FC2ブログ

ねこは知っている

kfc01349-1

kfc01349-2

kfc01349-3

kfc01349-4

kfc01349-5

kfc01349-6

kfc01349-7

kfc01349-8

kfcp01349-1

北海道の地震で停電したお宅が、冷凍庫をあけずにおいたら中身が数時間とか1日ぐらい大丈夫だったという話をいくつか目にしました。

kfcp01349-2

うっかり開けないよう、ガムテープを貼っていたというお宅も。

kfcp01349-3

うちは「妖怪アイスないかな」がいるので、ガムテープを貼った上にお札でも貼らないと開けられてしまうかも。

kfcp01349-4

地震に驚いて猫が逃げてしまった場合、SNSで世界に訴えるのもアドバイスがもらえて心強いと思いますが、近所を何度も探してちらしを配るのが効果が高いように思います。
トイレの砂を置いて自分のにおいでおびき寄せたり、カリカリの音を聞かせるのも有効だとか。

kfcp01349-5

フユが以前、相方の不注意でベランダに締め出されて脱走してしまった時は、真下の立体駐車場の中にもぐりこんでいました。
ちらしを見た住人の方から連絡をもらって、保護できました。
みんな無事で戻ってきてほしいです。
そのときにいただいたアドバイスをのせますね。

使用済みの猫砂があればいなくなった付近に撒いてみてください。
自分の匂いで安心しますし、帰る道しるべにもなるようです。

捜す時は必ず名前を呼んであげてくださいね。
返事がなくてもどこかで聞こえていれば、猫さんは安心しますよ。

か細い声で返事がないかよく耳を澄ましてくださいね。

何度も探した場所から見つかる迷子も多いので、時間を変えて何度でも同じ場所を探してみてください。


時間はいつもごはんをあげている時間に探すのもいいようです。
あとはマタタビ好きなら、マタタビをたきながら、反応する音(ドライフードを袋に入れてカサカサ音を立てるなど)があればその音を立てながら探してみてください。


猫は生命力が強く、1週間~10日くらい飲まず食わずでも生きていけます。
逆に言うと、その期間ならどこかに隠れて出てこないことも多いのです。

でもお腹がすいてくれば必ず移動しますから、その時期に集中的に捜すことも有効ですよ。


きっと迷子の子もどこかで見つけてくれるのを待っています。
根気づよく探してあげてください。

チラシとともに、ポスターも必ずしてください。
人の出入りのあるスーパーやコンビニ、動物病院に貼ってもらってくださいね。
動物病院へはなるべく広範囲に貼ってもらったほうがいいです。
遠いところへは電話でお願いして郵送でもいいと思います。
チラシは近所へは手渡しで渡すことをオススメします。
そのほうがちょっとした情報が入りやすくなりますし、その場で情報が得られることがありますので。



b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

海月さんへ

ご主人様、アイスがそんなに好きなんですね。
「朝食がアイス・・・!?」の重みが増しました。
これからどんどん寒くなってきますが、それでも食べる方なのでしょうか?

昨晩も、長男坊がジムに行こうとすると、
「どこ行くん??」と寂しそうにする妻。
未だに子供にベタベタです。
家を出ていく日が近づいてきますと心配してきます。子離れできない妻を。
2人とも、自宅近くで住んでくれれば嬉しいのですが・・・

No title

トッコさんのアイス好きは半端なさそうですねー(^_^.)
自分もアイスは大好きだけど、毎日は食べないし
それに冷凍庫には常時アイスのストックがあるので
安心だからかも知れないけど・・(笑)

うちの奥さん、アイスが減っていたら
買ってきて冷凍庫に押し込むように追加ストックしているけど(^_^.)
それに食料品は余分に買い込む癖があるようで、
もしもの非常時でも1か月分ぐらいのストックは十分ある
ように思えるぐらいなんですよー(性格なんでしょうね)

>そのときにいただいたアドバイスをのせますね。
読めば、ナルホドと思えること多そうですねー

なるほど~

冷凍庫の食品が保冷材になるのか~
ま、うちは料理担当の私しか開けないから(汗)
昨年ぶっ壊れた時に5ドアにしたので、
氷とアイスは独立の引き出しになってるし(笑)
強者のブロ友さんは冷蔵庫2台のために発電機を用意されています(^^;)

うちのワンは呼んでも(こわくて)出てこないだろうから迷子にしないのが鉄則!
GPSメダルを付けたいんだけど齧るのよ~~~(@へ@)
でもいつどうなるかわからないので、対策を練りなおさなければ。

★お返事

★korolemonさん
トッコはアイスは季節を問わず好きですね。ごはんを食べずにおなかいっぱいアイスやお菓子を食べるやつです( ̄ー ̄;
奥様はお子さんが巣立つ日が近づくにつれ、寂しさもひとしおなのかも。
私が就職して関西に出るときは、母が私を産んだとき以来24年ぶりに寝込みました(笑)

★チョコミントさん
冷凍庫にアイスがいつもあるって、理想です。
うちは相方があればあるだけ1日に何個も食べてしまうので、買い置きは少しだけにしています。
奥様、たのもしいですね( ̄∀ ̄)

★gerogeroさん
冷蔵庫をあけるたびに電気を食うので、むだに開け閉めされるといらっとします(笑)
発電機があるといざという時、心強いですね。
GPSメダルってあるんだ。
猫の場合はうなじにマイクロチップを埋め込む手術があるんですが、いなかでは読み取り機が普及していなかったり、機種が違うと読み込めなかったりで、踏み込めていません。
かじるんだったら腕時計みたいにがっちり固定されてるタイプがあるといいのにですね。
首輪に油性ペンで電話番号を書くのが手っ取り早いかも。

No title

トッコさん、ご自分で買って食べたりはしないのですね。
エライです。
トトは大好きなアイスを自分でルンルン買ってきます。
体に悪いからと去年はかなり甘さ控えめのフルーツ氷バーを作りそちらを食べるように言いました。
でも食べている顔が哀しそうでした(;´∀`)

災害用の手回しできるランタンを購入しようとしたけれど、楽天もAmazonも売り切れ続出で、受け付けは予約販売ばかり。
ひどいものになると、届くのは12月下旬。。。
滅多に利用しないヤフーで購入を。
それでも届くのは、9月下旬過ぎからだそうです(○ΘωΘ;)

No title

うちにもいますよ、妖怪アイスないか。 自分だけど。
しかも毎週買っているから切れている事はありません。キリッ!
そろそろシロクマアイスより、クリーム系が良いかなあ。(苦笑)

冬君、可愛いじゃないですか。
子供の頃にいた黒猫も、私達が旅行から帰ってくると必ず近所の塀の上で待っていました。(外自由で餌を外に置いていたのだと思う。 多分・・)
私達の声でそこで待っていたのだと思っていましたが、もしかしたら毎日待っていたのかも。(2~3日だけど、涙)

東日本の時に親戚が被災したという人が、現地では漁協の大型冷蔵庫が流れてきて、中身は痛んでなかったので最初の3日間位は大ご馳走だったそうです。
避難した場所で煮炊きはできたみたいです。
その後が食べ物が無くて困ったそうですが、家や冷蔵庫が無事なら、特に冷凍庫はもっともつので保存食よりそちらから食べると良いと思いました。
ただ火が使えるという条件付きですね。体が弱っている時は不安な物は食べない方が良いからね。
アルファ米は加熱しアルファ化したコメを急速乾燥して再ベータ化を防いだ米で人間が消化できる形になっていて、水でも戻せるしそのまま齧っても消化は出来るので、非常食として備蓄をお勧めします。 スーパーでも売っているはずです。

逃げた猫達はまだ1週間だからね、諦めないで探して欲しいですね。

No title

こんばんは(^^♪

最近は災害が多いので、猫を連れて出られるよう、猫グッズをリストアップしています・・・
でも、なかなか進まず・・・
とりあえず、もしもの時は迷子札付き首輪を装着しなければ\(◎o◎)/!とそれだけは緊急課題です💦

トッコさんは、アイスチェッカーでしたか(笑)
猫のへそ天と並んで平和の象徴ですね♪

★お返事

★ゆめたさん
トッコの買い食いは酒とつまみです。ルンルンで(笑)
フルーツ氷バー…おいしそうなのに。
充電グッズが品薄なんですね。手回しは夜や天気の悪い日でも必要に応じて支えて助かりそうです。
うちのデスクライトは充電できて外して持ち運べるタイプです。
いまのところ夜のカエル撮影に活躍しています( ̄∀ ̄)

★REIさん
私も相方が偏食でなければアイス常備したいです(;´д`)
猫が待っていてくれると、きゅんとなりますね。
飼い主に外で出会うと目をそらす猫もいるというのに、その黒猫ちゃんは忠義な子だこと(o´_`o)
冷蔵庫ってあける時力がいるから、流されてもあかないこともあるんですね。
東日本の津波で、流れてきたポテチで命をつないだという話を読みました。
ポテチの袋おそるべし。
アルファ米、探してみようφ(.. )
地震から1週間、逃げた猫たちは空腹がピークで動き始める頃なのかも。早くおうちに帰れますように。

★コスモスさん
猫ふたりならなんとか連れて出られそうですね。
うちは全員つれての避難はかなり困難です(;´д`)
迷子札は首輪に油性ペンで電話番号を書くだけでもかなり安心です。
ぶらぶらするタイプは、気にして嫌がることも多いようです。
トッコはおっさんですが中身は小学生です( ̄ー ̄;
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク