FC2ブログ

竹細工

kfc01764-1

kfc01764-2

kfc01764-3

kfc01764-4

kfc01764-5

kfc01764-6

kfc01764-7

kfc01764-8

首里城の火災、大変ですね…
沖縄の方たちが肩を落としているのを見るのは辛いです。

kfcp01764-1

竹の刷毛、ひとつあると便利です。

kfcp01764-2

祖父が生前、老後の趣味で孟宗竹を切って作った箸です。長さは約25センチ。
食事に使うには少し長いので、菜箸として使っています。
すべりにくくて使いやすく、かれこれ25年くらいたちます。

kfcp01764-3

若取りしたハヤトウリのぬか漬け。
みなぎるアマガエル感。

kfcp01764-4

kfcp01764-5

姫リンゴのアルプス乙女が今日一個落ちました。

kfcp01764-6

躍動するもんじ。

kfcp01764-7


b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

竹細工のこんなのあるの知らなかった~
わが家では金属製の使ってます。
名前が分からないから検索出来ない~

年季の入った竹の箸凄いですね。

No title

竹のはけ・・実家では常に使っていました。
わさびをすり下ろしたのや色々・・
菜箸、おじいさまから・・私は京都の竹屋さんから買いました、国産です最近は中国製のが安価で出ていますが 漂白されているので怖いので買ったことはないです。姫リンゴ美味しそう~夜店のリンゴ飴思い出します

★お返事

★このはさん
金属製のもあるんですね。
調理器具や昔からある道具って、名前がたくさんあって漢字も難しくて、奥が深いです^^;
じじ箸は見た目はあれですが丈夫で、叔母も手放せないと言っていました。

★amesyoさん
ご実家はこういう道具類が充実していたでしょうね。
見たことない調理器具もありそう(ΦωΦ)
京都の道具屋さん、のぞいてみたいです。一生ものの道具に出会えそう。
姫リンゴは全部もんじのおなかに(笑)

私は歯ブラシ…

恥ずかしくなったので竹の刷毛を買いに行こうっと!
末代までの家宝にするのじゃ〜
竹の箸は長持ちですね。
海月さんの物持ちがいいのかなぁ♪

ご飯に群がるアマガエル \(//∇//)\ 夢に出てきそう〜〜

No title

私は適当にその辺にある物で擦ってます。
当然綺麗には取れないけど。 
歯ブラシか・・、いいかも。 竹のはけって見た事がありませんでした。 
りんごに食いつくもんじろう君の口元が可愛い。

沢山のあめちゃんがご飯に群がる図。 う~ん、食べ難そうだ。(笑)

海月さんへ

竹の刷毛なるものがあるのですね。
大変、便利そうです。
妻やおばぁさんが、どの様な道具を使っているのかは知りませんが、私は普通のお箸で移動させていました。なので、必ず、少々は残っていたと思います。
残らず取れる道具があるのなら、それに越したことはありません。

丁度今日、「当家のゴムベラは取れにくい。100均で売っているベラの方がよくとれる」と義姉が言っていたと聞いた所でした。
いつも使っていると、それが当たり前になりますが、それよりも良いものは、探せばいっぱいあるのでしょうネ!

★お返事

★gerogeroさん
歯ブラシでも気にならなければオッケーだと思います。
うちもよその人が見たらどうかと思う習慣が山ほど。
食卓を猫が我が物顔で歩き回っていることとか^^;
竹の箸は長持ちします。百円均一の木の箸は、なぜか1年ともたないの。
アマガエルちょっと入れすぎました(笑)

★REIさん
歯ブラシでもいいよね。
くっついたぬかを洗い流すのがなんかもったいなくて。
もんじはアルプス乙女を気に入ったみたい。
来年はもっと実るといいなあ。
イエアメガエルのアメちゃんもハヤトウリに見えてきました。ほんとそっくり。

★korolemonさん
以前はぬかがたくさんくっついた状態で洗い流していたんですが、けっこうな量がくっついてくるので、やりかたを見直したのです。
ゴムベラはたしかにピンキリです!
使う人が気にならなければオッケーでは。
たまに帰省すると、母の台所がカオスなので毎回「のおお」となります(笑)

No title

そうか、このハケ、うちにもあるけど何の木か理解していませんでした。竹だったんですね。ハケ自体にくっついてしまう量が少ないので便利ですよね。
箸は良いものを使うと戻れませんね。七角のを使ったらすごく食べやすくて感動しました。竹の菜箸、以前買おうか検討したことがありました。使いやすくて丈夫というのは本当なんですね。ヨシ!

★きぃたさん

ハケ、すでに使っておられたのね。
シンプルな材料ですが手放せません。
うちの食べる箸は百円均一なんだけど、つるつるしたり傷むのが早かったりで、残念な感じです。
竹やシダの茎を編んだザルで、50年もののを見たことがあります。
飴色ですごくきれいでした。あやかりたいものです。
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク