FC2ブログ

よんじょう画伯の個展

今日は記事をふたつアップします。

kfcp01674-6

4日午後、神戸によんじょう画伯の個展を見に行ってきました。
ニース在住でフランスの題材も多いけど、日本や海外の神話伝説などもあり、ひとつのジャンルにとらわれない豊かな世界になっております。
今回ほとんどの絵が名刺サイズで、ものすごく細かく描かれていて、毎回その手作業のこまやかさにびっくりします。

kfcp01674-7

どの絵もすてきでかわいくて小悪魔的な魅力にあふれていました。

kfcp01674-8

会場のレストランロダンには、毎年画伯が描き加えた壁画が。

kfcp01674-9

鳥獣人物戯画か百鬼夜行絵巻みたいになっていて、たいへんツボでした。
とくにこのオバQ。たまりません。

kfcp01674-10

バンクシーみたいに高値がつきそうです。

kfcp01674-11

零細漫画家が買えるお値段ではなくて、見るだけでしたが、眼福でございました。

kfcp01674-12

買い取った人から運気があがったという話がぞくぞくとあるとか。
私もあやかれるといいなあ。


b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

>よんじょう画伯の個展を見に行ってきました。
??で、ネットで調べまくって、やっとこさ
アウトラインがつかめた感じなんです(^_^.)

>今回ほとんどの絵が名刺サイズで、ものすごく細かく描かれていて
(サイズ的にも)かなりの細密画のようなので
一度見てみたいかなーと思いました

作品と壁画の描き方感覚が
自分の脳内でリンクしなくて・・
いったいどういう女性の方なのかなーと想像しています

 海月さんは ちょいスピ系でしょうか?

No title

コロッセオ?とフレンツッエ?
細かな線で描かれていますね
おばQ懐かしい~~です

No title

これはぱんとらさんが毎年紹介している方ですね。
点画?(そういう単語があるかも知らんが)
細かくてとても雰囲気がある絵ですね。
レストランんの壁の絵を転写して持って帰りたいわ。

あっ、おばきゅう、毛が一本多くない?

★コスモスさん

★チョコミントさん
画伯のブログにリンクをはるのを忘れていました^^;
https://ameblo.jp/franco-japonais1/
ブログで見ると大きく感じるんですが、ほとんどの絵が小さいです。
万年筆で描いておられるんですよ。
自称二十歳とのことですが、遠目には少女のようでもあり、中身はおっさんかもしれないという…
私はスピとは縁がないです。民俗学をやっていたのもあり、神話や伝説を信じる人の気持ちには人間観察という意味で興味があります。

★amesyoさん
海外にお詳しいかたが見たら、すぐどこかわかるんでしょうね。
すみっこに小さい犬や猫がいたりして、何度見ても新たな発見が。
画伯のオバQ、いいでしょう(笑)

★REIさん
ぱんとらさんが紹介されるイベント、多彩よねー。
よんじょうさんは万年筆で描いておられるのよ。
塗りつぶすところは筆でやれば早いのでしょうけど、そこも細い万年筆みたい。
レストランの壁画は将来、すんごい額になるかもよ。
オバQの頭髪とか、本家とは別次元の生き物になってますね(笑)
描こうとしても誰もこんな線はひけないと思うの。
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク