FC2ブログ

コンニャク畑

kfc01555-1

kfc01555-2

kfc01555-3

kfc01555-4

kfc01555-5

kfc01555-6

kfc01555-7

kfc01555-8

kfcp01555-1

実家から種芋をもらってきて育てているコンニャク芋。

kfcp01555-2

旬は11月から1月だそうです。
芽が出たものは味が落ちていそうなので、今シーズンは食べずにまた植えることにしました。
スイートコーンのひょろひょろ苗との混植です。

kfcp141007-4

実家の果樹園ではコンニャクが野生化しています。
春にはあちこちでこんな花を咲かせていてびっくりします。

kfcp01555-4

同じサトイモ科の野草、ムサシアブミもあちこちに生えています。
マムシグサだと思っていたけど、葉が3枚のはムサシアブミらしいです。
ムサシアブミやマムシグサなどテンナンショウの仲間は、性転換するんですって。
球根部分が栄養不足になるとオスに、肥えるとメスになるとか。→詳しいサイト
雌雄が逆でしたので訂正しました。チョコミントさん、ご指摘ありがとう(*´ω`*)
爬虫類でもそういう種類がいますね。宇宙の神秘。


b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

クイズになってない~
タイトルに答えが書いてある~
(^^)

コンニャクの花は初めて見ました。
マムシグサは北海道にもあります。
コンニャクの仲間とは知りませんでした。
掘ったら食べれる?
調べて見たら毒があるんですね~
>_<

No title

コンニャクは読めました(よかったー(笑))
コンニャクは5年も育てる必要があるんですねー
自分だと根気がつづきそうにないなー(笑)

スイートコーンの苗はもうこんなにもなっているんですね
うちのは四分の一ぐらいかなー(^_^.)
定植すると一気に伸び始めそうですね

>実家の果樹園ではコンニャクが野生化しています。
わっ!そういう景色見た事ないですよ(^_^.)

>球根部分が栄養不足になるとメスに、肥えるとオスになるとか
えっ!それは逆だと思いますよ!
リンクサイトを読んでもそう書かれているが、
球根が充実すると雌花を咲かせるようになるというのが
正解ではないかと自分は思いますけどねー
マムシグサも小さい状態は雄花ばかりだが、
大きくなると雌花を咲かせるように変わるので・・
(自分の記憶違いだったらすみません)

花を出せばよかったのでは?

こんにゃくの花を見たのは初めてです(@m@)
こんなの菜園にあったら… ヒヒヒ… ←邪悪な笑い
植えてみたいけれど、
寒さに弱いのかぁ~~
毎年掘り上げるのがネックだなぁ(おいおい^^;)
今年は年明けから寒さに翻弄されているので
老後はやっぱり南の国に移住したいです。。。

No title

蒟蒻自家製のはかなりおいしいですよね
弾力も中途半端で無いくらいおいしい
以前お手製の自家製蒟蒻をブロ友さんに頂き驚きました 結構手間がかかる・・自家製蒟蒻楽しみですね

No title

今はあの世にいる熊本のばあちゃんが、蒟蒻作ってました。
自家製の蒟蒻は美味しいですよねー。☺️

★お返事

★このはさん
タイトルでバレバレでしたね(笑)
マムシグサは有毒じゃなかったかな。
コンニャクもあくぬきが必要で、汁に素手でさわったり食べたりすると、大変なことになるそうです。
テレビ番組で芸人さんが生で口にして、大騒ぎしてたなあ( ̄∀ ̄;)

★チョコミントさん
うちもスイートコーンがだめになったらまた植え直しです。なんとか乗りきってほしいです^^;
性転換について、チョコミントさんの説が正しいようでした。
ご指摘ありがとうございます。訂正します。
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=3276

★gerogeroさん
植物園でショクダイオオコンニャクが咲くとニュースになりますね。
どこかの種苗カタログにも載っていたわ( ̄∀ ̄)
実家では掘りあげなくても毎年出てくるので、西日本の寒さなら案外いけるのかも。
老後に南国に移住…バリかな(笑)

★amesyoさん
生芋から作るこんにゃくは、歯ごたえが違いますね。
何度か作りましたが、きれいに作るのは難しいです。
またチャレンジしたいものです。

★香澄さん
海月のばあちゃんも臼でこんにゃくを作っていたわ。
あくぬきが不十分で、舌がかゆくなったっけ(笑)
フードプロセッサーやゴム手袋がなかった時代、大変だったろうによく作ったものよね。

No title

こんにゃく、読めるけど書けない^^
昔、夏休みに遊びに行っていた田舎の祖母が作っているのを見たことがあります。
縁側の下の地下にお芋とか、こんにゃく芋が貯蔵されていて変な塊のコンニャク芋から作るのは手間がすごくかかったのでびっくりしました。
大人になってからは本物のこんにゃくを買うようにしています。

畑に生えて花がさくとみんなびっくりするのわかるわ〜。遠くからでも目を引き、吸い寄せられるかも^^
コンニャクは使えるようになるまで何年もかかるとその時教えてもらいました。そんなに待つの〜?´д` ; って聞いたら、毎年できるように植え替えるんだよと教えてくれました。
 なるほどo(*^▽^*)o~
計画的ということを覚えたのは小学生、その時だったような〜^^

やはり山間部に生えてるテンナンショウの仲間は美しいですね。
頑張って育てます。うちの山から腐葉土取って来ようかな。
テンナンショウの花のメカニズム勉強になりました。

No title

モトさまの漫画でそういうのがありましたね。
奇抜な発想~と、当時思っていました。
実は自然界にはありうるコト。
生命の神秘だったのですね。

↓ウチに咲いているタンポポ。砂利石の隙間から頑張っているのですが、やはり栄養が足りないのか葉っぱだけで花まで咲いてくれないです。
今のところ、手助けせずに見ているのみです。
在来種なら救ってあげた方が良いかしら(^^;

海月さんへ

答え、コンニャクです!! ^^
答えも出てるっていうのに・・・
お花の写真は初めて見ました。
亜熱帯の植物みたいですね。

ご実家には、
何でもあるような気がしてきました。 ^^

★お返事

★花さん
読めるけど書けない字ってたくさんあります。薔薇とか(笑)
おばあさまもこんにゃくを作っておられたんですね。
小学生のときから計画性を身につけるなんて、すばらしいです。
天南星という字にもロマンを感じます。

★ゆめたさん
モトさまは両性具有とか好きそう。魚も性転換するのがいますね。
タンポポは移植するとけっこう枯れることがあって、畑にあるのは根絶が難しいのに、いざ植えようとすると育たないという…
砂利の上に土を少し足してあげるだけでも、成長がよくなるかもですね。

★korolemonさん
答えが出ています、たしかに(笑)
熱帯で育つショクダイオオコンニャクというのがあって、たしか長さが世界一長い花らしいです。
腐った肉みたいな匂いで虫を集めて受粉するんだとか。
実家は野生の王国なので、散策するだけでも楽しいです。
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク