売られている植物も私好みなので、一度利用したいと思います。
今、どれを買おうか楽しく迷い中。クリスマスローズもいいなあ...

それから、出版社の方に接待していただいた焼き肉店のレジ付近においてあったコピーのリーフレットが、とてもよさそうなのでもらってきました。
絵本作家のどいかやさんが無償で提供されていて、タイトルは「ペットショップへいくまえに」。

両面コピーならA4の紙一枚で8ページのミニ冊子が作れます。
複製・配布自由とありますので、イベントなどで配っていただけるといいのではと思います。
ダウンロード先は→こちら

ところで私は焼き肉が苦手なうえに牛肉のかたまりが消化できないため、3/11の夜は3時まで眠れませんでした。
私なんかに食われた牛に申し訳ないです。
正直に言って遠慮する方がよかったな、ばかですねえ( ̄∀ ̄;)


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

東京仕事(接待飯含め^^;)お疲れさまでした。
すばやくあちらもこちらも記事アップ、仕事はやい。(^艸^)
人間本来の移動(歩行・走行)速度よりはるかに早いものに乗って
移動すると、自分は動いてないのに疲労するっていうから、疲れ出さないようにね。
こんどは、もっとゆっくりお話しできるといいなぁ。

公園の写真にマジで感動。
あてずっぽう撮りがプロ級!<どんなんや( ̄∀ ̄||)
私のスマホ撮りよりどれもめちゃナイスなアングルですやん。

「ペットショップへいくまえに」、西荻のウレシカさんでその展示会をやってた時にしりました。
ウレシカはいいお店よ。ああいうの、できたらいいなぁ。
「Poka Poka Plants」もいいね。

『家路』出版に向けて、加筆修正がんばって!

★ぱんとらさん >

★ぱんとらさん >
貴重な時間を割いてくれてありがとねー。
移動速度が速い乗り物って疲れるのか。どうりで魂おいてかれるような感覚があったわ( ̄∀ ̄;)
写真はどこらへんまで写ってるかわからないもので、カエルさんは見切れてるし水鳥は遠い^^;
西荻のウレシカさん、今お店のサイト見て来たー。面白そう!
原稿の直しがんばるわ。性格がこう見えて頑固だから、直すの大嫌いなんだけど(笑)

No title

なおすのはしんどいですよね。
私も好きじゃないほうです。
っていうかイラストでも宝石の仕事でも、
なおしてないのに「ここを直しました」っていったら
「そう、こうしてほしかった」とか言われて
ほんとに見てるのかよとか、
いやがらせで言っただけなのかと
思ったこともあります。
(ほんとに直さずに見せた時って
以下にもそういう雰囲気だったからわざとそうしてみたんです。髪の毛1本の半分だけずらして、とかいわれたりして. . . )
出版と、自分がこれだと思って描いたものとのずれというのもあるかと思いますが、
無事にいい本が出ることをお祈りしています。

石神井公園、池のすぐ隣とかではないなら穴場物件も多いですよ。うちも多分駅から離れてるし、その点では比較的高くない(私には高いけど)と思います。
あとさらにじみーな公園、オザキフラワーパークのある駅にも大きな池のある公園(武蔵関公園)があり、藤棚や桜などもたいへんきれいです。そこはさらに安いかもしれません。って別に練馬にお住いにならないですね。ハハハ。

仕事の接待の時は、なかなか実は苦手というのが言いづらかったりしますよね. . . 私はそこまでではないものの、やはり苦手な感じのところに行かざるを得なかったときとかやっぱりしんどかったっけ. . . お大事に。しばらく胃腸を休めてあげてくださいまし。


それにしてもすごい、ばっちりと写真が. . .
しかも、拡大すべき時には拡大されているという。恐るべし。液晶は海月さんにはいらないかもしれない. . .
恐ろしい子(白目)。
蛙、水が出てたらご報告します。

お久しぶりです〜😊

東京でのお仕事、お疲れ様でした。 「家路」、楽しみです😊
石神井公園は、東京在住の小学生の頃、遊びに出かけたことがあると思います🎵
東京も結構、あちらこちらに公園や緑たっぷりの場所が多く、虫取りや写生などした記憶があります😊

そういえば、鹿児島に所縁の詩人、黒田三郎さんの講義を大学の時に1年受講して、1年後は、上石神井に住んでいらっしゃったのですが、仲良くなって、数回、お便りをいただいたのを思い出しました😊

難しいことは何も言わず、課題は、詩2篇を提出で、すごく楽勝な講義で、何百人もの講座でした。

私は、「くらげ」という詩を、画用紙に、丸く1行ずつの文章を放射線状に書いて、いつまで経ってもぐるぐる、また、同じところにもどる、戸惑い、揺らめき、の気持ちを、原点の「わからない」の周りをまわる揺らめく、くらげの絵のように書いて、その周りを海の景色、打ち寄せる波にして、打ち寄せられそうな岸辺を描いて、空虚感、虚無感的な、そんな作品をひとつ。

もうひとつは、サイダーの泡のプツプツの音と、自分のブツブツのつぶやきと重ねて、サイダーのコップと泡の中に言葉を入れて、それが、プツプツ言うたびに、消えていく。。。という感じの作品を書いて。。。

変なヤツだと気に入られ、数回、お便りのやりとりをしました😊
その後、父の定年で、釣りをしたい父が、有無を言わさず、私を鹿児島へ一緒に連れ帰り。。。その後、近代文学館にて、「黒田三郎」コーナーをみつけて、鹿児島にゆかりの方と知りました。。。

講座をとった翌年に、亡くなられていて。。。もっとおしゃべりしたかったな〜と。。。

そんなことを思い出した、石神井という響きでした😊 

★お返事

★めんまねえちゃん >
直すのって全体の整合性を確かめるから、いちから始めるのと同じくらい大変な場合があって、なかなかにしんどいですね。
ここを直してとばくぜんと言われても、違う場所を変えたらそこはいじらずに済むとかあるし。
紙は安いけど宝石は何度もやり直しがきかない素材もあるのでは。

もし東京に住まざるを得ないことがあれば、練馬が候補地になるかも(笑)
カメラは慣れればどうにかなるものね。
都内のどこかに巨大ガマ伝説のあるカエル像があるとブラタモリでやっていて、気になっていたんですが、今確かめたら麻布でした。
上手にまとめてらっしゃるかたの記事がここに↓
http://ameblo.jp/nariken2077/entry-10734824532.html
あのカエルから水が出たらさぞや壮観でしょう。報告待ってます :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

★みけにゃんママさん >
応援ありがとうございます。
東京にお住まいだったこともあるんでしたか。
黒田三郎さんの詩についてのやりとり、すてきなお話ですね。
鹿児島出身でそんな方がいたとは不勉強で知りませんでした。
釣りをしたくて鹿児島へ移住されたお父様もすごい(笑)

No title

もともと、両親は、鹿児島出身ですが、父の仕事関係で、私は、25歳まで、ほとんど関東方面、東京や千葉に在住して、東京の幼稚園〜大学〜職場でした😊
東京も、杉並区高円寺、世田谷区北沢、港区白金、、、と父の社宅があちらこちらにあり、幼稚園から高校は、転校していました。 父は、定年後に、鹿児島が恋しくなり、釣り三昧をしたくなり、強引に私もいっしょに、鹿児島で暮らすこととなり、もう、鹿児島暮らしの方が長くなりました。。。
学生時代の友人たちもそれぞれの日々で、時折、メールで連絡取り合うぐらいとなりました。。。
今は、合唱団で歌ったり、ブログやfacebookで記事アップして、交流が楽しいです🎵😊

★みけにゃんママさん >

★みけにゃんママさん >
そうでしたか〜転校つづきだと大変だったでしょうね。
そのぶん全国にお友達もできたかもですが…
私の叔父も鹿児島に帰るのをモチベーションにして定年まで名古屋での単身赴任をがんばっていました。
男性って家族を巻き添えにして故郷に帰りたがりますね。
女性の方がお嫁に行くことが多いぶん、あきらめが潔い気がします。
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク