のじぎくのボタン

kfc00134-1

kfc00134-2

kfc00134-3

kfc00134-4

kfc00134-5

kfc00134-6

kfc00134-7

kfc00134-8

kfcp141111-1

制服のボタンにのじぎくのデザインがあしらわれていたので、
のじぎくの話題のついでに出してみました。

kfcp141111-2

くわしくはこちらをごらんください↓(宣伝)。


わたし、公僕でがんばってました。わたし、公僕でがんばってました。
(2011/06/24)
古林 海月

商品詳細を見る



b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あらぁ~県庁にお勤めされていたのですね。あの元町のちょっと山側にある。。。ですよね。もしかして姫路から通勤されていた?必要なくなった制服が山積みになっていますね~、こんなにたくさん持っておられたのですね。何年にかに一度新しい制服を支給されるとか?残念ながら退職後は使い道がないですね。パジャマにするとかは、、。

No title

制服のボタン。。。ということで、海月さんが学生時代に憧れの先輩から第二ボタンをいただいたのかと、勝手に想像させていただきましたよ。(笑)

No title

海月さんのご著書に泣いた読者の一人です。
新聞の広告枠で知り、駅前の本屋でさがすと、就活コーナーに置いてありました。

制服の貸与がなくなって何年くらい経つのでしょうか?
県庁などで着ている人には、採用年次がおしはかられるので、そこはかとなく親近感を覚えます。

★お返事

★TSさん >
採用当初は神戸に住んでいましたが、震災後はずっと姫路です。
制服は1年に夏用冬用各1枚だったかな…辞退したんですがもらわないと来年の予算がつかなくなるからとかなんとか…
布地がかっちりしているのでパジャマにはちょっと^^;

★かすみさん >
ちゃんと読んで下さい。そういう色恋の話は一ミリも出てきませんから(笑)
第二ボタン...かしわばらよしえちゃんの歌にありましたね。

★ちゅーりっぷさぶれさん >
読んで下さってありがとうございます。
担当さんのアイデアで、公務員試験のシーズンに間に合うように本を刊行したんでした。
制服の貸与がなくなってだいぶたつとか…
私がいた2001年度まではまだあったので、それ以降でしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

制服の色は

何色なんだろうとネット検索してみましたが
学校の制服ばかり出てきて答えは分からず(・n・)
ひょっとして表紙の上着の色かな(?_?)
いや、これでは汚れやすいので
ひょっとして紺だったかな???
なんでドブの臭いかなぁ???
まあ今は、ドブの臭いから縁が切れて良かったですね。
ここいらでは、軍と警察以外の制服は見ません。

ノジギクの横はコマ女さん?
清楚な雰囲気が良く似てます(^v^)

★ななみみずさん >

のじぎくの横はコマです。
制服は冬服は紺で夏服は薄い水色です。
制服っていうと軍や警察のイメージが強いですね。
汚れやすい現場で支給されるのは、ありがたいかも。

うわーっ(≧∇≦)

海月さんマンガ書いてはったのですねー♪今頃スミマセン(・_・;
そりゃ本職、このブログの絵の楽しいこともうなずけるわー^_−☆
すごいなぁー(≧∇≦)
しかし、野路菊のボタンとはまた…
あっ、いやいや…σ(^_^;)

★うりうりママさん >

★うりうりママさん >
漫画より動物の世話が本業みたいなものです(笑)
ブログの漫画で少しでも楽しんでいただけたらうれしいです。
のじぎくのボタンね、七宝焼っぽい、かなり精巧なつくりで、ちょっと捨てるのがもったいないような…で、いまだに手元に^^;

★ちゅーりっぷさぶれさん >

★ちゅーりっぷさぶれさん >
コメント見落としててごめんなさい!
そうでしたか〜。そんなご縁が。
これからもどうぞよろしくですよ^^

肩周りはきつかった

個人的にはあの事務服は苦手で。
肩周りがきつくて腕が動かしにくく、胸元が開くし、ボタンが留めにくい…。
あ、痩せたら楽に着られたのかぁ、という自爆ネタw
予算削減の必要もあり、実際に本庁を中心に着る人が徐々に少なくなっていたのと、あと女子職員だけ貸与するのはどーよ、とかそんな感じで廃止になったんだと思います。10年近く前になるかなぁ…。はっきりは覚えていないんだけど。
それでも出先の窓口中心にしばらくは着る人がいたんだけど、最近は滅多に見なくなりました。
実は私も職場のロッカーにはまだぶら下がっています。

★ぐっぴぃさん >

★ぐっぴぃさん >
そういういきさつでしたか。
着心地悪かったですよね。特に冬服が^^;
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク