もう持ってるのに

kfc00210-1

kfc00210-2

kfc00210-3

kfc00210-4

kfc00210-5

kfc00210-6

kfc00210-7

kfc00210-8

kfcp150126-1

通販で買ったシクラメン’セレナーディア アロマブルー’4,539円。

kfcp150126-2

それの八重咲きタイプ、’セレナーディア フリルブルー’2,980円→1,000円。

kfcp150126-3

’セレナーディア アロマブルー’2,980円→花が終わって300円。

kfcp150126-4

ラベルがなかったミニシクラメン300円。

kfcp150126-5

ガーデンシクラメン’冬の稲妻’198円を、そこらでむしってきた苔で苔玉仕立てにしたもの。

kfcp150126-6

アサヒ「ベッドの下が花壇になってもうとるで」

猫や花が視界にいると癒されるのよ :*:・( ̄∀ ̄)・:*:


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

妖精ベッド

ご無沙汰してしまいましたぁm(__)m
私も既に読んでる本を数年後に又買って
友達にプレゼントしたことがあります(^_^;)
鉢植えは「生もの」ですもんね、値段の下落が凄い(!о!)
でも、妖精さんたちに囲まれたベッド、いいな(*v*)
妖精というのは猫さんとシクラメンさんのことです。

これまでの記事も楽しく読みました(^о^)

No title

こんにちは~。はい、覚えていますよ~。例のシクラメンですね。通販で品物到着後、同じものが値下げされているのを知ってショックを受けた海月さん。あの、それで結局今お持ちのシクラメンの鉢はいくつ?5鉢かな~?いや、海月さんの事だし~。隠れシクラメンがあったりして。あの~鉢植えのネギにアブラムシがついた場合って、もうあの世に葬るしかないのかな。。>_<;; あれこれ試してみました。「ふぅ~全部殺したぜ。」と安心していると数時間も経たない間に「ギョッ!こいつらぁ~、またいつの間に。」と再び、ヒョコヒョコと出てきている。

No title

あるある!私は楽譜。以前はどんな楽譜持ってるかしっかり頭に入ってたのに、買ったら持ってた・・・楽譜高いのにっ。
紫なシクラメンきれい(^^♪

No title

あー、あるあるあるある〜! 既読感あると思ったら持ってたなんてのしょっちゅう、
珍しい!と思って買ったらすでにあったーとか、ほんと日常茶飯事よ。
ここんとこ、コメントしたと思ってたのがしてなかったってのがすごく多くなってる。記事読んで、ぱっとコメントする内容が頭に浮かで、でも他に用が入ってそこから離れてしまい、そしたらもう忘れてるてってことよね。
シクラメンセレナ−ディアは、園芸店で根下がってるのをみるたびに海月さんを思い出しつつ、残念がってるのよ、ケチな私は。(笑)
それにしても、ハンパない値下がりだね。うちの近所はガーデンシクラメンがたたき売られてても100円だもんなぁ。
苔玉仕立て、やっぱりかわいいな。その100円で買ったガーデンシクラメンを苔玉仕立てにしたいと思うも、結局苔も買わないとダメだから見合わせています。^^;

↓サボテン類、うちのも今ダメダメ状態だけど、でも完全に枯れるのもなかなかなのよねー。(笑)

★お返事

★ななみみずさん >
同じ本を買ってしまうことって、皆さんあるんですね。
書店は返品がきかないので、私も人にあげるか古書店に売ったりします。
鉢植えは置き場所に困るのか値下がりかたがすごいです。

★TSさん >
シクラメンの数ですか〜ベランダのもあわせるとたぶん20株くらい^^;
アブラムシは厄介ですよね。暖かくなると爆発的に殖えるので私も困っています。
猫がいるので農薬は使いたくないし…
牛乳をスプレーするとかの対症療法もいろいろあるんですが、どれも効果はまちまちで、これだというのがないのですよ。

★よしさん >
ブルーシクラメンは「他の花に比べたら青っぽい」という程度の青さだけど、好きな色なのよ〜。
楽譜、高いよねえ。見た目もそんなに変わらなそうだし、間違えて買ったらショックが大きそう。
本もそうだけどたぶん返品きかないよね^^;

★ぱんとらさん >
コメントしそびれるのも、あるわ〜。リンク先を見に行ってそれっきりとか( ̄∀ ̄;)
シクラメン、少し待てば安くで買えたと思うとがっくりだけど、届くまでのわくわく感とか贈答品クラスの花付きを楽しめたからまあいいや。
苔って高いよね〜。以前みかけた道ばたで苔をはがしてた人、売りに行ってたのかも。
そうそう、うちにも生きてるかどうかわからないサボテンの寄せ植えが(笑)

No title

私は本!海外の推理小説が好きなのですが
20年ごしで同じものを買っちゃうと訳者が違ってて
すごい違和感。
結局昔の方の日本語のほうがしっくりきたりします。

サボちゃん、接いだことあるのですが
へそ曲がりな私に似ちゃって、どんどん曲がってきて。
サボテンは枯れてもトゲがしぶとく何年も残ってまきびしみたいになるのと
透明な細いとげはささっても見えないので
猫の安全のために多肉達だけ、しかも外で越冬です。

No title

え〜〜、私の方が重症です・・・もう読んだ本を、読んだことすら、もちろん内容もすべて、忘れていることがあります(-_-;)
読んだ事は覚えていても、内容はまったくわからない、という事がほとんどですし。映画も見たそばから忘れてます。一生懸命見てるのに、何か能力が欠けているんだと思っています・・・・


八重咲きのシクラメン、印象が違いますね。
苔玉仕立ての白いのがキレイです。

★お返事

★矢羽さん >
翻訳の違いは大きいでしょうね。
サボテンの継ぎ木をされたとは、心強いです。私もその域に達したらいいなあ。
猫がいると刺があるのはね〜。小さい刺が一番厄介かも。うちも刺が肉眼で見えるものだけ、しかも大部分は外の、猫が届かないハンギング鉢です。

★きぃたさん >
本の内容は私もかなり忘れていますよ〜。仕事の資料なんて特に、似通ったのが何十冊もあるので何がどこに載っていたかわからないです。
映画は私はあまり見ないのでまだ覚えてるのかも…
年間何十本も見る人とか、混乱しないのかしら。
青系の花って葉っぱの緑とまぎれてわかりにくいです。お年寄りが派手な色を好むようになるのもわかる気がします^^;
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク