FC2ブログ

目と耳の老化

kfc01750-1

kfc01750-2

kfc01750-3

kfc01750-4

kfc01750-5

kfc01750-6

kfc01750-7

kfc01750-8

kfcp01750-1

猫は大きな目と耳で、いろんな情報をキャッチしています。

kfcp01750-2

kfcp01750-3

アサヒの右目は緑内障で見えません。
慣れた環境でなら日常生活には支障がないようです。

kfcp01750-4

腎臓が悪くて療養中のナツは、お薬が効いてよく食べ、体重が増えて久々に4kg台に戻りました。

kfcp01750-5

kfcp01750-6

kfcp01750-7

テレビに映る災害ごみの中に、ピンクの猫トイレがありました。
犬や猫もおおぜい流されたり迷子になったんだと思います。
被災地にこれ以上辛い日が来ませんように。
募金しなきゃなあ…


b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

近年、老眼だけじゃ無く
夜のロングドライブも目が疲れやすくなった実感があります。
看板や信号がぼやけて見える~
かみさんは耳の廊下が進んで、近くにいても大声で喋らないと話が出来ない~
耳が悪い人って声が大きい人が多い。
話するの苦手です~

おいらの耳はまだまだ大丈夫!
ヤブサメの声を誰よりも早く聞く事が出来るらしい~

No title

加齢と共に高音域が聞き取りにくくなるが、
次は低音域もみたいですねー
自分の声は低音で葉切れもよくない感じなので、
母が貴男の声は聞き取りにくい!
嫁さんの声は聞き取りやすいけどと言っていた事を
思い出すが・・
ルリは早口でアナウンサー風にしゃべるので
そうだったんだなー 
と今頃思ってしまった(笑)(^_^.)

No title

学生時代はコンタクトしていましたが・・よく流したり紛失が(笑)でめがねにしました。つけまつげは経験ないです。目を大きく開いて眼球を回す体操が良いと眼科に言われました、湯船につかっているときはホットタオルで目を温めるゆっくり目を休ませる、時々は遠~~くの山々緑をゆっくり見ることも良いです
秋冬は結構紫外線も強いのでサングラスは欠かせないです

★お返事

★このはさん
長距離運転は神経も使うし、目以外も疲労するでしょうね。
トッコも耳が遠いです。たぶん音楽をやっていて大音量でヘッドフォンを使ってたせい。
私は地声が小さいので、やりとりだけで疲弊します。
流鏑馬と書くといさましいけど、ちっちゃくてかわいい鳥ね(*´ω`*)
動画を検索しました。知らなかったら虫の声だと思いそうです。

★チョコミントさん
低音域も聞こえなくなるのですか…
アナウンサーのような話し方というのは、たぶんNHKのようにゆっくり区切ってということだと思います。
関西はマシンガントークの人が多くて、割って入るのはむずかしく、合いの手をうつしかできません^^;
トッコはゆっくりなんですけどね。やつは人の話をきかないので、別の意味で疲れます(笑)

★amesyoさん
コンタクトが流れることもあるんですね。
鹿児島では火山灰があるので、コンタクトをつけるとすごく痛いらしく、つけようと思いませんでした。
眼球を回す体操、人に見られたくないな(笑)
サングラスも未体験です。出歩く機会の多い人は必須かもですね。

No title

あれ、書いたかなあ。
ネットで大雨の田んぼの中を走って逃げるイノシシグループが話題になっていますけど(ウリ坊も一緒だから)、あれは柏近辺らしいです。利根川の河川敷に住んでいたのが増水で逃げていたとか。
前回は野鳥の被害がかなりあった様ですが、今回は多くの野生動物が被害に会ってるかもしれないですね。
(既に書いてあったら無視してね)

私失敗しないのでの女優さん、手術演技の時の目の開き方が半端なくて、余程目の周りの筋肉が発達しているのだろうと感心していましたが、1日10回ギュッをやってみます! 小さい眼が大きくなるかなあ。(笑)

猫は全盲でも生活に困らないみたいです。

★REIさん

イノシシの話をREIさんから聞くのは初めてかも。もし書かれていて私が忘れていたんだったらごめんね^^;
鳥獣は身一つで逃げるから、大雨のときは逃げ足が早そう。
でも前回の台風で雀など小さい野鳥がたくさん死んだそうですね。
どこかにぶつかって失神しただけなら、砂糖水でも飲ませてあったかいとこに保護したら、息を吹き返すこともあるとか。
猫友さんちの猫で、後天的に失明した子が複数いて、みんな慣れた環境で穏やかに暮らしています。
高いとこにもあがるんですって。
演技でも目をくわっと見開くの、怖いです。漫画で白眼は大丈夫なんだけどな。
目をつぶるときはぜひにゃんずと見つめあって(笑)
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク