FC2ブログ

猫にユリはダメ

kfc01803-1

kfc01803-2

kfc01803-3

kfc01803-4

kfc01803-5

kfc01803-6

kfc01803-7

kfc01803-8

kfcp01803-1

ユリ中毒についてくわしくは旗谷動物病院のサイトに→

kfcp01803-2

スイセンやヒガンバナなど、動物が口にすると危険な植物はたくさんあります。
うちは植物だらけで猫は見慣れていて興味を示さないのですが、油断しすぎないようにしたいです。

<2019.12.11追記>
花に詳しいwoojyanさんから、くわしいコメントをいただきました。
大事な情報なのでここにも転載しますね。
 - - - - - -
亡くなった猫ちゃんのためにお花をいただきましたと言う報告の中で、たまにユリが入っているアレンジメントを見ることがあります。
多頭飼いの場合は絶対ダメだけど、たぶん送り主も飼い主も知らないのでしょうね。
花屋で花束やアレンジを注文するときは、ユリ科の花は入れないでくださいと言わないと、ユリが入る可能性が高いです。
ユリを入れると大きく空間を使うから、花束やアレンジ全体が大きくなって、豪華で見栄えが良くなるので。
スズランはあの清楚な花から想像できないけれど、人にとっても猛毒なので、特に子供やペットのいる家庭では家に入れてはいけない植物です。


kfcp01803-3

アサヒが膀胱炎で、昨日は通院してきました。
抗生剤を飲まされて激おこでしたが、どうにか機嫌を直してくれました。
錠剤を飲ませるさい、水を5、6ml一緒に飲ませるのがいいそうです。
錠剤だけだと食道にとどまってそこを痛めるおそれがあるそうな。

kfcp01803-4

かかりつけ動物病院にはナツの訃報をはがきでおしらせしてありました。
ひさしぶりに顔を出したところ、先生とナースの皆さんからおくやみを言われ、しんみりしました。
動物病院やブログで、ナツのことを覚えていて一緒に悲しんでくれる人たちがいるって、ありがたいことです。

kfcp01803-5

食欲に波があるコマ姉さんが、食欲と元気をキープできているのもうれしいです。
たまに尿漏れしますが、熟女なのでいたしかたないのです。

kfcp01803-6

末っ子のビール三姉妹も、シニアになっていろいろ出始めるころです。

kfcp01803-7

シモの病三兄弟(しもやまブラザーズ)の最後のひとり、フユ。
肛門のうが詰まって破裂したのが治って、今は元気です。
詰まりやすい体質らしいので、定期的にしぼる必要があります。
動物病院とはなかなか縁が切れないというか、これから長いおつきあいになりそうです。


b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

うふふ
ゲキオコのアーニャ、かわいいんだろうな〜(╹◡╹)

No title

ユリを活けた水も猫には有害になるんですねー
猫の超天敵のようなユリなんですね(笑)
猫に有害な植物は沢山ありそうだが、
植物たちにしてみれば身を守る必要があって
当然だろうし・・
考えさせられますねー


No title

百合科は危険と獣医さんに教えて貰い
猫様がとどかないようにしています
どれが危険か?解らない時もあるので
基本家の中には置かない・・下僕がいるときは良いですがいないときは部屋を閉めておきます

★お返事

★ななさん
アーニャは怒ってシャーと威嚇するものの、小柄だしかみついてきたりはしないので、怖くはありません。
ハル母さんのときは、かまれて手に穴が開いたことが^^;
怒りつつも手加減してくれていると思うと、ふびんです。

★チョコミントさん
スズランも同様に毒だそうですよ。
やわらかくて消化しやすいから、動物に食べられないよう必死なんでしょうね。
野生動物は親から教わるか何かで有毒のを避けるのかも。
親から教わらなかった猫は、好奇心で身を滅ぼすことも(;´д`)

★amesyoさん
動物病院でもユリ科が危険なことを啓発してるんですね。
うちのかかりつけ医でも、壁掛け液晶画面で始終、動物関連の飼育情報アニメーションを流しています。
でも音楽がうるさすぎて猫がびびるのがかわいそう(゚ーÅ)
開かずの扉って、かえって入りたがりませんか(笑)

No title

亡くなった猫ちゃんのためにお花をいただきましたと言う報告の中で、たまにユリが入っているアレンジメントを見ることがあります。
多頭飼いの場合は絶対ダメだけど、たぶん送り主も飼い主も知らないのでしょうね。
花屋で花束やアレンジを注文するときは、ユリ科の花は入れないでくださいと言わないと、ユリが入る可能性が高いです。
ユリを入れると大きく空間を使うから、花束やアレンジ全体が大きくなって、豪華で見栄えが良くなるので。
スズランはあの清楚な花から想像できないけれど、人にとっても猛毒なので、特に子供やペットのいる家庭では家に入れてはいけない植物です。
・・・と読者の多い海月さんのブログで広めてもらおう(^^;

しっぽの数が多いと、どうしても動物病院とは親しいお付き合いになってしまいますね。
とにかく元気でいてくれるのがイチバンです。

海月さんへ

猫ちゃんにとっては猛毒となるものもあるのですね。
という事は、ワンちゃんにとっても猛毒となるものがあるのでしょうか?
家内は、散歩に行った時、あまり自由に歩かせません。草むらの方まで入って行くと汚いと思う様です。私は自由に歩かせる方です。余程の事が無い限り、引っ張ったりしません。ワンちゃんにとって有害な植物があると怖いですね。^^;

★お返事

★woojyanさん
くわしくありがとうございます。
花を贈る場合、知らずにユリが入る確率は高いのですね。
ユリもスズランもきれいだけど気をつけないとだわ。
動物はわんぱくでも仲が悪くても、元気が一番です。

★korolemonさん
例外もあるでしょうけど、猫にだめなものは犬にもだめと思っておいたほうがよさそうです。チョコレート、レーズン、キシリトールガムなども危ないようです。
散歩で怖いのは誤食とダニです。
予防接種をしていても、長毛だとダニがくっついてしまうかも。
25年ほど前、実家で母がかわいがっていたマルチーズが、ダニの感染症で亡くなりました。
ちゃんと予防していなかったのがいけないんですが、母の悲しみは深かったです。
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク