FC2ブログ

変化朝顔

kfc02047-1

kfc02047-2

kfc02047-3

kfc02047-4

kfc02047-5

kfc02047-6

kfc02047-7

kfc02047-8

1月の誕生日に友人大石ちゃんからアサガオの種をもらいました。
国立歴史民俗博物館の「伝統の朝顔」展の図録と一緒に。
1と2コマ目の絵の元ネタは、図録に載っていた豊原国周の「花揃美人くらべ」です。→

kfcp02047-1

変化朝顔にはほんとにいろんな形や色があって、おもしろいです。

kfcp02047-2

「青乱菊葉青紺覆輪乱菊石畳咲」というすごい名前のとおり、群青でふさふさの珍しい花らしいのですが、ぜんぜん違うのが咲きました。
変化朝顔は遺伝的にめざす形が出てくるのと出てこないのがあって、種をまいて双葉を確認するまでわからなかったりするようです。
これはこれでおもしろかったし、いい経験になりました。

kfcp02047-3

定吉さんから種をいただいた“サンライズセレナーデ”に似ているけど、別ものかな。
どれがどれだかわからなくなっています^^;
ほかにもいろいろ咲いています。

kfcp02047-5

kfcp02047-6

kfcp02047-7

kfcp02047-4

なんとなく手に取った苗が、育ててみたら石化という帯状に平たい茎になりました。
面白いので種をとって来年もまいてみたいです。


b_kfd



b_kfd

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

江戸時代の朝顔は高尚な趣味だったでしょうねー
1コマ2コマは、「花揃美人くらべ」の構図から
との事ですが、「花揃いニャンくらべ」?としての
雰囲がよく出ていますね

「青乱菊葉青紺覆輪乱菊石畳咲」←分けわからないような
名前にも思えるが・・ でも、一字ずつ漢字を見ると
なんとなーく雰囲気は感じられますよね(^_^.)

(最後あたりの写真の)
絞り模様の朝顔が自分は好きだが、
爽やかな雰囲気があって素敵だと思いました

>育ててみたら石化という帯状に・・
こいう感じになったのをたまーに見かけるが、
石化と言うのですね(また一つ覚える事ができました)

変化桔梗

ブラッシング詐欺の種の話で盛り上がった昨日の写真・・・。

よく見たら、キキョウの普通5枚花弁のお隣に、4枚花弁咲きが。
雄しべと雌しべの数も4つ。

四つ葉のクローバーみたいな珍しいものらしいですね。

近くに蟻さんはいませんか? 蟻がキキョウの花を噛むと色が変わるようですよ。

アサヒさんの着物の鍾馗が、アキさん。見いつけた!
ナツさんの頭の後ろ、ワカメちゃんだったのですね。

青・乱菊葉・青紺・覆輪・乱菊・石畳咲
あお・らんぎくば・あおこん・ふくりん・らんぎく・いしだたみざき

江戸菊みたく、花びらがくるりんぱするらしいですね。
これはキキョウみたい。これはこれでレアショット。

No title

江戸時代に朝顔の品評会があった?とか?
早朝にしか咲かない朝顔の品評会って・・・
舌を噛みそうな早口言葉の朝顔に覚えられないです。白地に青の線状に涼しげで好きです~

No title

変化朝顔・・・略して変顔、いけんか?

目病み女と風邪ひき男の通り
アサヒの色っぽいこと!
フユ鍾馗さま、お陰がありそう~。

青打込境渦柳葉白撫子采咲が欲し~。

また来ます。


No title

青乱菊葉○▽※♪@寿限無南無阿弥陀仏〜 だわね。
覚えてもらう気まったくなしとみた。(^∀^;)
豊原国周の「花揃美人くらべ」のアサガオが一般人のアサガオイメージと
遠く離れてるのにびっくりだわ。

江戸の花競べだったかな、以前、NHK趣味の園芸で
小笠原さんだっけ?ベテランというか息子が今は前面に出てる
ご隠居園芸家が、江戸園芸のアサガオの紹介をしていて
高級感やら趣味度の高さから盆栽みたいだな、とびっくりした記憶があります。
毎年夏に、海月さんとこ見て、来年はアサガオを!と思いつつ、
既に何年経ってんだ?(๑¯∇¯๑)

★お返事

★チョコミントさん
「美人くらべ」がちょうど3名だったので、三姉妹になぞらえてみました。
朝顔の名前、覚えられません。江戸の人たちは覚えていたのかなあ。
絞りの朝顔は「江戸風情」です。ゆかたの柄っぽくて、私も気に入っています^^

★草さん
キキョウの花びらが4枚のは珍しいのでしたか。
クレマチスでも咲き始めは枚数が少なかったりします。
アリはけっこういると思います。噛んでいるのをみつけたら確かめてみたいです。
鍾馗さんのアキに気づいていただけてうれしいです。

★amesyoさん
朝顔の品評会、遠くの人は前日から泊まり込みじゃないと難しいかもですね。
品種名は他もこんな感じです。歴史資料の和服や壺なんかも、漢字だらけの名前ですね。
しぼりの朝顔が人気〜。種を取ってまた育てたいです。

★飛花ぽんさん
変顔…うっかり言ってしまいそう。
目病み女は目薬を拒否して距離を保っています(´;ω;`)
風邪ひいた時のトッコはうるさいよ〜咳払いも鼻かむ音もでかいの。
鍾馗さまはアキですじゃ。生前、アサヒとラブラブだったのよ。
青打込境渦柳葉白撫子采咲…不完全燃焼のガスの火みたい(笑)

★ぱんとらさん
他の変化朝顔も、のきなみ漢字だらけ。みんな覚えてたのかなあ。
「団十郎」みたいにわかりやすい別名があるといいのだけど。
小笠原翁も名前が長いよね。小笠原左衛門尉亮軒さん。
朝顔市って今年もあるのかな。いとうせいこうさんも毎年行ってそう。

変顔朝顔¿変人朝顔¿

あ〰︎私もうダメだぁー。変化朝顔が、変顔朝顔&変人朝顔に…目の問題か¿頭の問題か¿花揃美人くらべ、元ネタよりも海月さんの描いたビール三姉妹がすきだなぁ。ナツの後頭部、坊ちゃん刈り?7コマ目の朝顔なんでここで咲くねん!¿って…昨日の種といい、変化朝顔といい、園芸にはまる訳がわかった気がします。朝顔も色々あるのねー。最後の写真、なんとなく手に取った苗も朝顔なの?石化って…ちゃんとお水飲めてるのかしら?平たい茎ってニラみたいなのかしら?バーナーの駒柄の着物着てるにゃんちゃんはコマ姉さんだね。エビス、何が書いてあったの?カリカリ減らされるとか…。アマビエちゃん、色々素敵なものを見せてもらえてよかったね。左髪に付いてるリボンがおとつい位から、カニ🦀さんに見えて仕方がないんですが…。リボンリボン🎀って思っていたけど…。どっちだろう?今日8月8日は世界猫の日ですって。

海月さんへ

この変化朝顔というのは、その株から色々な別のお花が咲くのですか? 
或いは、株が違うと、それぞれどんな花が咲くのか分からないという事?
色々なお花が見れるのは面白いですね。 ^^

変化朝顔

以前に変化朝顔は少し育てていたのですが、変わった系統になると種子を採って維持するのが大変で、結局は簡単な系統以外は栽培をあきらめたのは悲しい記憶です。
基本的に同じ株からは同じ花が咲くのですが、種子が出来ない系統があって、普通の花が咲く兄弟株の種子を採ってという手間と場所が半端ないんですよね。

もともと薬として中国から来たアサガオの突然変異を固定したものなんですが、メンデルの法則も知られていない江戸時代に、あれだけの品種群が維持されていたというのは本当にすごいことです。

その意味で言うと、江戸風情はアサガオとは別の種であるマルバアサガオですから、変化朝顔として販売するのは正しくないんですけど、そこは野暮かもしれません。

で、植物学から見たアサガオとマルバアサガオの違いですが、アサガオは花の根元にある萼が尖っていて種子は上向きに付きます。しかし、マルバアサガオは萼が丸みを帯びていて種子は必ず下向きになりますので、観察していただければと思います。

ただ、それ以外の特徴から海月さんの「青乱菊葉青紺覆輪乱菊石畳咲」は変化朝顔ではなくマルバアサガオっぽいのが気になります。
もっと気になるのは、最後の石化した株でして、種子から同じものが出るといいですね。

★お返事

★すずらんさん
最初に覚えた情報が強くインプットされると、なかなか修正がききませんね^^;
ナツは坊ちゃん刈りでした。
石化した茎は、ふつうのつるを平たくつぶしたような感じでもう少し厚みがあります。
太さがあって支柱がなくてもすっくと立ってくれます。
アマビエちゃんの髪飾りは、カニで正解かも。私が描くならヒトデもいいかな。

★korolemonさん
ひとつの株からは一種類の色形が出るようです。
同じ親からいろんなタイプの子株ができるのかな。
種ができないものもあって、代々維持するために、はずれの子株も育てなきゃいけなくて大変なようです。

★定吉さん
たしかに維持管理が大変そう。
種子が出回っていないのも、ラベルと違うのが出てしまってクレームとかになりがちってにもあるかも。
江戸風情は種のおまけに画像のCDもついていて、風変わりな育種家だなあと思いました。亡くなった奥様の花壇からみつかったというエピソードは、違う品種と思っても指摘しづらいですね。
サンライズセレナーデは、画像のピンク系アサガオとは別の場所で旺盛に茂っていました。そろそろ咲きそうです。
石化のはどうしても同じものがいいというわけではなくて、次世代をみてみたいという好奇心です( ̄∀ ̄)

No title

朝顔といえば夏休みの理科の宿題でおなじみのため、すっかり種が採れるものと思い込んでいますが、こういう品種は採れないんでしたよね?

「青乱菊葉青紺覆輪乱菊石畳咲」・・・
(°▽°;;)???

★きぃたさん

種がとれない場合もあるみたいです。
形質が発現しない株を予備として育てていかないと、品種が途絶えてしまうので、とても場所をとるんだとか。
マンションの狭いベランダでは、なかなか厳しいです^^;
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク