FC2ブログ

営業の旅 in 北海道

kfc01450-1

kfc01450-2

kfc01450-3

kfc01450-4

kfc01450-5

kfc01450-6

kfc01450-7

kfc01450-8

kfcp01450-1

ごみ収集車に群れ集まるカラスを見たかったのですが、出動時間に間に合わなかったみたいで、足跡だけ見ました。

kfcp01450-2

コクマルガラスという体の一部が白いカラスもいるらしいです。今回は会えませんでした。
ハシブトさんとハシボソさんはいました。

kfcp01450-3

すいれん舎社長の根回しで、北海道新聞で『麦ばあの島』について取材していただきました。
北海道までの往復交通宿泊費もすいれん舎で出してくれて、海鮮丼もごちそうになりましたよ。
おいしゅうございました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
飛行機に乗るのは約20年ぶりで、生きた心地がしませんでした。

kfcp01450-4

以前の記事にも書きましたが、明治のはじめごろ、海月の父方の祖父の祖父は、北海道に単身移住しました。
奥さんと幼い息子を置いて、周囲の反対をおしきってのことらしいです。
その後、北海道で再婚して子孫を残し、私が高校生の頃にその子孫であるおじいさんが遊びに来ました。
その方もその後亡くなって交流がとだえ、詳細はわからなくなってしまいました。

叔母らに聞いてみたところ、農地の開拓ではなく、警察か監獄の看守のような仕事をしていたそうです。
ご先祖が何を思って鹿児島に妻子を置いてまで北海道に行こうと思ったのか、今となっては謎なのです。

kfcp01450-5

札幌市立中央図書館で、当時の警察の様子を描いた図をみつけました。
こんなほっかむりした泥棒らしい泥棒、ほんとにいたのかな。

kfcp01450-6

1泊二日で実質32時間の不在でした。
猫の脱走や命に別条はなかったし、海月依存症のコマ姉さんも吐くことなく持ちこたえてくれました。
留守番の相方トッコのペットシッターぶりは70点くらい。
私の見込み違いや指示がまずかったせいなので、次からはもっとうまく操縦できそうです。


b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

海月さんへ

猫ちゃん達、元気で何よりです。
コマ姉さんも、はかずに頑張りました。
トッコさんの腕前もどんどんあがっていきます!
旅はしてみるものですね!

お土産代、おみやだいもタダですか???

鹿児島から北海道・・・ 妻子を置いて・・・
相当な理由がないと考えられないですよね。
こればかりは老いの敷居に立つまで分かりませんが、添い遂げたいものです。
次男坊に新たな彼女ができそうです。
写真を見せてくれました。
今度は長続きしますよう!

No title

お帰りなさーい!そしてお疲れさまでした

カラスの足跡で様子が大体想像できますが
実際に見れなかったのが残念ですよね

>北海道までの往復交通宿泊費もすいれん舎で出してくれて・・
+日当や出張手当も出してくれると嬉しいのだが(笑)

>海月の父方の祖父の祖父は、北海道に単身移住しました。
ご先祖にそういう事もあったのですね
だとしたら色々調べてみたくなりますよね
それにしてもどういう事情&理由だったのでしょうか?
郷土史書なんかを丹念に調べてゆくと
何か分かるかも知れませんよね
でも、結構時間がかかりそうですねー

実は、自分も祖先の事に興味があって
色々聞いたり調べたりしたら
郷土誌に(平安時代の頃の記録)
先祖の事が載っていた事も解ったし
更にそれ以前の事も大体推測できる事ができましたよ




No title

雪の上の見事なカラスの足跡(笑)
私の叔母が函館に居ます・・ル-ツを・・ロマンですね。
飛行機20年ぶりって・・鉄の塊が飛ぶなんて~の心境?ですか・・私の友人にもいますよ~(笑)
忙しい中海鮮丼うらやましい~~

鹿児島と北海道のご縁

おはようございます(^_^)
今年も残り少なくなってきましたね! 深い問いかけを投げかける出版された書籍、様々な反響を広げていますね〜! ご活躍、素晴らしいと思っております。
北海道へ渡られた、ファミリーヒストリー、興味深く読みました。
自宅近くに、「永山武四郎の生誕地」の表示看板があります。
「屯田兵の父」とされる永山武四郎は、天保8(1837)年に西田村のこの地に生まれた。
 明治維新のとき幕府側の会津藩との戦いで名をあげ、明治5(1872)年9月に北海道に赴任し、北海道の開拓に一生を捧げた。
 とくに、屯田兵制度は永山の発案で、開拓次官黒田清隆(のち第2代総理大臣)が政府に建言し、実施された。西南戦争には屯田兵を指揮し、人吉で薩軍との戦いに参加した。明治21(1888)年には第2代北海道長官、翌22(1889)年屯田兵長官、明治29(1896)年屯田兵が廃止され第七師団が置かれると、その初代師団長となった。明治36(1903)年に貴族院議員となったが、翌年病のため亡くなった。(67歳)」〜とのことです。
また、サッポロビールの創始者、村橋久成は、天保13年(1842年)[1]10月 - 明治25年(1892年)9月28日)は、幕末の薩摩藩士、開拓使官吏で、加治木島津家の分家に生まれ、薩摩藩第一次英国留学生の一人としてロンドンに留学し、戊辰戦争では砲兵隊を率いて東北戦争・箱館戦争に従軍し、維新後は開拓使に勤め、日本初の低温発酵ビールを製造した「開拓使麦酒醸造所(サッポロビールの前身)」の設立に携わるが、突如退官した後、家族を捨て一人放浪し、最後は神戸で行旅死亡人として死去した。 〜とのことです。
山形屋で毎年11月、開催されている「北海道物産展」の売り上げは、連続日本一だそうで、11億を超えたそうです!
そして、私事ですが、学生時代、18日間(うち2日間は台風)、北海道1周を友人たちと全部で6名でしました。仙台の七夕〜青函連絡船〜函館〜洞爺湖〜支笏湖〜千歳〜摩周湖〜札幌〜層雲峡〜稚内〜礼文島縦走*民宿「母ちゃん宿」〜名寄〜美幌〜斜里〜石北峠〜屈斜路湖〜阿寒湖〜知床〜野付〜襟裳岬〜。。。リュックを背負い、カニ族で、睡眠時間も少なく、強行スケジュールでしたが、テンションハイで楽しく濃い日々でした。

★お返事

★korolemonさん
出不精なので遠出は緊張しますが、非常時に備えてときどきトッコにペットシッターを経験してもらわないとです。
お土産代は自腹です。宅配にしたので持たずに済むと思うとつい買いすぎて散財してしまいました(笑)
添い遂げるって大変なことですね。
次男さん、彼女の写真を見せてくれるんだ。家族仲良しで何でもオープンですね。
私は兵庫に出てくることをぎりぎりまで家族に隠していたので、就職前に母がショックで寝込んでいたっけ( ̄∀ ̄;)

★チョコミントさん
カラスを見ながら歩く予定でしたが、屋外の寒さにびびって、あまり出歩けませんでした^^;
営業の旅費を出してもらえて、あごあしつきで先祖をさぐる旅ができてよかったです(笑)
ご先祖が平安時代にまでさかのぼれるとは、すごいです!
最近の技術だと、DNAでおおまかな出身地方もわかるみたいなので、気軽に利用できるようになったら、調べてみたい気もします。

★amesyoさん
雪が珍しくてきょろきょろしていたら、足跡をみつけました。
アイスバーンで何度も転びそうになりました。
amesyoさんは飛行機にも乗り慣れておられますよね。
私はできるだけ陸路で行きたい派なのです(笑)
北のグルメ亭、大盛況でした。観光客は中国の人が多かったようです。
宿をさがしてさまよっているとき、中国人観光客に道をきかれました。

★みけにゃんママさん
応援ありがとうございます^^
鹿児島と北海道は昔から深いご縁があるのですね。
山形屋で毎年北海道物産展をやっているのは、そういう事情もあるのかな。
歴史をもっと勉強しなくては^^;
学生時代の旅、楽しかったでしょうね。
私も民俗学ゼミの合宿で何度も田舎を回りました。
観光地じゃなくて地元の方の生活を知ることができて、いい体験でした。

No title

北海道といえば、流氷!!と昔2度見に行きました。
その頃はまだ猫と暮らしていなかったから、トトとよく旅行に。
なつかしいです。

おじいちゃんのおじいちゃん、北海道にお知り合いの方とかいらしたのですかね。
仕事をお世話してくれる人とか。。
祖先の謎、ウチにもあります。
父方の常陽人物はほとんど故人なので、分からず仕舞いになっていますが。

読売新聞の地域版でも「麦ばあの島」を取り上げてくれたのですね。
すごい(*‘∀‘*)それに長文です。
北海道新聞のインタビュー。虎太郎ママさん読んだりして。
海月さんの記事を見つけたら、感激するでしょうね(´艸`*)

No title

私も北海道の仕事の時海鮮丼をおごって
いただいた...美味しかったなあといま
何年か前の記憶で反芻中(笑)
トッコさん、がんばっていらっしゃる。
猫たちも頑張ってるからこそなのでしょうが、
(そして海月さんの伝え方もよいからなのでしょうが)
なにもなかったのはよかった。
私も飛行機大嫌いなので非常にシンパシーです。
仕事のときはやむを得ず乗ることが多かったけど、
毎回バクバク。だれだ鉄の塊を飛ばそうなんて
思ったのは。

コート、可愛い色ですねえ。えっゴミ袋が
こんなキュートなカラーとはおしゃれな。
猫のキルティングもさりげないので、
いかにも猫が全面にってかんじじゃなくて
きやすそう。なにより暖かそう。

★お返事

★ゆめたさん
022222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222
ごめんなさい、上はコマが入力しました(笑)
流氷は見たことないです。憧れます。南国の人間には雪はロマンを感じますね。
私も猫が来てからますます旅行しなくなりました。
北海道移民には、ブローカーみたいな人がいたのかな。
ゆめたさんのご先祖も、きっと不思議な話がたくさんありそう。
掲載紙は後日自宅に送っていただけることになっています。
虎太朗ママさんは記事をリアルタイムで読んでいただけるかも(笑)

★めんまねえちゃん
海鮮丼やソフトクリームは、品質を落とさずにお取り寄せするのが難しいものでしょうね。
現地で食べられるだけ食べるつもりが、前夜は神戸空港でアンパンと牛乳、翌日の朝昼は食べ損ねて絶食という失態でした。
何も北海道で月曜断食を発動しなくても(笑)
ねえちゃんも飛行機嫌いでしたか。あの三半規管をゆさぶられる感じと、耳が気圧で変になる感じ、嫌ですよねえ(;´д`)
ミント色のコートは北海道でも着ている人を見ませんでした。女性はグレーのコートがやたら目につきました。

北の零年!

ではなかったようですね(^-^;)
「ファミリーヒストリー」はよく見ます。
ご先祖様のことがあんなにわかるなんて凄いなあと常々思っていました。
海月さんのルーツはドラマチックでいいな。
うちなんて、本当にこの地から出たことが無くて
まさに 井の中の蛙 ですからね(^-^;)
古い文献に載ることもなく…

↑絵にかいたような(描いてあるけど・笑)泥棒装束!
すでに固定観念が?

海鮮丼はボタンエビ? 
北海道でしか食べられないエビって何でしたっけ。
ううっ よだれが滝のように~~
交通費宿泊代先方もちでしたか(@0@)ラッキー!
そして…ニャンズのご機嫌もうるわしく…
帰宅された時、匂いをかがれなかった? (^m^)
うちの犬は外食して来たら詮索が凄いですョ。
いやいや、お疲れさまでした~

カラスのレポートが少なくて残念~
でも雪道に残る無数の足跡が…
ちょっとヒチコック(笑)


追伸
今夕、無事に届きましたョ(^@^)v
オマケまでいただき、恐縮です~~
想像と違っていたのでいいブログネタになりそう(おいおい)
ありがとうございましたぁ(^m^)

★gerogeroさん

私も「北の零年」をちらっと思いました。
「知らない方がよかった」事実が出てきそうで、ちょっと不安( ̄∀ ̄;)
gerogero一族もきっと巻物とか、古いお墓とかに秘密の遺産がありそうです。
北の方の海産物はでっかいですね。グルメの知識がないので、よくわからないけどおいしいおいしいと食べました(笑)
苗が届いたようで何よりです。
見た目アレだけどとにかく丈夫なので、埋めておいたらあとはほったらかしでオッケーよ。

No title

お帰りなさい。
お疲れ様でした。
本来ならもう少し滞在してご先祖様の事、色んなカラスの
生態を観察したかったのでは?

雪が降っていて良かったでしょう?
私もまた行ってみたいなぁ。

そして海鮮丼!😉

出張…

e-9 北海道まで営業ご苦労様でした。
 とにかく、猫たちや植物が気になりますね…
 70点というところがビミョー…
 e-330
e-10 この海鮮丼はホンモノです。
 見分け方は、養殖のサーモンが入っていないこと。
 とにかく北海道=サーモンのイメージですが、天然のは寄生虫で不可。そこで、養殖ならイカ食べないのでこの点はクリア。
 でも、四畳半みたいな会場いけすで密飼ぃするので、キズからすぐに感染症に…
 それを防ぐために、抗生物質入りのエサに頼るので、ときおり身から薬剤が検出されちゃう…
 トロサーモンは、人工物なのですねっ。
 とにかく、天然ものばかりでおいしそうです。
 e-343
        <ののちゃんより>

★お返事

★香澄さん
ただいまー。
いつも営業はなるべく日帰りでしてたので、今回もと思ったけど、時間的に難しくてね^^;
留守番のみんなが心配で、ダッシュで帰りました。
雪に慣れていないから、へっぴり腰で雪道を歩いたわよ(笑)

★kitcatさん&ののちゃん
植物は冬場は大丈夫なのよ。問題は猫(;´д`)
海鮮丼の写真、見ただけでそこまでわかるなんて、捜査のプロのようだわ。
新鮮でとてもおいしかったです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

海月さんへ

はじめまして。
数日前に猫のダンボールハウスを探している時に海月さんのブログにたどり着きまして、そこからブログを一気に読ませて頂きました。
動物と植物に囲まれた海月さんの素敵な暮らしにとても憧れます。

札幌に来られていたのですね。旅先(お仕事ですが)でカラスを見たかった、とはさすが海月さんだなぁ、と思いました(^^)

私は札幌在住なのですが街中のカラスは本当にすごいですよ。ゴミ収集車の後を追うのはよく見かけますが、家の近くのゴミステ場では頭の良いカラス達がタッグを組み、複雑なネットを外し、ゴミが道路にまで広がるという恐ろしい光景をよく見かけます。
マンション住まいなのですが、たまにベランダの柵にやってきて、猫とじーっ見あっています。

数日前「わたし、公僕でがんばっていました」を読み、
「麦ばあの島」も気になり、今日札幌中央図書館に借りに行きました。
これからゆっくり読ませて頂きます。

家にも保護猫が一匹いるので、猫が登場する海月さんのブログがとても楽しみです。
猫モチーフグッズが多いのも好きです。
楽天のワンピース、涼しげで来年真似したいです(^^)(今はもう札幌寒いです)
手作りのお洋服も家庭菜園で育てたお野菜のお料理もとても素敵です。
カエルのコポーのバスタブ!あ、実家にある!と発見し嬉しかったです。

まとまりのない文になってしまいましたが…笑
これからもブログ楽しみにしています(^^)

★IZMさん

ブログや著書を読んでくださってありがとうございます^^
札幌におられるのですね。営業に行った時は冬で猫をみかけなかったのですが、みんなあったかいおうちの中で過ごしていたのかな。
北国の野良猫は過酷でしょうね。
保護してくださる方がいてうれしいです。
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク