FC2ブログ

文豪

kfc01455-1

kfc01455-2

kfc01455-3

kfc01455-4

kfc01455-5

kfc01455-6

kfc01455-7

kfc01455-8

kfcp01455-1

うちのうさぎや猫は、捨てられていたり保護した子です。
鶏に限らず、生き物を捨てるのは犯罪です。

kfcp01455-2

文豪と言われる作家の文章にも、人や生き物の命を軽視した記述がみられます。
今の倫理観ではぎょっとするようなことを、本筋とは関係ない部分でさらっと書いてあったりします。
昔は良かったとかいう人もいるけど、どうなのかなあ。

kfcp01455-3

kfcp01455-4

kfcp01455-5

kfcp01455-6

kfcp01455-7

今年も残すところあと1日。
よい年をお迎えください。
相方は6連休でうちにいますが、私は通常運転です( ̄∀ ̄)


b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感覚が麻痺?

昔は(人間の)捨て子も多かったと思います(汗)
鬼畜だらけだった時代には戻りたくないですね。
保護された犬や猫を家族に迎える運動が
じんわりと広まってきていて嬉しいです。
うちの那智はひとつまちがえたら野犬になっていた運命でした。
拾い食いできないし人が怖いしで
きっと長くは生きられなかったと思います。

奈良県天理市にある「石上神宮」では鶏が境内を闊歩しています(笑)
「奉納」されたものだそうですよ。
オナガドリが木に止まっているのは壮観!
他の鶏も普通に木々の枝にいて、飛んでいるので、
鶏も鳥だったんだな~って思った次第(おいおい)
烏骨鶏や白色レグホンまで多種多彩でした。
鶏は古代より神の使いとされていたのに、捨てるなんて罰当たり~!


No title

鶏は厳格な序列社会なので、
夜明け前に雄の序列一位から順番に鳴くようだが
夜中に鳴くしかない雄は最下位だろうから
夜鳴きするしかない雄は不要!→不吉として
処分したのだろうと想像できるが、
なんだか切ないなー(笑)

小説同人誌なんはFireで読まれて
いらっしゃるように勝手に想像していました

>私は通常運転です
半分の3日間ぐらいは、
海月さんは助手席でのんびりして頂きたいと
思えるのですが・・

いろいろありがとうございました
来年もどうぞよろしくお願いします
それでは、よいお年を!



海月さんへ

川端康成先生は茨木高校に在学されていたとかで親近感があります。
短い文章で心をつかむ書き方、私も知りたいです。
本を読まなければなりませんね。^^;

イルカさんの「いつか冷たい雨が」という曲があります。
イルカさんが生き物を守りたいと願った曲だそうです。
私が小学生の頃、従姉の姉さんからカセットテープを頂き、今でもスマホに入っている曲の1つです。でも、私は肉を食べますし、蚊を殺します。
難しい問題です。^^;

トッコさん、おでかけではなかったのですか?

★お返事

★鍵コメントさん
もう届きましたか。郵便事情も年末進行なのかな。
欲しいものがあったら遠慮なくおねだりさせていただきます(笑)
本を読むのは若いうちがいいと言われても、ぴんとこなかったんだけど、老眼になって初めて身にしみます・°・(ノД`)・°・
こちらこそ来年もよろしくお願いいたしますね。

★gerogeroさん
昔は産めよ増やせよだった印象が強いけど、貧しさや世間体ゆえの間引きや口減らしをした例もたくさんあったようですね。
動物が遺棄されなくなるのが一番。捨てたり無責任に繁殖させる元をたたないとだけど、難しいですね(ノ_-。)
那智ちゃん、悲しい過去を感じさせないマイペースぶりがすてき(笑)
木の上に鶏がとまっているのは、絵になります。
けものにおそわれたり、ひもじい思いをしなければ、のびのび暮らせるのは本来の姿に近いかも^^

★チョコミントさん
序列で鳴く順番が決まっているとは、鶏業界も大変ですね。
小説はパソコンで読むことが多かったのですが、今回はネットプリントを活用した企画だったそうです。
各作者さんがめいめいデザインした包装紙やポストカードも出力できたり、楽しそうです( ̄∀ ̄)
今年は愚痴をたくさんきいていただいて感謝です。
来年は愚痴を減らせるよう、相方の教育をがんばります(笑)

★korolemonさん
茨木高校…茨城県ではなく大阪なんですね。川端康成とそんなご縁があったとは。
文章はいい本をたくさん読むのがやはりいいようです。
しかし老眼で辛くなってきました^^;
イルカさんがそんな曲を。
ひとは生き物を食べて生きるぶん、無益な殺生は減らしたいですね。

No title

今じゃ・・日本昔話も題名や内容が書き換えられていると聞きました、さるかに合戦も違う内容で題名も・・舌切り雀も・・時代が進化しすぎて。。文学の世界にも異変が・・・って
若い人の本離れ・・スマホやタブレットで本を読む時代・・
家事に連休はないですね
今年もお世話になりました
良いお年をお迎えください

No title

文学やその他の芸術などに
携わるひとたち、あるいは偉人や著名人、
人格者もいるけど
ものすごい破綻者も多いですからねえ...
子供の頃猫を崖から投げ捨てた(昔の風習的な)
というので不読運動が起きた作家もいたっけなと
思い出しました。けっこうその作家の本、
面白いのもあるのが...生み出すものと
本人の高潔さや情などについては、
一致しないのが普通だとは思うけど一方で
影響力が大きい人としての責任というものも
あるのかなと...そのへん難しいです。
私は完全に分離して読める方ではあるけど、
そうじゃないひとは心を病みそう。
何でも一概には言えないことが多いから、
もちろん昔が良かったこともたくさんあるのでしょうが、
今がいいこともたくさんあるでしょうしね...

今年もおせわになりました。
来年もよろしくお願いいたします。良いお年を!

No title

昔というか、今でも私たちの親の世代くらいは、「ああ時代が違うな、常識が違うな」と思うことが多いです。ベタベタに甘やかして「ペットは家族」とか言っても所詮自分の家のコのことだけですからね。白々しい。

志賀直哉の『城の崎にて』を教科書で読みましたが、ネズミに石を投げて溺れさせるところの不快感しか覚えていません。

と、なんかヒドイ事ばかり書いてあれですが・・・
来年もよろしくお願いします(笑)

No title

そういえば手塚先生の名作「どろろ」も、双子が不吉とされたことから始まった物語だったような。。
少し前の時代はワンくんは庭の犬小屋が当たり前でしたね。
今は他の生きものにも優しくなっていてほしいのだけど・・・。そうでない話も耳に入る今日この頃。
どうか、来年は少しでも前進しますように。

今年一年、ブログを楽しませていただきました。
また来年もどうぞよろしくお願いします。

★お返事

★amesyoさん
サルカニ合戦とかかちかち山、残酷なバージョンもありますよね。
電子書籍を読む人は紙の本も読むけど、文字自体を読まない層がかなり増えている印象です。
動画にシフトしてきているのかな。日本語が通じないの(;´д`)
家事と下僕に休みなし(笑)

★めんまねえちゃん
人格が破綻していても、芸術的な作品を生み出す人もいるようですね。
単に性格が悪いとか、精神的な疾患もあったり。
猫を崖から捨てた人、いましたねえ。私もその作家の本、けっこう読んでいたのでショックでした。
人も動物もひどいめに合わない世の中になってほしいものです。

★きぃたさん
常識と思っていることが、通じない層がいたりします。
時代の流れなのかなあ。
『城崎にて』はヤモリか何かに石を投げて殺しちゃうくだりがあったような。
私も嫌だったなあ。地元兵庫が舞台なのでよく話題になるけど、あまり嬉しくないです(;´д`)
今年は災害が多かった。来年は明るい年になるといいですねえ。

★ゆめたさん
犬猫の扱いがまだ昭和のままでとまっている人たちも、どうにかして啓発されていってほしいものです。
『どろろ』、読んでないのよね。手塚作品はどれも読めば勉強になるのだけど^^;
ゆめたさんは少年漫画をよく読んでおられますね。
こちらこそ来年もよろしくねー( ̄∀ ̄)
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク