FC2ブログ

作品展最終日、超大物ゲスト

写真家の中島久美子さんとの二人展「島をつなぐ」、本日最終日でした。
おかげさまでつつがなく閉幕を迎えることができました。
今日は猫友のamesyoさんとねこぐうさんが来られて、おふたり同士は面識がなかったのに、すぐさま猫談義でもりあがっておられました。
昨日もクロタンママとうりうりママがすぐさま連絡をとりあう仲に。
その後、海月がマトリョミンという楽器を習っていた頃に知り合った、くりりんさんも来てくださり、本日も盛況でございました。
そのなかでも一番びっくりしたのがこのかた。

kfcp01660-1

「ぼく、小達庵でのんびり寝とったのに」

kfcp01660-2

「リュックに入れられて、気がついたらこんなとこに連れてこられてん」

kfcp01660-3

「こ、この人は!」

kfcp01660-4

「川沿いの竹やぶでぴゃーぴゃー鳴いていたぼくを保護した人やないですか」

kfcp01660-5

というわけで、海月保育園一期生、こたつ君が来てくれました。
7kgの巨体に成長したこたつくん、元気そうでばあやはうれしいですよ・°・(ノД`)・°・

kfcp01660-6

こたつパパに里子にしてもらったころのお写真。あれから6年。立派になったねえ。
手のひらサイズだったのが、いまや7kg。
ご近所の豪邸から、暑いなかとうちゃんと一緒にタクシーでかけつけてくれました。
こたつくん、パパさん、ありがとう。

kfcp01660-7


kfcp01660-8

キリン「あのちっちゃかったこた坊が...」

こたつくんとビール三姉妹を保護した場所は、ほんの数十mしか離れていません。
もしかして血縁なのかも。特にキリンが似ています。
とくに体格が。

kfcp01660-9

「レディと7kgの好青年を一緒にせんといて」

昨日の記事に書いたGOあやさんの件、来場されてたのはやはりご本人だったそうです。
ギャラリーには彼女の作品も置かれていました。
名作なのに、トイレの足元に置かれていて、気づきませんでした^^;

kfcp01660-10

猫つながり、生き物つながりの知り合いの皆様のおかげもあり、大盛況でした。
みなさんハンセン病のことを熱心に理解しようとしてくださっているのがひしひしと感じられて、作品展をやってよかったなあと思いました。
農園ブログなのに連日カテゴリ違いの記事をアップしていますが、これも何かのご縁と思って、おつきあいいただければ幸いです。


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

二人展は大盛況だったようですね!

>海月がマトリョミンという楽器を習っていた頃に
マトリョミンの事を全く知らなくて、
Youtubeを見て、こういう楽器があったなんて!
ちょっと驚きです 不思議な電子音でマンドリンにも
どこか似た響きがする感じなんですねー

こたつ君との再会には感動されたでしょう!
PC画面を介して見ても感動が伝わってくるぐらいなので・・
それにしても7キロも!
なんとも幸せ太り?のように思えて
微笑ましく思えますよ!

沢山の出逢いや再会などもあって
実り多き二人展になったようで、ホント良かったですね
 お疲れ様でした

No title

昨日は本当にありがとうございました。
心つまる勉強させていただきました。
えっ・・こたつちゃんが~~
7k・・育ちすぎ~大事にされているのですね
あの・・小さな子が堂々と・・もう少しいたら会えたのですね・・残念(笑)でも・・素敵な展示会でしたね・・行けてよかったです

★お返事

★チョコミントさん
マトリョミンはシンセサイザーのような電子音です。
マンドリンのような音は、もしかしたら伴奏のマンドリンかも^^;
こたつくんはまさに幸せ太りです。
毛艶がよくてピカピカです。
初の作品展でどうなることかと思いましたが、なんとか終了してほっとしています。

★amesyoさん
暑い中、遠くからお越しくださってありがとうございます。
こたつくんは保護時はスマホサイズでしたが、里子に出てからの成長めざましく、ひょっとしたらまだ成長中なのかもしれません。
サプライズだったので、同席できず残念でしたね。
ねこぐうさんは『麦ばあの島』全4巻を読破して帰られました(笑)

No title

作品展、お疲れさまでした(*^▽^*)
やっぱり、海月さんを介してブロ友さんが仲良しになるのって良いですね。あぁ、私も行きたかった😢
こたつくん!同じキジトラだからかタロちんに似ています。凄いなぁ。その大物ぶり。
キャリーに入れると失禁、病院後に膀胱炎発症のタロちんに見習ってほしい(-_-;)
海月さん、海月柄のワンピースがとってもお似合いです💛


トリはやはり横綱?!

鶉や、ニャンや…
アットホームな環境ならではのサプライズですねぇ (*´ω`*)
しかし…7キロ(@0@)
指圧してもらったら効きそうですぅ~~
(子供の頃にいた猫はよく背中をもんでくれたのよ)

そうそう、トイレも重要なのでした(^m^)
みんながほっこりできる作品展だったと思います。
それぞれが持ち帰った種があちこちで発芽して
はびこるといいですね!

No title

お疲れ様でした。 そして盛況・大成功で良かったです。
ブロ友さんは勿論、ハンセン病に興味を持ってくれる人が多くて良かったです。
漫画や写真、そしてこういう展示で、身近に知る機会が増えると良いと思います。

コタツ君はちびの時のまま大きくなってますねえ。
保護時を知らないでも直ぐに判りました。
うちのマックも同じ様なトラですが、チビの頃とは全く雰囲気が変わっています。
そうね、ビール姉妹の血縁だとすると、何かなあ、第3のビール? ビール風味男子?
懐こい子で驚きです。 うちのねこずだったらメイ以外はパニックだろうし、メイは怒りで出てこないと思います。
今日からは猫+うさび三昧ですかね。
雲の上の尻尾組も一緒ですかね。

こたつくん…♪

e-10 ゎぁー、あのかわいぃ盛りのピャー太くんが、こんなに大猫さんになっていたなんて…
 とにかく7kgの猫など、想像できません。(ののちゃんが3.5kgだったので…)
 でも、久しぶりに会って、こうして対面できるのって、猫飼いさんにとって、こんなうれしいことはありませんね…
 幸せオーラもいっぱい出ていまぁす。
 e-418
e-9 シミ・シワに効きそうな…医薬品名の「マトリョミン」って何でしょう v-236
      <ののちゃんより>

超大物ゲスト

誰なんだろうって思ってたらこたつ君‘‘さすが、海月さん!!ほっこりしました。
我が家の猫ちゃんだった、みん太にそっくりです。ふーはなっちゃん似、チロは、もんじちゃんの柔らかい白茶色によく似ていました。
お二人の展示会、ご盛況で良かったです。お疲れ様でした。中島さんともお会いしたかったです。
海月さんとの出会いが、瀬戸内芸術祭だったとお聞きして不思議な縁を感じました。
私の実家は小豆島で実家から30秒位の所にビートたけしさんの作品があります。頭に斧が刺さってて、孫が見たときビビッてました。(>_<)
月に一度、94歳の認知症の母を実家に連れ帰り畑の草取りや何やらでゆっくり芸術祭には出かけられないです。でも、若い人達が、沢山来て活性化されるのは嬉しいです。
先日、市の図書館に麦ばあの島のリクエストしてきました。やはり漫画はダメとのことですが、パンフレットをお見せして、神戸市はすぐ購入されたそうですよとか、以前に旅関係で漫画を借りたこともあったので、言うとエッセイ位迄は許容範囲らしいです。でもギリギリいけるかもしれませんとの事でした。ダメな場合は近隣の市からの借り入れになります。何とか購入の方向にと願ってます。

★お返事

★虎太朗ママさん
行きたかったと言ってもらえてうれしいです(*´ω`*)
タロちんとこたつくんは柄が似ていますね。
キャリーで失禁…通院とか辛いだろうな。
うちの猫たちもびびりーで、よその人が怖い感じです^^;

★gerogeroさん
猫の指圧、ときどき爪がちくちくしそうです(笑)
アートスペースというだけあって、トイレもすごかったですね。
トイレに絵を置くのって、きれいにキープできるおうちならいいけど、うちは汚しやがいるからなあ(;´д`)

★REIさん
こたつくんを識別できる人が多いなあ。
腰パンしてたらお肉の弾力もすばらしかった:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
うちのこもキャリーで連れ出すと漬物石なんだけど、ナツはだいぶ慣れたみたいよ。

★kitcatさん&ののちゃん
ののちゃんは意外と軽いなあ。大きく見えるのは、長毛の血が入っているのかしら。
里子の幸せな様子をみられるのって、うれしいですね。
マトリョミンはマトリョーシカの中にテルミンという電子機器を組み込んだ楽器よ。
ずっとおけいこをさぼって、現在に至ります^^;

★シバさん
似ている子にはつい、目がいってしまいますね。
中島さんが瀬戸芸で出会ったのは、マーマレードを作った泉麻衣子さんのことでしょう。
中島さんと私は、この作品展で初めて知り合いました。
出不精で未だに大島には行けていませんが、中島さんのおかげで身近に感じます。
図書館にいろいろかけあってくださって、恐縮です。
漫画がだめなところ、まだまだありますね・°・(ノД`)・°・
司書さんの裁量しだいという面もあるようです。
どうにか購入していただけるといいなあ。
兵庫県では人権啓発をうけもつのじぎく会館にも、『麦ばあの島』を置いてくださってます。
図書館よりは融通がきくかもしれません。

ありがとうございました

日曜日は突然こたつを連れて行き、驚かせて申し訳ありませんでした。家から徒歩10分程度の動物病院しか外出経験がなかったため、彼にとっては一世一代の大冒険だったと思います。
生まれて初めてが怒涛のように押し寄せたためか、かなり怯えていたようですが、夜にはいつものこたつに戻り、ほっと胸をなでおろしたところです。
海月さんにはどうしても大きくなったこたつに会ってやっていただきたく、少々無理をしてしまいましたが、今後はまた平穏な日々を過ごしてもらおうと思います。
作品展、ゆっくりは拝見できませんでしたが、ハンセン病という病に侵された方々の思い、国がしてきたこと、世間がしてきたことを歴史に埋没させることなく、きちんと受け止め、正しく理解することが、今の世の中で渦巻いている様々な差別的思想や排他的思考をさそれが本当に正しいことなのか、真摯に考えることに繋がるのだと思います。
海月さんのこれからのますますの取り組みとご活躍に期待しています。
こたつのお姉さん達にもよろしくお伝えください。

★こたつパパさん

お忙しいところ、いらしてくださってありがとうございます。
今回の作品展では、ハンセン病に関わっているかたはもちろん、日頃あまりハンセン病についてふれる機会のないかたもおおぜいいらして、理解を深めてくださったのが大収穫でした。
猫友の輪、ありがたいことです(。-人-。)

久しぶりにお会いできてうれしかったです。
こちらから伺えばよかったのに、私が出不精なばかりに、こたつくんに大冒険させてしまいました^^;
予想以上に大きく立派になっていて、泣きそうでした。
これからも仲良く元気にお過ごしくださいね。

No title

初めてコメントさせていただきます。
遅くなりましたが二人展お疲れ様でした。
最終日、事前準備の詰めが甘く迷子になりギリギリに訪れた者です<(_ _*)>

私も動物と植物が好きで、ずっとブログを拝見して憧れていた海月さんにお目にかかれて光栄です。
本当はもっとお話ししたかったのですが、緊張していたのと(緊張するとえてして予想外のことを口走るのでできるだけ猫を被っていました^^;)
なんにせよ到着が遅くなってしまい少し残念でした。
撤収作業等お忙しいところを大変申し訳ありませんでした。

無事海月さんにお会いして展示を見ることが出来、グッズも購入できましたし幸せでした。
中島さんもとても素敵な方なのですね!
ハンセン病(元)患者のご家族の方の裁判が最近ありましたが、ご家族のご苦労は私も愛生園で伺いました。それでも私の想像力は足りていなかったと思います。
海月さんの漫画は私のどこかうっすらとしていた認識を明確にしてくださいました。
だから判決の重みを一層感じることが出来たように思います。

また展覧会などの機会があれば、ぜひ伺いたいと思います。
その時は早めに行くように肝に銘じます^-^;

★畑と田んぼさん

ブログご愛読、そして初コメントありがとうございます(*´ω`*)
作品展にもいらしてくださった方なのですね。
暑い中、坂の多い町で道に迷って大変でしたでしょう。
漫画も読んでくださってありがたいです。
皆様あっての海月ですよ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク