FC2ブログ

アキメネス

kfc02018-1

kfc02018-2

kfc02018-3

kfc02018-4

kfc02018-5

kfc02018-6

kfc02018-7

kfc02018-8

kfcp02018-1

アキメネスはイワタバコ科の花です。
暑さと寒さと直射日光と水切れに弱いんだとか(;´д`)

ちょっとイモムシ感があるアキメネスの球根。
寝かせてそっと埋めておくと、数日で発芽しました。
品種はまぜこぜらしいです。
とりあえず発芽させて、色形が似ているもの同士を集めて植え替えてみようと思います。

kfcp02018-2

kfcp02018-3

このまえ産直の店で500円で買ったイワタバコ。
これは濃い紫の花が咲くとのこと。
葉っぱがだらーんと長く伸びるようです。
イワタバコの仲間でウシノシタという花もあって、そちらは双葉の一枚がずっと伸び続けるんだとか。
牛の舌って長いんですよね。
肉牛農家で牛と一緒に育ったので、リアルに動く牛タンを思い出せます。

kfcp02018-4

kfcp02018-5

セントポーリアもイワタバコ科。
私は水やりしすぎるので、乾湿がわかりやすい素焼き鉢にいくつか植え替えてみました。

kfcp02018-6

こたつ兼、祭壇兼、セントポーリア置き場になりました。

kfcp02018-7

在りし日のアキと、まだ右目が見えていた頃のアサヒ。2016年頃です。
今日はアサヒのうちのこ記念日です。

kfcp01648-7

2011年に保護する直前は、こんなにがりがりだったのよねえ。

kfcp02018-8

大きくなりました、横に。


b_kfd



b_kfd

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

アキメネスは初です!
多分、そういう時は自分も球根を頂くとは思うが・・
イワタバコを育てられている海月さんだったら
アキメネスも上手に育てられると思いますよ!
だが自分は枯らせてしまう自信しかない気がします(笑)(^_^.)

>リアルに動く牛タンを思い出せます。
わぁー! 動く牛タン!
牛が草を食むのを近くで見た事はあったが、
そういう見方をした事はなかったなー(笑)

No title

虫・・って・・虫の形の球根なんですか??
知らなかったら びっくりです
お部屋に置いても囓らないんですね・・家は植物を囓る子が居るので置けません。
そうそう 牛の舌って長いんです・・
昔 北海道のお友達のお宅で牛の世話・・っていっても少し・・そのときに子牛の誕生を見て・・
母牛の愛を・・それ以後 牛タンが食べれなくなりました。

No title

アキの差し金、すばらしいわ〜(`▽´)
アキメネス、どんな花かみたくてググったら、
確かに同じ科ということもあって、セントポーリアに似てるね。
ウシノシタかぁ、一瞬おっ!となったけど、
牛の舌の長さではなく牛柄に惹かれるんだったわ。(^∀^;)
保護する直前のアサヒ、エビキリが保護されて1年経ってるから
やはりオトナになってる。しかも1年の苦労も見えるような・・・ 経産婦だったりするのかしら。
保護してもらって良かったねぇ、横にも大きくなれて。(*^m^*)

アキメネス、アキメネス、調べましたよ。本と虫かと思ってしまう💦。海月さんの5コマ目の表情、わかるわ〜。てかこの時は、わなのか?はなのか?字って書かなくなったなぁ〜。色々、問題が出てきてる🙀私だと、開けた瞬間ギャー、四方八方に飛び散って…こんなん球根違うやん😾って言って片付けるなぁ。球根って、チューリップ、ヒヤシンスみたいなのしか知らないから。暑さと寒さと直射日光、水切れに弱いって…🙀私なら、無理だな…。ラッパみたいな花、見てみたい。イワタバコも初めてかも。牛は、育ててたら食べられないよね。いただきますは、動物や植物の命をいただく事だから、責任を持って食べなさいって母親から教えらました。ここは植物色々見れるし、私の知らない事もあるし、本と植物園みたい。セントポーリアの棚もまだ置けそうだね、他の植物も増えそうだし、楽しみ。カエルちゃんの置き物もかわいい。まだ、色々あったよね?小物も楽しく見させていただいてます。アサヒうちの子記念日おめでとう。太ったって言うより、ネコの種類が変わったみたいって思う。海月さんの表情、ネコちゃんの表情、喋ったり、動いたり、写真でいつも癒されてますありがとう。昨日は、お腹がいっぱいになったのか、コメントしてから、洗濯も途中で寝てしまった。お茶も畳にこぼしたし、調子に乗りすぎたかなぁとちと反省。唐揚げ、冷凍して無いと野鳥さんは全部食べちゃいそうだね。レンジでチンしてまでは、食べないのかなぁ?こっちのテレビ局でカニカマ、サラダマリアージュを使った料理してたよ。工場の北側、蓮がいっぱいだね。いつまでか忘れたけど、そこで撮った写真応募してるみたい。綺麗だった。ってか海月さんの市じゃんってなんか嬉しかったです。ナツの突撃実家の晩ごはん。私、そんなに若くないよ。夕食、自分で食べたのに、食べた事忘れる。最後の一口とか最後の一個。あれ¿ない。なくなってるから、食べたんだよね¿って…白髪も増えてるやん…老いって思うより、たった今から進化って思う事にしました。

ハードルが高い!

暑さと寒さと直射日光と水切れに弱い…
うちのガーデンには無理無理、残ネーン!
自宅からリモートで見守ります(^m^)
海月さんガンバ~

アーニャが別猫! (*ΦωΦ*)
ひとはこれをシアワセ太りと言ふ…ふふふ

★お返事

★チョコミントさん
アキメネスは世話のしにくさと、同時期に咲くポーチュラカやペチュニアに負けて、流通量が減っているらしいです。
園芸店でもあまり見ませんねえ。
フラワーセンターは温室植物に力を入れているので、たくさん球根ができたのかも。
無料で配るところが太っ腹です。

★amesyoさん
球根の大きさや色が、ちょうどイモムシのようなんですよ〜
たまたまおうちに行った時に牛の誕生が見られるとは、ラッキーでしたね。
乳牛はお乳を出すためにお産が多いのかも。
私は2回かなあ。一度は見過ごし、一度は夜中のお産だったのを親が起こしてくれて見られました。
牛タンは好きな人は大好きですよね^^;

★ぱんとらさん
アキなんとかという名前の植物は、けっこうあるよね。カリなんとかも(笑)
牛柄の植物は記憶にないけど、牛グッズは無数にありそう。
アサヒは保護前に出産して、子育てが終わった頃に保護したのよ。
小さな避難小屋があってごはんさんもいるので、子猫も食いっぱぐれはなかったと思うけど、どうしているやら。
当時のアーニャのだんなも牛柄だったよ。

★すずらんさん
虫かと思う根っこ、けっこうあります。
オリヅルランも白くて太くて半透明な根っこができるので、植え替えの時にびっくりするかもよ〜
実家では鶏をお正月やお花見の時にさばいてみんなで食べてましたが、鶏肉は大丈夫なんですよ。不思議。
ブログ楽しんでくださってうれしいです(*´ω`*)
私も坂道を転がるように人生下り坂です。加速度がつくの。
かまぼこ工場のハス池、見に行きたいなあ。夕焼けもきれいらしいですね。

★gerogeroさん
フラワーセンターの小温室にアキメネスや球根ベゴニアのコーナーがあって、花鳥園のように見事です。
しかし育てるのハードルが高いね〜
うちはベランダに置ける重さに限界があるけど、室内ならまだいけそうなので、ダメもとで育ててみます。
アーニャは今でも家庭内野良猫なときがあるけど、ストリート時代からごはん命!
食事時は先頭でスタンバイしています(笑)
のんびりしてても食いっぱぐれはないのにねえ、と思うとちょっとせつない。
経産婦の成猫で保護したのに、ハル母さんと違ってうちの誰とも喧嘩しなくて、コミュ力が高い^^;

海月さんへ

>暑さと寒さと直射日光と水切れに弱いんだとか・・
かなり難しそうですね。
ハードルが高くなればなる程、海月さんのやる気には火が付くのでしょうが。。。 ^^

「すり身」美味しそうですね。思わずポチリそうになりました。
送料もあるし、どうせ買うなら5㎏と思ったのですが、冷蔵庫に入らないかもしれないと思い中断。^^;
さつま揚げ、大好物なのです。写真を見ただけでよだれが出て来るほど・・・ ^^;自分の家で作ったら、さぞ美味しいのだろうなぁ。

★korolemonさん

ハードルは低いほうがいいですよう(;´д`)
全員もらえる球根が、そんなにハードルが高いはずはないのですがねえ。
揚げたてのさつま揚げ、おいしいですよ〜( ̄∀ ̄)
都市部の鮮魚売り場なら、すり身を置いてるかもしれません。
お子さんに作ってみるよう頼んでみては(笑)

Re: アキメネス

確かに、昔はアキメネスの鉢植えを園芸店で見かけた記憶がありますが、最近は全然見ないですね。やっぱり、園芸植物にも流行りすたりがあるので仕方ないです。

あと、セントポーリアは少し栽培していた経験がありますが、水遣りのタイミングは最初鉢を持ち上げて重さを見ていたのですが、最後は葉を下から持ち上げてしんなりと持ちあがったら水をやるようにしていました。
適当な置き場所を確保できなくなったのと、ホコリダニの被害で栽培をやめてしまいましたが、、、

それから、ドイツアサガオと江戸風情は間違いなくマルバアサガオの条斑点絞りです。ルコウソウから突然変異は恐らく勘違いで、マルバの絞りは私の生まれる前から国内に入っていたはずです。

★定吉さん

アキメネスは市場競争に負けちゃったんですね。
水やりはシンプルだけど加減がほんと難しいです。
うちは猫がいるので薬品もできるだけ使わずに済ませたいので、弱いものは生き残れない、弱肉強食な感じになっています^^;
マルバアサガオの絞りもそんなに以前からあったんですか。
今まで花に気を取られていましたが、葉っぱの形も気をつけて見てみたいです。
金魚の横の大きいアサガオは、葉っぱが斑入りでなかなかきれいです^^
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク