FC2ブログ

ルリマツリ

kfc01683-1

kfc01683-2

kfc01683-3

kfc01683-4

kfc01683-5

kfc01683-6

kfc01683-7

kfc01683-8

kfcp01683-1

今日は外気温が35度、室温が33度を超えました。
エアコンのある部屋から出たくないけど、家事やベランダの花の水やりで汗をかいています。

kfcp01683-2

色だけでも涼しげな花を集めてみました。

kfcp01683-3

kfcp01683-4

kfcp01683-5

kfcp01683-6

珍しくアオスジアゲハが来ていました。
近くには食草のクスノキはないので、風に飛ばされてきたのかな。

kfcp01683-7

カエルのじょうろから水を飲むコマ姉さん。
皆様も水分補給を忘れずに。
明日は台風対策で鉢を動かさないとです(;´д`)


b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

うちもルリマツリが少し咲き始めたが、
粘着性があるかどうかすら気にした事なかったなー(^_^.)
いかにテキトーに見ていたのか反省しています(笑)

それにしても、アキちゃんはそんなにも
モップ性能が高かったとは!(笑)
ベランダのモップ掛けも
してくれていたのにも感謝すべきかどうか
分らなくなってしまいそうですねー(^_^.)

白花のツユクサは葉に縞が入っているんですね!
単純に白花という訳でもなく、珍しいですねー

フツウのアゲハはよく見るが
アオスジアゲハは殆ど見かけないです
(このように写真で見るとキレイな色ですね)
たまーにクロアゲハが飛んでくるぐらいかなー


No title

白地に紫綺麗ですね~涼しげで好きな配色です
最近の京都観光によくお着物を召した方々が多いですが・・配色が奇抜すぎて柄もなんとも言えない柄で・・息をのむお召で私は着れないです。
こう言う柄は良いですね。
京都も日々暑い毎日です。猫も私も水分補給こまめにしています。
夕刻のキッチンは食事を考えるのも面倒ですね

No title

最後のコマ笑った~
(^O^)

暑い中、草削りしてましたが、日陰で休憩中に一服の清涼感を頂きました。

★お返事

★チョコミントさん
クロアゲハは飛び方がゆっくりで優雅な感じがします。
アオスジアゲハはせわしなくて、あっという間に飛び去ってしまいました。
お庭が広いとルリマツリものびのび枝を伸ばせそうですね^^
アキは本棚の上のほこりも落としてくれていました(笑)

★amesyoさん
白地に紫の絞りの朝顔、浴衣地みたいですね。
この時期に着物で京都観光しようという心意気、すごいです。
最近は着崩れしにくいセパレートタイプもあるとか。
夕飯づくりは朝、体力のあるうちにまとめて作っています^^;

★このはさん
笑ってもらえて何よりですよ。
北国も猛暑日があったりしますね。
夜は冷えるので寒暖差が激しそう。
農作業で倒れないようにしてくださいねー。

No title

ルリマツリというのですか。 これが大きく咲いているアパートがあり綺麗だと思っていたのですが、取り壊されてマンション風きれいなアパートになりました。
ベタベタするんですか。

絞りの朝顔は珍しいですか? 江戸時代の変化朝顔の話を思いだします。 涼し気で良いですね。

↓ ナイーブの意味は勘違いしそうですね。
そう、ナイーブなのよね、反対した人達。



海月さんへ

アキちゃん、歩くモップだったのですね!
アキちゃんを洗うのは、大変ではなかったですか?
コロは、本日散髪でした。
モップの様なしっぽになっていましたが、
あぁ、これなら涼しそうだと思える程全体的に毛が短くなっていました。^^;

台風、凄そうですね。
15日、会社の支店間メールカーを止める事となりました。
事前に止める事を決めるとは、こんな事は過去記憶にない事です。
私も、明日朝、ビニールシートとか外しておこうと思っています。飛ばされるより、濡れる方がましだと思います。^^; 昨年の嫌な思い出が思いだされます。^^;

★お返事

★REIさん
花が少ないこの季節、ルリマツリは目立ちますね。
花の軸のところがベタベタするんですよ。
絞りの朝顔でドイツ朝顔というのが売られています。画像の「江戸風情」そっくり。
愛知トリエンナーレのあの展示や、神戸の津田氏のシンポジウムに異を唱える人、ほんとに警戒すべきところを間違えている気がします。

★korolemonさん
猫やうさぎは、犬とちがってあまり洗わないんですよ。
コロちゃん、トリミングとシャンプーでしたか。寒くなる前に生え揃いそうですね。
今回の台風は大きい上にスピードが遅くて、やきもきさせられます。交通機関がとまって帰省客の足が乱れそうですね。
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク