FC2ブログ

逆効果

kfc01378-1

kfc01378-2

kfc01378-3

kfc01378-4

kfc01378-5

kfc01378-6

kfc01378-7

kfc01378-8

kfcp01378-1

果樹園に囲まれて育ったので、ベランダにも当然のように果樹を植えています。
が、なかなか実がなるのは少ないです。

kfcp01378-2

実家のみかん園は斜面が多いので、真夏に重たい草刈機をかついで何日も草を刈ったり、厳冬期に剪定して回る父のことを思うと、早く引退してほしいと思います。
しかし老人の生きがいを奪うのもねー…

kfcp01378-3

なにせ70歳すぎてから、田んぼを手放すのではなく新たに買い取ったりする人ですから。

kfcp01378-4

怪我や熱中症、脳卒中の再発に気をつけて、元気でいてほしいです。

kfcp01378-5


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

手伝ってくださるかたがいらっしゃるというのも
心強いんでしょうし、生きがいが...
難しいですけど、続けたいという意志があるのって
強いと思います。
前に、自分の作品を販売してくれる店がクローズするときに、「客が気楽にやめないでとか寂しいとか言う」といろいろとたまってる店主がいたのを思い出しました。
それでやる気になる人あり、
じゃあいままでもっと売上につながるように買い物しとけよとか、人の立場もしらんと気軽に言うなよと
起こる人あり、業種や立場が違うからあれだけど、
いろいろですよね...

カエル同居喧嘩しなくてよかったですねー。
いままでの歴代イエアメだと、喧嘩までは
しなかったかな。(食いしん坊がまちがって
もう片方の手とかをパクっとするっていうのは
けっこうあるけど)
長いカエル歴でも、いまいるシュレメスたちみたいな
くっつきっぷりっていうのはほかに見たことがないので、
普通は多分お互い関せずが多いのかもですね。

海月さんへ

えぇーーーー、
又々、口が滑って・・・ 否、手が滑って・・・
失礼な事を書くようですが・・・
海月さんご夫妻が、「みかん農園を継ぐ」という選択肢はないのでしょうか?

2年程前になるでしょうか?
うちの会社のある方(40歳前半??)が辞めました。
ぶどう農園を継ぐためです。
一緒に仕事をしている時期があり、その時尋ねると、「手伝った事もないので、ブドウに関しては全くの素人。将来的にも継ぐ事は考えていない。」と話しをされていたのですが、おばあさんも、お母さんも無理になってくると、手伝わざるをえなくなる気分になったようです。
今、彼はどうしているかなぁ?

No title

そうね、楽しみにしてくれてる人がいる、頼られてる、ということと、運動が一緒になってるから、心身ともにいいことだと思うよー。
できるまではお続けになって欲しいわ。
私もこの夏の激暑の中、援農に行く母を見て、何度も(やめろ)と思ったか。
とにかく骨折さえしなければ何してもいい、と思うことにしてる。
シニアの場合骨折はほんとにまずいです。
ご両親もそれだけは気を付けて、美味しい柑橘類を育ててくださいね。

No title

80歳を超えてのみかん狩り園。。
海月さんとしても、いろいろ心配になったり考えたりすると思います。
私の母が78歳なのですが、めっきり弱くなりました。
体もですが、心も(^^;
生き甲斐があるのは、強いことだと思います。

ご両親のブログ、海月さんが作っているのですか。
覗いてみたいです(^。^)

★お返事

★めんまねえちゃん
お店や施設がもうすぐ閉まると知って、急に利用者が増える現象、ありますね。
客が少なくて閉まる場合は、前からもっと利用してやれよって私も思います。
カエルの相性、悪かったり食べちゃったりがなければ、我関せずというのが自然でいいのかもですね。
それにしてもねえちゃんちのシュレ嬢たちは、なかよしでほほえましいです(o´_`o)

★korolemonさん
40代前半くらいならまだ体力もあるし、転職の選択肢のひとつとしてありえるのかも。
実家のあたりでは、30、40代で失業して親の農業を手伝っている人が多いです。
収入は減るけど、親御さんは頼もしいかもですね。
農家の大変さを見ていると、体力のない私も、怠け者の相方も本気で農業をやるのは無理です(;´д`)

★矢羽さん
年寄りって頼られるとはりきるものかも。
今年から団体のお客は断っているんです。
骨折はほんとに怖いです。父の体力がそろそろ限界なのよ…
今年の夏の草刈機はとうとうできず、みかんの根元が草で荒れ放題になった結果、今まで出なかったカミキリムシ被害が甚大でね。
ほとんどの木がやられているらしいです。
お客が来る前にと、兄が休日にがんばって草刈機をかけてくれたけど、兄もすごく忙しいので毎回は無理なのよね。
手伝えない私が口を出すのもと思って、黙って見ています。

★ゆめたさん
お母さんもうちの母と同じくらいのお年頃だわ。体が弱ると心も弱りますね。
生きがいはたしかにあるんだけど、母は無理するタイプなので心配。
果樹園のブログは個人情報が出ているのでここにはちょっと^^;
営業案内を年に一度のせるだけなのよ。
行こうと思った人が、予約の電話番号や地図がわかればいいかなという程度のものです。
昔ははりきって更新してたんだけど、お客が増えるとさばききれないと、母からクレームがあって、最低限にしました(笑)

No title

そうですか、海月さんとしてはご心配な事でしょう。
働けるなら働いた方が良いけど、家庭で消費する程度の畑仕事ならまだしも、急斜面のミカン畑は体力勝負でしょうからねえ。
例えば、範囲を狭くするとかできないでしょうか?
またはボランティアを募る。 代わりに一箱無料もぎ取りとか。 関東だとリンゴの木のオーナー制度があるそうですが、実際の手入れは農家がするみたい。
それだとご両親の仕事は減らないから、果実と引き換えのみかん畑仕事ボランティア。
都市近郊なら成立しそうだけど・・・。

うちも桃、柿、ザクロ、梅、ビワなどがありました。
母が農家の出身だからでしょうか。
建て替えの時に柿と桃は伐採されましたが、桃は残念でした。 今からでも植えたいけど、手入れもできないし無理です。
海月さんもご実家のみかんを挿し木してみたらどうでしょう。 ベランダみかん畑。

No title

(*≧u≦) プログ告知でおかあさまの闘志に火がついちゃったですねぇ!v-41
おば様転ばれて・・・ですか?シニアになると、転んで骨折、それから運動量が少なくなって不調になられる方多いみたいで・・・
(¬д¬。)チラッ お家のおにいちゃんとおねえちゃんもよく転んでるので心配ですよぉ!
おばさまたちのご不調よくなられますように。
おかあさまとおとうさま、がんばりすぎはダメですよぉ!ゆるゆるにゃんこペースが一番ですよぉ!

★お返事

★REIさん
実家のみかん園、けっこう広いのですよ。
なまじ家の周囲にあるだけに、荒れていくのを目にするのが辛いようです。
とはいえ、他人を信用できない人たちなので(農村特有の排他性があってねー)、人を雇うというのも難しくて。
桃は手入れが大変かも。
ベランダにみかんを植えたら、アゲハの温床になってほとんど収穫できずでした・°°・(>_<)・°°・。
趣味でやるのと収益をめざすのとでは、おのずと違ってきますね。

★Gaviちゃん&TibiTibiはなびちゃん
富士山からありがとー。
叔母はゴミ出しに行ってわずかな段差で転倒、背骨にひびが入って入院1ヶ月でした。
コルセットするくらいしか対処できなくて、3ヶ月の予定を1ヶ月できりあげ、なんとか回復しました。
転倒、こわいね。おにいとおねえも私も気を付けましょう。
父は昼寝の達人なので、母も見習って休憩してほしいです。

No title

こんばんはー(#^^#)

分かります!
体のこととか考えると、もうやめて欲しいのに
年寄りのやりがいを奪うのも~と葛藤するお気持ち・・・ウウウウ、( ;∀;)

ミカン園は、海月さんのご両親様の「幸せ」に繋がっているようなのですね・・・
これは、もう、「頑張って」、と声援を送るしかないです。

一生懸命なもんじろう君のお顔がカワイイですね(´艸`*)

No title

北海道へ移住する前の自営業時代にみかん山での仕事があったのですが、あれは確かにお年寄りには心配💧草刈り機(これも仕事で経験ありですが)を扱うのも大変ですよね。みかん山での作業は、若くても体力ないと筋肉痛です。
仕事に行った時は夏の炎天下だったので、暑くて暑くて、「あの時は大変だったね」と話すくらい我が家の自営業時代のキツかった現場ランキング1位です( ̄▽ ̄;)
お父様、本当に怪我だけは気を付けて無理せずに頑張って頂きたいです。
うちの母も80歳。最近、すり足気味なのが気になります。今年の夏は、ラベンダー畑では転倒したし、足の踏ん張る筋力も落ち、耳も遠くなったせいか注意力も落ち、何かと心配です。
こちらは、雪が降ると路面がスケートリンクのようになるので、毎年、冬になると母のお散歩に付いて行ったりしています。
もともと北海道の人間なら、雪道の歩き方も心得ていると思うのですけどね。(関東から出たことがなかった母なのです。)屋根から落ちてくる雪で死亡事故もあるそうなので、母を一人歩きさせるには、何かと心配が尽きない季節になってしまいます(-_-;)骨折は怖いです。

★お返事

★コスモスさん
わかっていただけますかー・°°・(>_<)・°°・。
たしかにみかん狩り園を始めてから、両親とくに母は楽しそうです。
私と一緒で人見知りな父は、なるべく接客はしたくないようですが、お客さんの反応は励みになっているようす。
自分たちで全部収穫して市場におろすよりも楽だし、買い叩かれないですし。
ほんとに、できる範囲でやってくれたら…
もんじろうは何を考えているのかわかりませんが、安定のかわいさです(笑)

★虎太朗ママさん
みかん山でのお仕事。いろいろ体験されていますね。
私は草刈機は未体験。一度はやってみたいけど、やはり大変そうです。
お母様も同い年くらいですね。
雪道を歩くのはすごく技術と慣れが必要でしょう。
南国育ちの私には想像しきれません。
娘さんがつきそってくれたら、お母様も安心でしょうね。

No title

元気な人は現役の人が多いし
仕事をやめるとかえって体調こわしたり
急に老け込んだりする事もよく聞きますからね・・
年齢的な体調変化などに、
どう気遣いするのがいいのかという問題は
なかなか難しいように思えますよねー

★チョコミントさん

仕事は急にやめるよりじょじょに減らすほうが良いでしょうね。
農家ならそれができそうなんだけど、実際は目の前にあるとどうしても手入れしてしまうようです。
根っからの百姓だわ^^;
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク